プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

こだまのこだま(ふぅ)。絵と詩が響きあう。『詩集こころうたこころ絵ほん』

 私の新しい詩「こだまのこだま」をとおして、絵と詩、画家と詩人、芸術の響きあいを、感じていただけたらと願っています。
 この詩の副題は、「渡邉裕美さんの絵のこだまの、こだま」です。
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』には、カバーに美しいパンジーの花が咲いています。

 『詩集 こころうた こころ絵ほん』カバー。絵・渡邉裕美。装丁・池乃大。

 それだけでなく、本を手にとり頁をめくってくださると、いちめんに心染めあげられるきれいな絵の花が咲いています。表紙と、九つの章扉に、咲いている絵の花です。
 この花はみんな、画家の渡邉裕美さんが、この詩集のために、わたしの作品にこだまして、描き下ろし咲かせてくださった作品です。

 それらのいちりんいちりんの絵から、今回の私の作品、新しい詩が芽生えてきました。
 私の詩句に、こだまして花咲いた渡邉さんの絵のささやき、そこから生まれた詩「こだまのこだま」です。
 (序曲)(ひぃ)(ふぅ)(みぃ)(よぉ)(いつ)(むぅ)(なな)(やぁ)(ここの)(終曲)からできています。
 絵と詩のこだまを、次の組み合わせで紹介します。
 
 1 詩集 こころうた こころ絵ほん』の詩集の頁画像そのもの
 2 私の言葉から生まれた、渡邉さんの原画、加工前の濃淡ゆたかな生の絵。
 3 渡邉さんの絵と、こだました私の新しい詩「こだまのこだま」の響きあう姿。
  (すべて、イーフェニックス社長の池田智子さんがつくりあげてくださいました。携帯電話の待ち受け画像にもご利用いただけます。)。

 今回は、第二の章扉、(ふぅ)です。(クリックいただくと画像が浮かび上がります)。

 1 こだま・詩集章扉 ふぅ 優しさの花

 2 こだま・渡邉裕美さんの原画

 3 こだまのこだま・新しい詩


 絵と言葉から、いろんなことを感じて頂けたら、とても嬉しいです。

 渡邉裕美さんがサロン・ブラン美術協会主催の日仏現代国際美術展に入選されました。東京都美術館で4月1日(日)‐6日(金)まで開催です。
 原画を美術館で、また今後ご自分のブログ「ほっと癒される光の絵画 感謝と祈りの詩と薔薇とアートコレクション」で紹介されるそうですので、ぜひご覧ください。

  『詩集 こころうた こころ絵ほん』は2012年3月11日イーフェニックスから発売されました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
 発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 画家 渡邉裕美

こだまのこだま(ひぃ)。絵と詩が響きあう。『詩集こころうたこころ絵ほん』

 まず、嬉しいお知らせからです。『詩集 こころうた こころ絵ほん』のカバー・表紙・章扉の絵を描いてくださった画家の渡邉裕美さんが、サロン・ブラン美術協会主催の日仏現代国際美術展(東京都美術館で4月1日(日)‐6日(金)まで開催されます)に入選されました。おめでとうございます。
 画家も詩人も創作にすべてを注ぎつつ、厳しい毎日を必死に生きているので、私もとても励まされました。
 渡邉さんの絵には必ず、こころいろ、が息づいています。見て頂けたらきっと感じて頂けます。

 今回から、私の新しい詩「こだまのこだま」をとおして、絵と詩、画家と詩人、芸術の響きあいを、感じていただけたらと願っています。
 この詩の副題は、「渡邉裕美さんの絵のこだまの、こだま」です。
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』には、カバーに美しいパンジーの花が咲いています。

 『詩集 こころうた こころ絵ほん』カバー。絵・渡邉裕美。装丁・池乃大。

 それだけでなく、本を手にとり頁をめくってくださると、いちめんに心染めあげられるきれいな絵の花が咲いています。表紙と、九つの章扉に、咲いている絵の花です。
 この花はみんな、画家の渡邉裕美さんが、この詩集のために、わたしの作品にこだまして、描き下ろし咲かせてくださった作品です。

