プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

『こころうた こころ絵ほん』小川英晴評。詩って、ほんとはなんだろ?(八)。

 標題のテーマ「詩って、ほんとはなんだろ?」について、個性的な詩集の作品を通して考えてきました。今回は詩人の小川英晴さんが『詩と思想』2012年6月号の詩集評で、私の詩集『こころうた こころ絵ほん』を批評してくださいました。紹介させて頂くと同時に、私の詩想を確かめたいと思います。

☆ 小川英晴さん批評
 「愛の光に満たされた詩とでも言ったらいいだろうか。無垢な心が無防備なままに歌われている。それゆえ読んでいるとちょっと自分が恥ずかしくなる。私はこうはうたえないなという思いが浮かぶ。しかし、この世界を歌いあげることが高畑耕治の魅力なのだろう。現代詩というよりはどこか児童詩を感じさせる世界ではあるが、こういう詩もこの時代にあっていいと思う。ただし、酔いしれるだけではなく、もう一つ内省した切り口が欲しくなる。一行一行の切りつめ方も少々弱い。気持ちよく歌い過ぎてしまっているのだ。それに作品をもっと厳しく選んで掲載してほしい。」


 小川さんの4月号からの『詩と思想』の詩集評は、現在の詩のあり方についての、真剣な問いかけに満ちています。紙面の約半分をその根本的な問いと考察に費やされていることからもそのことを強く感じます。そのうえでの個別の詩集についての批評は、全国詩誌の書評欄としては、妥協を排した、厳しい投げかけが多く見受けられます。

  6月号に書いていらっしゃる現代詩や荒川洋治に対する評価、考え方は私と大きく異なっています。そのこともあり、正直なところ現代詩の本流から遠くに対極にいる、私の今回の詩集『こころうた こころ絵ほん』は、詩集評にとりあげていただけないかなとも思っていました。ですから、対象として頂けたこと、「こういう詩もこの時代にあっていいと思う。」とのお言葉を、とても嬉しく感じました。

 ご指摘も詩に対するお考えからの一貫した率直な批評ですので、嬉しく感じました。そのうえで、私の感想を少しだけ付記します。

① 「酔いしれる」こと、「歌い過ぎ」について。
 私は今の詩が「醒め過ぎている」こと、「歌えず歌わない」ことは、詩歌を大きくとらえたとき、良くない貧しい方向に偏りすぎたと感じてきました。ですからこの本で私は敢えて強く意図してセンチメンタルであり、「酔いしれ」「歌い過ぎて」います。

② 「内省した切り口」の不足について。
 歌は内省と逆の関係にあるので、どちらを選んだかということだと思います。現在ある詩は、考える詩、知で構築した詩ばかりなので、内省した切り口は抑え、感情豊かであることを私は選びました。

③ 「一行一行の切りつめ方」の弱さについて。
 説明する言葉を極力捨て行間で語る、読者を突き放す詩が、詩人好みであり現在の詩の大勢をしめていますが、私は言葉を必要以上に切りつめずにまず意味を伝えることを選びました。
 この方法だと詩行が散文化してしまう弱点もありますが、言葉の音楽性を最大限に生かすことで、決して散文ではない詩歌でありたいと意図して創っています。

④ 「作品を厳しく選ぶこと」について。
 私は、読者にとっての「良い作品」は読者ひとりひとりの、その時の心のあり方によってまったく変わるものなので、作者自身が自分で好きだと言い切れる作品なら、厳しく選ばない方が良いと考えています。
 たとえ99人の優れた詩人の方々がこんな作品は詩じゃないとおっしゃっても、詩を普段あまり読まない1人の方は逆にその詩が好きと感じてくださることが必ずあると、経験を通して知っています。
 詩人に好まれる詩集としての統一性よりも、その1人の方との出会いが私にとっては大切です。

 この本に収録したどの作品をどなたが好きと感じてくださるかはまったくわかりませんが、この詩集のどの詩についても「この詩が私はいちばん好き」とおっしゃってくださる方が必ずいる、だから伝えたい、これが私の信念です。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん

坂井のぶこ詩集『浜川崎から』。 詩って、ほんとはなんだろ?(七)

