プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

詩のしらべ

日本語の抑揚、音の強弱、アクセントは、明確には捉え難い、ゆるやかで、穏やかなものです。そのことを、外国語に比較し劣っていて詩は成り立ち難いと評し嘆く批評は浅薄な考えだと思います。現代詩という言葉を私は好きになれません。先人に批評精神で向きあい乗り越え新しい芸術を創造しようとする姿勢は必要ですが、ともすれば、現代(そして輸入品)が、これまでの時間より(日本の詩歌より)優れたもであるかのように誇張する虚勢と傲慢さを感じます。謙虚に先人の優れた詩に学び、その豊かさを感じ取ろうとすることのほうが、よほど実り多く、日本語の詩歌を豊かにすると考えています。
詩のしらべについては、萩原朔太郎が、恋愛名歌集という、とても良い本を書いていて、学ぶことが多くまた好きなので読み返します。詩歌に直に触れることが、どんなに明晰な長い批評を読むより、詩のしらべを伝えてくれます。これから、詩歌やアイヌのユーカラなどについて、詩のしらべを主調に、思うことを書き留めていきたいと思います。初めは万葉集からです。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : しらべ 萩原朔太郎 恋愛名歌集 詩歌 うた 絵ほん 詩人 高畑耕治

詩だから伝えられるもの

 詩は言葉による表現、言葉の音楽、曲のない心のうたです。
 美しいメロディーやハーモニー、軽快なポップス、ロックのリズム、クラシックの旋律は、歌詞がなくても、曲と声音だけで、聞く人の心を揺り動かす力があります。歌詞の意味を理解できない言語の歌でも感動し好きになります。逆に考えるとそれだけ、言葉の、意味を伝える力と、イメージを浮かび上がらせる力は、曲や声音に比べ、より弱くてもかまわないといえます。
 曲のない詩にとっては、言葉の意味とイメージの形象化、この二つが最も重要なものです。ほかには物語性や、言葉のすがた(文字の並び、漢字とひらがな)と、言葉それ自体のしらべ、言葉の音楽もまた、とても大切なものだと思います。そのうちの、詩のしらべについて思うことを次に記します。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 言葉 詩集 詩歌 うた 絵ほん 詩人 高畑耕治 ブログ

「あいのうた」(連作詩)を公開しました

ホームページの「虹・新しい詩」に、連作詩「あいのうた」、(あ)「おおきくなったら」(い)「あおく とおく」(の)「風に」(う)「あなたはきっと」(た)「うた」を公開しました。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 新しい詩 詩集 詩歌 ホームページ うた 絵ほん 詩人 高畑耕治

なぜ言葉で

 どうして絵ではなく、映像ではなく、舞踏や演劇ではなく、音楽や演奏ではなく、言葉で、言葉の芸で、表現し伝えようとするのか、考えてきました。それぞれの芸術、芸だからこそ、伝えうるものか゛あります。
 その奥深い山々の裾野の小道をさ迷った末に、私という個性が感じとれ伝えたいと願うものを、願うかたちに一番近づけて表現できるのは文芸・文学だと感じ、引き返さない覚悟で歩んでいく方角を決めました。 小説家を目指しましたが生まれるのは詩でした。具象性、出来事や物を描き構築することへの関心は本来的には強くないことを知り、書かずには、伝えずにはいられない、思い、心を、言葉で表現することが、私にとっての、私が選んだ芸術であり、それが詩でした。
 旅立ちの日の目標だったドストエフスキーの高い峰に登る道からは資質から逸れてしまいましたが、彼と同じ詩心で創作し続け、もうひとつの目標、ふと散歩したくなる身近な丘のみどり、なつかしい山の草花のような、貧しく売れない詩人、けれど大切な何かを感じとれる詩を書く人であることに誇りを持ち、手のひらを差し伸べてくださる方の心にそっと揺れる詩を、生み続けたいと思います。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ドストエフスキー 言葉 詩集 詩歌 うた 絵ほん 詩人 高畑耕治

詩人・山下佳恵さんの詩「記念の日」「いい子だよ」「悩み」を紹介します

 詩人・山下佳恵さんの詩「記念の日」「いい子だよ」「悩み」を、リンクのホームページ「愛のうたの絵ほん・高畑耕治の詩と詩集」の「好きな詩・伝えたい花」で、紹介します。 山下さんは私と同世代の詩人で、詩誌『潮流詩派』に詩を毎号継続して発表されてきました。やさしい思いをまっすぐに詩にされます。私が女性の心を表現しようと懸命に努力しても書けない詩を、そっと差し出されています。心がてのひらで包まれて温かくなり、生きることを励まされている、と感じる、伝えたい詩です。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 山下佳恵 詩集 詩歌 うた 絵ほん ホームページ 詩人 高畑耕治