 それらのいちりんいちりんの絵から、今回の私の作品、新しい詩が芽生えてきました。
 私の詩句に、こだまして花咲いた渡邉さんの絵のささやき、そこから生まれた詩「こだまのこだま」です。
 (序曲)(ひぃ)(ふぅ)(みぃ)(よぉ)(いつ)(むぅ)(なな)(やぁ)(ここの)(終曲)からできています。
 絵と詩のこだまを、次の組み合わせで今回から紹介していきます。
 
 1 詩集 こころうた こころ絵ほん』の詩集の頁画像そのもの
 2 私の言葉から生まれた、渡邉さんの原画、加工前の濃淡ゆたかな生の絵。
 3 渡邉さんの絵と、こだました私の新しい詩「こだまのこだま」の響きあう姿。
  (すべて、イーフェニックス社長の池田智子さんがつくりあげてくださいました。携帯電話の待ち受け画像にもご利用いただけます。)。

 今回は、第一の章扉、(ひぃ)です。(クリックいただくと画像が浮かび上がります)。

 1 こだま・詩集章扉 ひぃ あいのうた

 2 こだま・渡邉裕美さんの原画

 3 こだまのこだま・新しい詩


 絵と言葉から、いろんなことを感じて頂けたら、とても嬉しいです。

  『詩集 こころうた こころ絵ほん』は2012年3月11日イーフェニックスから発売されました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
 発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 画家 渡邉裕美

新しい詩「こだまのこだま」をHP公開。『詩集 こころうた こころ絵ほん』

 私のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹・新しい詩」に、詩「こだまのこだま」を公開しました。

 「こだまのこだま」

 この作品には副題を添えました。「渡邉裕美さんの絵のこだまの、こだま」です。

 構成にその秘密があります。
 (序曲)(ひぃ)(ふぅ)(みぃ)(よぉ)(いつ)(むぅ)(なな)(やぁ)(ここの)(終曲)

 『詩集 こころうた こころ絵ほん』には、カバーに美しいパンジーの花が咲いています。

 『詩集 こころうた こころ絵ほん』カバー。絵・渡邉裕美。装丁・池乃大。

 本をてにとり頁をめくってくださると、いちめんに心染めあげられるきれいな絵の花が咲いています。表紙と、九つの章扉に、咲いている絵の花です。

 この花はみんな、画家の渡邉裕美さんが、この詩集のために、わたしの作品にこだまして、描き下ろし咲かせてくださった作品です。
 詩集を手にとり、お読みくださった方は、これらの表情豊かな花の詩情に心つつまれたと想います。私もそのひとりだからです。
 絵がかもしだし包んでくれた花の香り、ひそやかな言葉から、今回の作品たちが芽生えてきました。

 私の詩句に、こだまして花咲いた渡邉さんの絵のささやき、そこから生まれた詩「こだまのこだま」です。

 全体が草原のお花畑ですので、まず公開しました。

 明日から、絵と詩のこだま、いちりんいちりんの花のささやきとこころの会話「こだまのこだま」を咲かせ、響かせていきます。ぜひご覧ください。


  『詩集 こころうた こころ絵ほん』は2012年3月11日イーフェニックスから発売されました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
 発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
 詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

詩人の杉野紳江さんのブログに。『詩集 こころうた こころ絵ほん』

 詩人の杉野紳江さんが、ご自分のブログ「のんちゃんの杉野書店日記」で、私の『詩集 こころうた こころ絵ほん』と、この本に絵を描いてくださった画家・渡邉裕美さんの個展『こころのいろ8』をとりあげてくださいました。
 壁に掛けられた原画の写真も載せてくださっています。ぜひご覧ください。

 「詩集 こころうた こころ絵ほん」

 杉野さんは豊かな人生経験を作品化され、ご詩集『虚空にもどる父』(2009年10月、土曜美術社出版販売)を出されていらっしゃいます。お人柄と優しいおおらかな笑顔が浮かび上がってくる、読後感がとてもさわやかな青空のような詩集です。
 ブログにはたいへんな読書好きで勉強家であるお姿と、そしてご主人ときりもりされていらっしゃる古本屋さんの日常が記されていて、共感を呼び起こされます。ご主人の本についてのお話はとても教えられること多いです。
 ブログに、古本屋さんに、お立ち寄りください。きっと素敵な発見があります。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩人 詩集 こころうた こころ絵ほん