 標題のテーマ「詩って、ほんとはなんだろ?」について、今回は詩人・坂井のぶこさんの詩集『浜川崎から』(2012年5月、漉林書房)を感じとりながら考えます。
 この詩集は、詩ごとの題名はないので、詩集全体を言葉の花野原とみてもいいと思います。野原から私が好きな心に残る野の花を摘んで花飾りを編み「浜川崎から(抄)」としました。

   ☆ リンク:詩「浜川崎から(抄)」

 既に十冊以上の詩集を出版されている坂井さんの、この詩集の「あとがき」の言葉は、私の心にとても新鮮に響きました。引用します。

   ☆ あとがき
 「去年の一月ごろから一日一篇詩を書き始めました。日記をつけた最後に詩を書くという形でした。どうしてそういうことを始めたのか、考えてみてもはっきりした理由がわかりません。なんとなく成り行きでとしかいいようがないのです。
 何の欲も目的もなく、書きたいことを書きたいように書いてきました。垂れ流しという言葉も頭をかすめたのですが、反面、素直に自分を出せたということで、私にとっては価値のある詩たちです。いままでこんなふうに詩を書いたことはありませんでした。(略)」


① 素朴な詩
 坂井さんは「あとがき」の後の箇所で、この詩集の作品を「素朴な詩」と読んでいらっしゃいます。
これらの言葉は日記の散文とは切り離されて書かれている詩です。その姿はとても素朴で美しいです。
 複雑さと難解さが詩の価値を高めるわけではありません。「現代詩」には、心を素直に表現した詩は価値が劣ったものとして見下すような傲慢さがありますが、頭で捏ね繰り回して難しく作れば良い詩になるわけではないと私は思います。

 まず書きたいことがあり、その詩心にふさわしい言葉を探して詩人は創作します。
 「いままでこんなふうに詩をかいたことはありませんでした。」という素直な告白から、作者自身の驚き、新しい経験の喜びが伝わってきます。
 「素直に自分を出せた」と言えるのはとても素敵なことです。自分の詩心を表現できた詩、心の花が咲いたとき、まず誰よりも作者自身がその花を愛さずにはいられないからです。

 坂井さんは「一日一篇」書いたとさりげなく記されているので、容易に思えますが、これはとても大変なことです。「どうして」「始めたか」わからないという言葉も偽りなく率直だと感じます。
 私は、この詩人にとって<このようにして生み出すための機が熟していた>、だから<朝日のように言葉が降りそそぎ詩となる季節、創作の稔りの日々と時を、詩神から坂井さんは授けられた>のだと感じます。

 なぜ、授けられたのか? 間違いなく確かな一つの答えは、彼女が詩を求め続け書き続けてきたから、詩人の魂、詩人としての誇りを、すり減らさず喪わずに生き続けてきたからだと私は思います。

 この生きざまは容易なようで実はとても困難なことです。詩は美しい芸術だけれども、日常生活の役には殆ど立ちません。日常の便益も物もお金ももたらしてはくれません。感動できる心、鋭敏な感性は、痛みにも敏感です。実益を奪い合う醜悪さや不正にもむき出しのまま晒されます。
 生き辛い経験を潜り抜け耐えながら、それでも壊されない詩心から生まれた言葉は、作者にとって、読者にとって、価値ある美しい詩だと、私は思います。その花を愛してくれる人は必ずいます、時と場所を超えて。

② 詩人は子ども、弱い者
 坂井さんの水彩画スケッチのように優しい詩には金子みすゞと響きあう心を私は感じます。みすゞの詩を坂井さんが朗読するのを聴いたとき、空まで伸びてゆくような澄んだ声が白い雲まで心を運んでくれるようでした。
 この詩集は声の響きの美しさを深く知る詩人の音楽ゆたかな言葉の歌です。作品から子どもの笑い声や泣き声が聞こえてくるような気がします。

 私は、詩人はいつまでも子どもだと思っています。正確に言うと、詩人の心はいつまでも子どもです。
 年齢を重ねても、この宇宙といのちと永遠について、死ぬまで生きている限り、不思議に驚き感じて、繰り返しなぜ?と問いかけてしまう子どもです。子どもは感動し、愛がないと生きられません。その心のままを、言葉の歌にするのが詩人です。坂井さんはまさにこのような、本来の詩人です。