コピー屋の盗作について

おかしな標題をつけました。「言っておきたい」ことにしかけましたが遺書ではないので変えました。私は著名なコピーライターに盗作されたことがあります。二十年ほど前の第一作品集『死と生の交わり』に収録した「殺す」というアフォリズム作品の次の一節です。

「痛いのはいやだ」
「苦しむのはいやだ」  
殺すのも、殺されるのも、苦しめるのも、苦しめられるのも、いやだ。

この作品はホームページでお読み頂けます。また今年改稿した「おばあちゃんの微笑み」でも再び使いました。
盗作について法的な条文を調べてはいませんがまるまる同じ言葉を使えば、盗作ではないでしょうか。
この作品集は出版後、少しの期間は書店に並んだので、買ってくれたのでしょうか。私は当時早稲田大学を退学して作家になろうと死にもの狂いでした。この作品集は十代の後半から書き続けていたノートのアフォリズムをまとめ作品にしたものです。出版後、半年ほどして早稲田の古本屋街を歩いていると、貼られていたアムネスティのポスターに、その詩句がほとんどそのまま書かれていて、びっくりしました。それだけならやり過ごして今になって書くこともないのかもしれませんが、しばらくして朝日新聞の記事に著名なコピーライターの名があげられそのアムネスティのポスターのことが掲載されていました。人権活動にできることはしたいと考えています。そのコピーライターは無償で協力したのてしょうか。仕事として報酬を得たのでしょうか。私に何の連絡もなく、自分の仕事として、マスコミに取り上げられても平気なそのコピーライターを私は軽蔑します。名を覚えていませんが調べれば誰だったかわかるし、時系列で盗作だと証明できます。二十代の無名な私など無視したのでしょう。いつも盗作をして生活しているんでしょうか。一言了承の確認、まねたけどいいかと聞かれていたら、引用として了解したと思います。詩人にとって詩句は命であり、いつまでも子どもであり、誇りです。お金のための垂れ流しのコピー屋が、若い真剣に言葉を紡ぐ詩人に同じような不正をしようとしたら、詩人の誇りを汚せさせないよう、私は無名の彼と一緒に戦います。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 盗作 コピーライター 詩集 詩歌 うた 絵ほん ホームページ 高畑耕治 詩人

詩を息づかせるもの

 思いおこし、自分に言い聞かせるために詩について、書いています。
 詩を息づかせるふたつの精は、愛と祈りだと思います。
 祈りは苦しみを通り抜けた向こうにあるものを信じて、どこまでも言葉を澄みわたる響きに高めるもの。
 愛は疲れきった心をやわらかにつつみ、凍えて砕けそうな悲しみに寄り添う、ひとのぬくもりです。
 そのようにひとを思い、あこがれ、喜びを伝えあえる時へのねがいを感じとれ、織り込むことができたなら、詩は作者を離れて、息づき始めていると思います。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ブログ 詩集 詩歌 うた 絵ほん ホームページ 詩人 高畑耕治

詩人の吉川千穂さんのブログ「野の花のように」

詩人の神谷恵さんが、詩人の吉川千穂さんをご紹介くださいました。
『吉川千穂詩集 再生』を出版されていらっしゃいます。次のブログ「野の花のように」でも日々発信されていらっしゃいます。「詩人の世界へ(リンク集)」にリンクしました。

 読ませて頂いたことで、詩についてめぐった想いを、書き留めます。
 わたしにとっての「詩」、心に響き心を揺らし豊かにしてくれる言葉に必ずある、なくてはならないと思っているものは、ふたつだけです。、
 ひとつはリルケが『若き詩人への手紙』でいっている、「書かずにはいられない」思いから生まれてきたものかどうか。もうひとつはドストエフスキーが『作家の日記』でいっている、心に焼きついた「強烈な印象」、表現せずにはいられない、忘れられず、伝えずにはいられな「強烈な印象」が、(作品の長短に関係なく、また経験によるものかビジョンによるものかによらず)その核にあるかどうか、です。
 どのように表現するかは努力と試行錯誤と感性でより良くしていけるもの、大切なものだけれど、極端に言えば、言葉が詩として生まれ息づき始めるためのふたつの源から生まれでたのではない、上手く作られた優れた「作品」よりは、無言の表情・姿でより強い「詩」を心に伝えてくれるひとたちがいる、と思っています。吉川さんの言葉は、この大切なふたつのものから生まれてきていると、心に響きます。
 もうひとつ同じことなのですが、わたしにとっての「詩人」は、書かずにはいられない思いを言葉にすることに懸命になっているひとで、それしかありません。吉川さんはそのように今生きていらっしゃると感じました。わたしもそのようにありたいと思いました。ありがとうございます。よい詩が生まれ、読む方の心に届きますように。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : リルケ ドストエフスキー 吉川千穂 再生 神谷恵 崎本恵 詩人 高畑耕治 詩集