渡邉裕美さんの個展に想う『詩集 こころうた こころ絵ほん』。

 画家の渡邉裕美さん(ブログのゆり呼さん)の個展『こころのいろ8』を見に行くことができました。

 わたしの『詩集 こころうた こころ絵ほん』いちめん(カバー、表紙、章扉九つ)に、美しい絵を咲かせてくださった方です。
『詩集 こころうた こころ絵ほん』カバー。絵・渡邉裕美。装丁・池乃大。

渡邉裕美個展 詳細情報
このリンクから、展示されている美しい絵の写真をご覧になれます。
☆期間 4月7日(土)まで。
☆展示会場 333(サンズ)Cafe&Diner 中目黒店
 東京都目黒区上目黒3-32-5 カーサデラソル2F 中目黒駅より 徒歩5分
>>333(サンズ)Cafe&Diner 中目黒店詳細情報

 お店を入るとすぐ正面の壁にかけられている、花の水彩画2作品がすぐ目に留まりました。運よく絵のすぐそばの席に座れたので、ゆっくりと2作品を鑑賞できました。

 もちろん、額にはめ込まれていますのでガラス越しですが、原画を間近に見つめると、描かれていた瞬間の画家と同じ場所に立っている自分を重ねて感じられて感動しました。この絵は、白紙に、渡邉さんが、描いたからこそ、生れたんだ、と。とっても当たり前のことですが、詩も白紙に向かうのは同じですから。

 間近で見ると、水彩画だけになおさら、色合いの微妙さ、にじみぐあい、溶け合いが心に沁み込んでくるようでした。意思と偶然の重なりあいに、芸術作品を、作者は見つけ出すのではないでしょうか?
 色を大切にされている、とても伝わってきます。
 もっと素直に言うと、とてもきれいな花、ひとのこころの種から芽吹き花咲いた、こころのいろあいの花です。
美しい、見ることができて嬉しい、良かったと心安らぐ、いい時間を過ごせました。

 今週から最終日4月7日(土)までは、音を色として拾い咲かせた抽象画を展示されるそうです。きっと良い発見があると思います。間近で、またはブログで、見つめて頂けたら、私も嬉しく思います。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

キズナバコに咲きました。『詩集 こころうた こころ絵ほん』

 若い詩人・作家である北原亜稀人さんの書籍のネット販売サイトキズナバコで、私の『詩集 こころうた こころ絵ほん』をご購入頂けるようになりました。
 多くのネット販売サイトがあるなかで、なぜ? と思われる方はぜひこのサイトをご覧ください。

 ひと目で私が感じたのは、北原さんは本当に詩が好き、文学が好き、それなしには生きられない人だということです。本に込められた著者の思いを読みとり、その思いを大切に届けようとする情熱が伝わってきます。

 詩も文学も元来、速効的に役立つ実用的な道具・手段ではありません。
 土にまかれた種のように、ゆっくりこころに根を張り、根付き、地を強く豊かに、うちから耕すものです。
 商業ベースでより早く多く回転して消える読み捨て知識、売りさばける使い捨て物が、経済的効率的実用的なのは確かですが、それだけが良いもの、とまで誤って考えられがちな今、キズナバコのこだわりは、とても大切だと私は考えます。

 読んで頂ければ、違う表情をした本の個性を伝えようとする思いが感じとれます。数量、売上げ増だけが良いのだと断定する社会は、文化を守れない殺伐とした機械でしかありません。

 数の大きさと金だけでは、生きられないのが人です。キズナバコも私と同じ地に根ざしています。共感いただける方は、応援よろしくお願い致します。
 
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩人 詩集 こころうた こころ絵ほん

画家・渡邉裕美さんの個展「こころのいろ8」のお知らせです。『こころうた こころ絵ほん』

 画家の渡邉裕美さん(ブログのゆり呼さん)が、わたしの新しいうたとことば色の絵本『こころうた こころ絵ほん』いちめん(カバー、表紙、章扉九つ)に、美しい絵を咲かせてくださいました。
 彼女の個展が今、東京・中目黒で開かれていて、美しい絵を間近でご覧になれます。