 紹介した詩のなかには、石川啄木の短歌や山之口獏の詩のように、生活苦を綴った詩もあって私は共感します。
 詩人は経済的な便益を生まないことでも子どもと似ています。生活の実益の場面ではあまり役に立たない弱者です。だから弱い者としての痛みや悲しみ、生活の苦しさや喜びを歌えるのだと私は思っています。
 さらにいうと、人間は誰ひとり強くなどありません。人間のいのちはとても脆い、だから詩は人間の心の、魂の歌になりえます。
 坂井さんの詩は、素朴な美しい、人の心の歌だと思います。

 標題のテーマ「詩って、ほんとはなんだろ?」について、個性的で魅力に満ちた詩人と詩集を通して、いろんな表情を見つめてみました。発見、感動を見つけたらまた詩想をお伝えしたいと思います。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 坂井のぶこ

崎本恵の詩集『採人点景』。 詩って、ほんとはなんだろ?(六)

 標題のテーマ「詩って、ほんとはなんだろ?」について、今回は詩人・崎本恵(神谷恵)さんの詩集『採人点景(さいとてんけい)』(1995年11月、私家版)を感じとりながら考えます。

1.詩と詩の木魂
 崎本恵さんは私の新しい詩集『こころうた こころ絵ほん』に言葉を寄せてくださった敬愛する詩人・作家です。ページ数の関係から文章を要約して頂きましたが、当初の原稿全体を別途私のブログで紹介しています。
   ☆リンク:崎本恵の言葉。『こころうた こころ絵ほん』に寄せて。

 この文章の中で、崎本さんの詩「息」と、私の詩「おやすみなさい」との照応、響きあいについて書かれています。私もまた同じ思いですので、作品を木魂させたいと思います。

 またこの詩集の他の収録作品の詩「ほたる」、詩「希い」についても、響きあう同じタイトルの作品を私も書いています。

 知らないところでひとりひとりが、魂をみつめ、こころを込めて、創作した作品たちが、個性をもちながらも、そのメッセージの音色の本質では、クリスチャンであるかどうかを越えて響きあっています。お読みいただくと詩の木魂しあう音楽を聴きとっていただけると思います。今回は崎本さんの詩を響かせ、おまけの次回私の詩をリンクします。木魂はちょっぴり遅れてやってきますので。

  ☆リンク:崎本恵の詩。詩「息」。 詩「ほたる」。 詩「希い」

2.詩と小説
 崎本さんはこの詩集のあと、作家・小説家へと歩みを進められ『家郷』をはじめ多くの心打つ小説を書かれています。
 この詩集について私に次のように伝えてくださいました。その言葉から詩とは何か、照らし出してみます。

☆ 崎本恵さんの言葉。
「採人点景」は吉川さん(詩人・吉川千穂さん)の「烈風」と同じ方法で作った詩集です。
実験としての試みでした。近代詩と現代詩の中間的表現、それから詩と散文の中間的表現。
そして私小説ならぬ私詩としての表現。結局、どれも旨くいかなかったという思いだけが残りました。
ですから、作ったものの、ほとんど送付することもなく、私の著作紹介にも載せないことにしています。
要するに幻の詩集です


① 近代詩と現代詩の中間的表現
  創作は作品ごとに「実験としての試み」であるし、「どれも旨くいかなかった」という自己評価の言葉は、崎本さんらしい謙遜だと私は受け止めます。評価するのは読者です、私がとても良い詩集だと思います。

 崎本さんは詩集『てがみ』(1993年、本多企画)で、抒情と批評性を織りあげ祈りを美しく結晶化されています。
 彼女は意味を伝えることを大切にされる詩人ですので、「近代詩と現代詩の中間的表現」であるのは自然だと思います。この言葉は「言葉の意味と抒情と批評性を喪わずに過剰な暗喩に遊ばない」と言い換えられ、私も同様の試みを続けている一人だからです。