詩が生まれでるかたち

 詩が生まれでるもうひとつのかたちは、伝えるために、懸命に、虚構としての詩を創作することだと思っています。懸命に、という言葉の付け加えは、天の啓示を授かる天才には不要でしょうが、わたしには必要です。思いを少しでもよりよく伝えたいという、ただそのことだけのために、懸命に書きます。
 現実と呼ばれる世界で埋もれ隠されてしまっている、大切なもの、ほんとうにうつくしいものを求め、感じとり、言葉のしらべと、形象を浮かび上がらせうる言魂で、うたとビジョンで、ねがいを、虚構の詩の世界に託して、すこしでもより良く私ではないひとに伝えられるかたちをさがして、試行錯誤し推敲・書き直しを重ねます。
 女性でない私には体験できないけれど、作品を生み出す時間は分娩、出産と通じあう苦しさと喜びの時間だと感じてきました。今も変わりません。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ブログ 詩集 詩歌 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん ホームページ

詩誌『馬車』 のホームページを紹介します

  詩誌『馬車』のホームページ「詩人の世界へ(リンク集)」にリンクしました。
深い思いの底から詩を生み出される力量をおもちの、個性豊かな優しい詩人のみなさんがつくられている、真剣であたたかな詩情溢れる詩誌で、ホームページでの縦書きへのこだわりなども私は好きです。同人の詩人:久宗睦子、小丸由紀子、臺洋子、田中順三、ついきひろこ、山本みち子、馬場晴世、春木節子、堀田のぞみ、渡ひろこ、丸山乃里子、山下久樹(敬称略順不同)。継続して良い詩を書き続けていらっしゃった皆さんに学び続けたいと思っています。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん ホームページ 馬車 久宗睦子

コールサック社のホームページ紹介

 詩集の出版社コールサック社のホームページ「詩人の世界へ(リンク集)」にリンクしました。
 詩人の鈴木比佐雄さん、佐相憲一さんの、詩集・評論集の出版社です。 詩への愛情・熱意が美しい本作りから伝わってきます。宮澤賢治の「ほんたうのさいはひ」(本当の幸せ)を詩を通してめざされていて鎮魂詩四〇四人集など、こだわりのある良書を企画・出版されています。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん ホームページ コールサック社 鈴木比佐雄 佐相憲一

詩が生まれでるかたち

詩となって思いが生まれでる、現れかたかたのかたちには、ふたつあると思っています。
 ひとつは、裏表・一体となった叫びと祈りで、修飾のない、むき出しの心の、直接的な表現です。
 そのようにしか表現しえない声には、批評を越えた尊い大切なものを感じます。伝えるという意味では、強烈な共感を生む強さと、感じうる相手を狭めてしまうことを合わせ持っていると思います。
 私は表現を始めた時、修飾が嘘の上塗りだと感じ嫌いでした。最初の作品集は、詩集ではなく狭く限られた方にしか届かなかったけれど、そのようにしか表現できなかった、そのような表現でしか生まれようとしなかった言葉は、伝えるための努力が欠けた稚拙な表現ではあるけれど、私にとっては今でも嘘ではない、大切なものです。
 アフォリズムや手記、ドキュメンタリーの切実さに、これは虚構じゃないんだと痛くなって自然に涙がこみあげるのは、生きていることこそ本当は詩なんだと痛みに心があらわれて、どうしようもなく揺れてしまうからだと思います。 もうひとつの詩のかたちは、伝えるために、懸命に、虚構としての詩を創作することですが、あらためて思うことを記したいと思います。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩集 詩歌 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん ホームページ 思い

詩を生むもの

 詩を生むことについて感じていることの自分のための覚え書きです。
 詩は、ひとを思う心の、受精卵だと思います。いのち、生きもののひとつとしての、自分を通しての、ひと、いのちへの思いです。
 深いところから浮かびあがってくるその強さに気づけたときに、新鮮な驚きと喜びを感じながら、いちばんその思いに似合う表情、伝えられるかたちで、生まれてくるよう、胎児を育てるように、誕生の時まで一緒に生きるのだと思います。私にとって創作は妊娠期間と同じように、尊く苦しく幸せな時間です。
 生まれてくれた赤ちゃんが自然に微笑んでくれるまでは、どんなことがあっても守ろう、育てよう、と思っています。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ブログ 詩集 詩歌 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん ホームページ

| ホーム |


 ホーム