渡邉裕美個展 詳細情報
このリンクから、展示されている美しい絵の写真をご覧になれます。
 
 個展とタイトルはすでに8。活発な創作力を感じるとともに「こころいろ」と題された感性と思いに共感せずにはいられません。
 私の詩を好きと思ってくださるかたならきっと、渡邉さんの絵が、好き、素直な響きあいを感じます。

☆期間 4月7日(土)まで。
☆展示会場 333(サンズ)Cafe&Diner 中目黒店
 
 東京都目黒区上目黒3-32-5 カーサデラソル2F 中目黒駅より 徒歩5分
>>333(サンズ)Cafe&Diner 中目黒店詳細情報

 念願かない私も今週末には伺えそうです。
 お近くで可能な方はぜひお立ち寄りください。
 遠方でいらっしゃれない方も、このブログで絵をご覧頂き、感じとられたものを、
渡邉さんにお伝え頂けたら、嬉しく思います。
 優しい言葉も厳しい言葉も偽りのないこころの感想は、芸術家の創作のエネルギーになりますから。
 よろしくお願い致します。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 画家 渡邉裕美 こころうた こころ絵ほん

田川紀久雄さんと坂井のぶこさんの詩語り

 田川紀久雄さんの詩語りを、3月10日鶴見の東鶴堂ギャラリーで、初めて聞かせて頂くことができました。今回感じとることができ、考えたことを記します。参加した催しのプログラムは次の通りです。

「第4回 いのちを語ろう ―生と死をみつめて―」。語り手:田川紀久雄、坂井のぶこ
高畑耕治詩集『死と生の交わり』より、田川紀久雄。
金子みすゞ詩集より、坂井のぶこ。
宮沢賢治「韮露青」、坂井のぶこ。
レイチェル・カーソンの手紙より、坂井のぶこ。
定本尼崎安四詩集より、「せきれい」田川紀久雄、「死の微笑」坂井のぶこ。
村上昭夫『動物哀歌』より、「雁の声」田川紀久雄、「病」坂井のぶこ。
田川紀久雄詩集『神話の崩壊』より、田川紀久雄。
坂井のぶこ『浜川崎から』より、坂井のぶこ。
宮沢賢治「永訣の朝」と「雨ニモマケズ」の二重奏、田川紀久雄・坂井のぶこ。
 
 今回この催しに参加して良かったのは、詩の言葉、音と響き、声で伝えるということを、考え直す強いきっかけを与えられたことです。同時に翌日の震災の日を思い、会場にいらっしゃらない、亡くなられた方々への鎮魂、苦しまれていらっしゃる被災者の方々への励ましの思いも込められた詩語りとされている詩人の姿勢を、私はとても大切に思います。

 田川さんの腹の底から振り絞るような太い低音は、表情豊かな個性そのものが地の底をも震わせるような力強い言葉の音楽でした。対照的に坂井のぶこさんの、遥か彼方へ響き昇ってゆく澄んだ高音は、心も空へと運んでくれる音楽でした。
 田川さんはご出身の新潟の瞽女(ごぜ)さんから幼少期に鮮烈な記憶と影響を受け学ばれたそうです。(盲目の女性の旅芸人さんの声、強烈な響きだったろうと、想いを馳せます。)
 お二人による、宮沢賢治「永訣の朝」と「雨ニモマケズ」の二重奏は、両極の音声による響き合いが強く心に木霊を呼び覚ましてくれました。

 田川さんは今回私の作品も語ってくださいました。詩語りは、本の活字を拾い読む読書とは異なる、新しい創作芸術だと私は思います。田川さんの声となった詩の言葉は、私にとってとても新鮮な姿、表情であらわれてくれました。心から感謝しています。
 また、お二人が教えてくださった詩人・尼崎安四の詩を、これから知っていきたいと考えています。

 次回の詩語りは、坂井のぶこさんのご詩集『浜川崎から』の上梓される5月の開催を予定されていますので、詳細がわかりましたら、またお知らせします。
 
 田川さんはご自身のブログ『田川紀久雄日記・漉林書房通信』で詩語りに抱かれている情熱、毎日の修練を書かれていらっしゃって、私は共感をおぼえます。こちらもお読みいただければと思います。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