② 私詩としての表現
 次に「私小説ならぬ私詩としての表現」の試みについて、私は次のように考えています。
 詩として作品化することは創作であり、どの作品も言葉による事実・経験の捉えなおしという意味では事実・経験そのものではなく、虚構です。
 一方で、書かずにはいられない魂、詩心の衝動を動機として創作する生まれながらの詩人は、地中深く埋もれ隠されていても、私的個人としての人生・心の経験を必ず水源にしていて、詩のいちりんいちりんはそこまで根を伸ばし詩の精を吸い上げています。
 ですから「私詩」であるかどうかは、実際にあった私的な事実・心の経験を、言葉を織りなす際にどこまで濃く織りこむか、どこまで吸い上げ浸されるか、その濃度のちがいではないかと思います。
 逆に言えば私は、心の奥底に根をはった私詩の精が響いていると感じとれない作品に心打たれることは、あまりありません。この詩集の作品には私詩の精が色濃く塗り込められていますが、昇華された響き、祈りの花となって咲いた姿を私は美しいと感じます。

③ 詩と散文の中間的表現
 私もこの詩集の作品は「詩と散文の中間的表現」だと思います。詩であるための二つの要素、比喩やイメージで表象を光らせることと、リズム、言葉の音楽で韻律を響かせること、これを捨て去ってはいません。
が、表象と音楽による詩としての作品の完成度を高めることは追求してはいません。(追求すればするほど、言葉の意味で伝えるという、散文としての要素は薄れます。)

 詩集『てがみ』の作品にも言えますが、崎本さんの詩はこの均衡上でふるえています。言葉の意味で伝えずにはいられないもの、(たとえば生きること自体への問い、社会の不正や悪の凝視、虐げられた弱者の思いを語ること)が、詩という形式を壊して溢れ出しそうな滴のように。だから彼女が、この『採人点景』の後、詩では表現しきれない思いを伝えるために、小説の創作へと歩まれたことが、私にはとても自然に思えます。
 崎本さんの小説の言葉の森の、一本いっぽんの木々の根の先には、詩の花が根をのばしていた魂と詩心の泉があります。彼女の小説が詩のように美しいのはそのためです。

 次回は木魂している私の詩のリンクです。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 崎本恵

崎本恵詩集『採人点景』の詩をHPで紹介しました。

 詩人・崎本恵(神谷恵)さんの詩集『採人点景(さいとてんけい)』(1995年、私家版)から、3篇の詩「息」、詩「ほたる」、詩「希い」を、私のホームページの「好きな詩・伝えたい花」で紹介しました。

  ☆こちらのリンクから、お読み頂けます。
  崎本恵の詩。詩「息」。 詩「ほたる」。 詩「希い」

 とても良い詩です。ぜひお読みください。


 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 崎本恵

田川紀久雄詩集『かなしいから』の詩をHPで紹介しました。

 詩人・田川紀久雄さんの詩集『かなしいから』(2005年、漉林書房)から、3篇の詩「なみだとにじ」、詩「かなしいから」、詩「ほっきこう」を、私のホームページの「好きな詩・伝えたい花」で紹介しました。

  ☆こちらのリンクから、お読み頂けます。
  詩「なみだとにじ」、「かなしいから」、「ほっきこう」

 とても良い詩です。ぜひお読みください。


 ☆ お知らせ ☆
 『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 田川紀久雄

永方ゆか詩集『ものさびしの、ハナ』の詩をHPで紹介しました。

 詩人・永方ゆか(ながえゆか)さんの詩集『ものさびしの、ハナ』(2012年3月11日、土曜美術社出版販売)から、3篇の詩「ワタツミノコ」、詩「ものさびしの、ハナ」、詩「いわてやま、きたかみがわ」を、私のホームページの「好きな詩・伝えたい花」で紹介しました。

   ☆こちらのリンクから、お読み頂けます
   詩人・永方ゆかの詩。「ワタツミノコ」、「ものさびしの、ハナ」、「いわてやま、きたかみがわ」。

 とても良い詩です。ぜひお読みください。


 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 永方ゆか

佐川亜紀詩集『魂のダイバー』の詩をHPで紹介しました。

 詩人・佐川亜紀さんの詩集『魂のダイバー』(1993年、潮流出版社)から、3篇の詩「夢の受胎」「夢の波」「魂のダイバー」を、私のホームページの「好きな詩・伝えたい花」で紹介しました。