新しい詩「泣き虫が好き」を公開しました。

ホームページ『愛のうたの絵ほん』の「虹・新しい詩」に、新しい詩「泣き虫が好き」を公開しました。新しい詩とうたの本『こころうた こころ絵ほん』にも収録しています。

  詩「泣き虫が好き」

お読み頂けたらとても嬉しいです。

 あたらしい詩と歌の本『こころうた こころ絵ほん』は2012年3月11日、(株)イーフェニックスから発売。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。

『詩集 こころうた こころ絵ほん』カバー。絵・渡邉裕美。装丁・池乃大。

 ☆ 書店からご注文いただけます。
 発売案内『こころうた こころ絵ほん』

 ☆ Amazonでのネット注文はこちらで。
 詩集 こころうた こころ絵ほん

☆ 興味はあるけど価格が高いと思われたら、発売日以降に図書館でリクエストされて読んでみてください。もし良いと感じて頂けたら、詩がお好きなみなさまに『こころうた こころ絵ほん』をお伝え頂けますととても嬉しいです。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん

装丁者と編集者のメッセージ。『こころうた こころ絵ほん』

 装丁者編集者。本づくりは、この方たちがいないとできません。
 私も小さな出版社の編集・営業を昔したので知っていますが、とても厳しく目立つことのない、けれどその人がいないと、本ができない、文化がなりたたない、大切な、裏方仕事です。私の本を編集してくださった方、装丁してくださった方を、私は決して忘れることはできません。力を合わせて詩心を伝えようと情熱を注ぎ込んでくださった方たちだからです。

 私の新しい本『こころうた こころ絵ほん』の本づくりを、イーフェニックスの池田さんにお願いしたのは、(前にも少し書きましたが)、この小さな出版社が、鳥本という、こだわりのある本づくりに、心を込め、情熱を注がれているからです。
 イーフェニックスのホームページを、ご覧になると、心ある方なら、すぐにわかります。
 ああ、このひとは、ほんとに小鳥が、好きなんだ、と。
 私も子供の時、父母が飼ってくれた、セキセイインコが好きでした。飛び立てるからでしょうか、今も、小鳥、ウグイス、さぎのような渡り鳥が、幼いころと変わらず私はとても好きです。

 小鳥を愛する方だから、大きな声ではおっしゃいませんが、許可を取らずに、編集者の思いをお伝えします。
この本づくりは、詩を除いて、すべて池田さんの、アイディア、人とのつながりの結晶です。絵を頂いた渡邉裕美さん、装丁してくださった池乃大さんを私は存じませんでしたが、池田さんが結びつけてくださいました。
 だからこそ、詩と、絵と、装丁が、それぞれの個性・思いで木魂できたたのだと思います。

 池田さんが、装丁について、池乃さんの秘められたメッセージを、次のように教えてくださいました。

 装丁の意味は「きずな」です。二冊重ねると抽象画では「つながり」「きずな」を表す模様となります渡邉さんは抽象画を描かれるので一目で気がつきましたが震災で苦労されている方に 押し付けがましい気持ちではなくのったりと届いたらと思います。

 私は教えてくださるまでわかりませんでした。この思いを知って、こころ洗い流されるように、感じました。編集者、装丁者の込められた思いの強さを、心に感じ取って頂けたら、嬉しく思います。

 あたらしい詩と歌の本『こころうた こころ絵ほん』は2012年3月11日、(株)イーフェニックスから発売。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。

『詩集 こころうた こころ絵ほん』カバー。絵・渡邉裕美。装丁・池乃大。

 ☆ 書店からご注文いただけます。
 発売案内『こころうた こころ絵ほん』

 ☆ Amazonでのネット注文はこちらで。
 詩集 こころうた こころ絵ほん

☆ 興味はあるけど価格が高いと思われたら、発売日以降に図書館でリクエストされて読んでみてください。もし良いと感じて頂けたら、詩がお好きなみなさまに『こころうた こころ絵ほん』をお伝え頂けますととても嬉しいです。

 
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