   ☆こちらのリンクから、お読み頂けます。
   佐川亜紀の詩「夢の受胎」、「夢の波」、「魂のダイバー」

 とても良い詩です。ぜひお読みください。

 
☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2100円(消費税込)です。

 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。

    こだまのこだま 動画
  
 ☆ こちらの本屋さんは店頭に咲かせてくださっています。
 八重洲ブックセンター本店、丸善丸の内本店、書泉グランデ、紀伊国屋書店新宿南店、三省堂書店新宿西口店、早稲田大学生協コーププラザブックセンター、あゆみBOOKS早稲田店、ジュンク堂書店池袋本店、紀伊国屋書店渋谷店、リブロ吉祥寺店、紀伊国屋書店吉祥寺東急店、オリオン書房ノルテ店、オリオン書房ルミネ店、丸善多摩センター店、くまざわ書店桜ケ丘店、有隣堂新百合ヶ丘エルミロード店など。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 佐川亜紀

田川紀久雄の詩集『かなしいから』(2)。 詩って、ほんとはなんだろ?(五)

 標題のテーマ「詩って、ほんとはなんだろ?」について、詩人・田川紀久雄さんの詩集『かなしいから』(2005年9月、漉林書房)を感じとりながら考えています。後半の今回は、詩を歌とするものについての私の詩想です。

④ 言葉の音楽、歌であること。
 私は、詩歌が言葉の歌だということを意識して創作します。古代歌謡、和歌、歌物語から、詩や短歌へと受け渡されてきた、日本語の韻文学の旋律、調べを、息づかせようと、言葉の歌を紡ぎます。これらは詩人が創作するとき、言葉を選び、詩句、詩連を紡いでいるとき、意識的に、あるときは意識せずに、行なっていることです。

 「現代詩」は、これらの詩を言葉の歌、美しい響きとする要素を、意識的に排除するか、見失い忘れてしまい、散文化しています。私はこれらこそ、中原中也も同じように記していますが、詩が歌であるために不可欠な要素、詩の魅力を生むものだと考えています。

 詩集『かなしいから』の詩は、とても音楽的です。作者が朗読の経験を積み重ねることで培われた言葉の音に対する感性がみずみずしく奏でられています。言葉の音楽がどのように織り込められ歌となるか、作品から聴きとってみます。

   ☆リンク:詩「かなしいから」 (1連2連)

  かなしいから
  あなたのくるしみがわかる
  かなしいから
  あなたのさびしさもわかる
  かなしいから
  あなたのこころのあたたかさがわかる

  かなしいから
  わたしはすなおでいられる
  かなしさは
  わたしのたから

 ●1連の詩句の頭は「かなしいから」「あなたの・・・」、2連は「かなしいから」「わたし・・・」の反復。詩句の頭韻とも言えて、単音の頭韻に比べ、明瞭に心に残ります。
 ●1連の詩句の末尾は「から」「わかる」、2連は「から」が「たから」という詩語を音で呼びだしています。詩句の脚韻とも言えて、単音の脚韻に比べ、明瞭に心に残ります。
 頭韻、脚韻とも、日本語の母音はかすかな響きですが、詩語の反復とすることで音を強めることができます。
 ●この2連の主調音は、母音の「あ(a)」で、「かな(kana)しい」「あな(ana)た」「(わか)wakaる」「わた(wata)し」と、「あ(a)」の音が重韻のように重なり流れ、澄んだあたたかみを奏でています。その流れのなか「くるしみ」(u音とi音)、「さびしさ」(i音)、「こころ」(o音)、「すなお」(u音とo音)は、転調となり浮きだされ印象に残ります。

   ☆リンク詩「なみだとにじ」
   (1連と2連の詩句)

  かなしくて かなしくて
  かなしくて どうしようもないので
  ないた
  なみだがいっぱいでてきた

  なみだで かなしみはいくらか
  なぐさめられた
  かなしみはなみだとともに
  そらのかなたにきえた
  そらにはにじがでた

 ● 冒頭の「かなしくて」の3回の詩句の繰り返ししが心に強く残ります。
 ● 「かなしみ」「なみだ」「ないた」という言葉の意味の底流で、繰り返し畳み込まれる主調音の「な(na)」、(n)の音の濡れたニュアンス・音色が、この詩に染み渡り響いています。
 ● 詩行の頭韻「か」「な」「そ」も、言葉の歌である印象を強めています。
 ● 詩行の脚韻は「~(し)た」を主として、出来事を描写している作者の視線を、読者に感じ取らせています。

   詩「ゆうやけぞら」(2連)

  つきがのぼった
  みかずきのおつきさん
  こんばんは
  ほしさん
  こんばんは

 ●「おつきさん(san)」、「こん(kon)ばん(ban)は」、「ほしさん(san)」が、言葉の意味として童謡の調べの優しさを生み出すとともに(an)と(on)が音として快く木魂しあっています。

   詩「こどもたちのうたごえ」(1連2連)

  こどもたちのあそぶこえをきいていると
  なぜだかかなしくなってくる
  
  しらないばあさんいえにいた
  となりのばあさんしんじゃった
  ハイ ハイ ハイ
  さいしょがぐうー

 ● 2連は詩のなかへの歌声の挿入です。私もいくつかの作品で試みていますが、たとえば童謡を挿入すると子どもの肉声が聞こえてくるように感じられて効果が大きいと思います。私が好きな歌物語の伝統は、今も息づいていると思います。
 挿入歌には、リズム、調子の変化、転調をもたらすので表情が変わります。作品に重層的な深みをもたらす効果もあります。

   詩「こころのいろ」(1連2連)

  むすんでひらいたこころのいたみ
  いちどきずついたいたみはなおらない
  だれにもみえない
  ちいさないたみ

  ちいさいけれど
  おおぞらにうかぶにじのように
  いろんないろでできている
  ちのにじむようなあかいいろ
  きがくるいそうなみどりいろ
  ふあんでさびしいむらさきいろ

 ● 1連冒頭の「むすんでひらいたこころ」を読むと私には「むすんでひらいて」の童謡の歌詞が連想されて重なって聞こえてきます。本歌取りのような効果です。
 ● 1連は、「い(i)」の音の重韻、主調音として畳みこまれていて、「いたみ」を、細く尖った閉じられた音調でも表現しています。
 ● 2連の「ちのにじむようなあか」。常套句を現代詩は嫌いますが、生き残ってきた言葉であり比喩でもあるので強さと良さも持っています。使い方しだいだと考えています。
 ● 2連4、5、6行目の対句も、基本的な用法ですが、同じように詩歌発生時から使われ続け生き残ってきたのは、人は繰り返しながらの微妙な変化、変奏を、快く感じ好きだからです。
 常套句、慣用句や対句などの基本的な詩法を自ら使うのを禁じるのは、詩から音楽、歌を奪い、貧しくします。より豊かに美しく響く詩句、詩行を生み出していくほうがよいと私は思います。

    詩「さびしいこころ」6連

  かなしみのなかで
  いちばんかみさまのちかくにいられる
  こころからいのらずにはいられない
  このよからふこうがなくなることを
  ふこうがなくなれば
  わたしのいのちはいらない

 ● 3行目頭の「こころ(kokoro)」と4行目頭の「このよ(konoyo)」は母音「お(o)」で頭韻しています。 
 ● 2行目末「いられる」、3行目末「いられない」、6行目末「いらない」は、微妙に音を変奏させた脚韻になっています。

 以上のように、田川紀久雄さんの詩集『かなしいから』は、前回記した、平易な言葉で優しい意味を伝える詩であると同時に、言葉の音楽、言葉の歌、美しい日本語の旋律、調べを織りなしています。ですから、黙読するとき、音読するとき、朗読するとき、朗読を聞くとき、さまざまな姿で感性をゆりうごかし目覚めさせてくれます。それが、詩、詩歌という言葉による芸術の姿だと、私は思います。

 次回は崎本恵(神谷恵)さんの詩集『採人点景(さいとてんけい))を通して詩をみつめます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

田川紀久雄の詩集『かなしいから』(1)。 詩って、ほんとはなんだろ?(四)

 標題のテーマ「詩って、ほんとはなんだろ?」について詩集を感じとりながら考えています。
 今回と次回は、詩人・田川紀久雄さんの詩集『かなしいから』(2005年9月、漉林書房)です。
 田川さんは詩語り、詩の朗読を、1985年から現在まで全国各地で継続して行われてきた方です。詩の朗読、詩の言葉の音楽、言葉の歌について、作品の紹介を織り交ぜながら、私の詩想を記します。

 (ホームページの「好きな詩・伝えたい花」でも3篇の詩をご紹介させて頂きました。
  ☆リンク:詩人・田川紀久雄さんの詩。詩「なみだとにじ」「かなしいから」「ほっきこう」

 田川さんが近年ご出版されてこられたご詩集を読ませて頂きました。ひとりの詩人のなかには複数の詩風が混在しています。心の広がりと深さです。ですから作品や詩集により、言葉の表れ方は異なってきます。
 田川さんの豊かな詩風のうち、私はこの詩集『かなしいから』の花束にまとめられた詩の花が私の好みであり、一番好きです。
 私が好きな、美しくて良いなと感じる花をスケッチすると、こんな風にゆれています。
  ① 平易な言葉で意味をわかりやすく伝えようとしていること。
  ② 柔らかな優しい言葉で感情を豊かに表現していること。
  ③ ひらがなを多く使っていること。
  ④ 言葉の音楽、歌であること。


 今回は、このうちの①②③について、詩集『かなしいから』の詩を引用し、確かめていきます。

① 平易な言葉で意味をわかりやすく伝えようとしていること。
 このことは説明しなくても、お読み頂ければどの作品にも感じとって頂けます。私は詩という表現形式にとって、このことはとても大切だと考えています。
 平易であり、わかりやすいことは、決して言葉の芸術表現として劣っていることではありません。 たとえば次の詩句と詩連は、この詩人がかなしみの詩人であることと、この詩人の詩が生まれてくる源を、美しい言葉で教えてくれて、私の心は詩句とともにふるえ自然に木魂しだします。

   詩「ぽえじーがうまれる」(2連3連)

  あいといのりはかなしみからうまれる
  もしかなしみというかんじょうがなくなったら
  このよにしはうまれてはこないだろう
  うたはかぜにのってはこばれてくる

  ぽえじーのかえるところは
  しんえんのこころのふかさにある
  しのいのちはかなしみ
  しのいのちはあい

② 柔らかな優しい言葉で感情を豊かに表現していること。
 このことにも説明はいらず、どの作品からも感じとれます。
感情がとても豊かだとなぜ感じるのか? 詩という芸術は言葉そのものの表情と肉声です。詩の言葉は、しゃぼんだまのすがたをした心の、ひかりとふるえです。心と切り離せない文学だと私は考えています。

 たとえば、詩「ほっきこう」は、静かだけれど、とても深く豊かな感情の響く心の歌です。
☆リンク詩「ほっきこう」

   (2連の詩句)
  はねをはばたかせてとびたつとき
  このちきゅうのかなしみをぬぐいさるかのように
  ゆっくりとちゅうにまいあがる

   (3連の詩句)
  かりのかなしみは
  ひとのかなしみよりふかい

   (4連の詩句)
  わたしのかなしみは
  ちいさないきもののおもさにかなわない
  かりがむれをなしてきたのそらへとびたっていく
  そのうつくしさにわたしのかなしみはすくわれる
    
③ ひらがなが多くつかっていること。
 言葉の形です。この詩集は、八木重吉のひらがな詩のように、多くの作品がほぼひらがなで書かれています。作者が詩で伝えようとする意味をあらわす言葉をさがしたとき、ひらがのかたちと音の特徴がふさわしいと選んだ形です。
 ひらがなは、そのまるみを帯びた字形、曲線に柔らかさと優しさがあります。
 そして表音文字であり音そのものです。母音の「あいうえお」をのぞくと、一文字のうちに「かきくけこ」(ka ki ku ke ko)のように子音と母音をくるみ込んでいますが、分析しない限り切り離せず結ばれている音、五十音の姿であらわれる音そのものの文字です。
 ひらがなの詩は、一文字一文字読み進めるので文字の音、音のつながり、音の変化が(複数音を隠している漢字に比べて)より強く感じられ、言葉の音楽としての印象が高まります。
(漢字やカタカナにも固有の良さがありますが今回は述べません)。
この詩集全体が、ひらがなの音の、清澄な川のせせらぎのように響き続けていて、美しい音楽を奏でていると私は感じます。

次回はこの詩集の魅力の中心要素である「④ 言葉の音楽、歌であること。」について記します。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩集 こころうた こころ絵ほん 田川紀久雄

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