プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

三ヶ島葭子の短歌。悲しみ、苦しみ、夭逝。歌。

 ここ百年ほどの時間に歌われた詩歌から、短歌の形で咲いた心の花をみつめています。
今回の歌人は三ヶ島葭子(みかじま・よしこ、1886年・明治19年埼玉県生まれ、1927年・昭和2年没)です。

 生年没年からわかるように彼女は40歳でなくなりました。
内面を自己凝視し、あふれるものを真率に吐露する、まっすぐな歌風なので、家庭内の不和からの苦しみと悲しみが、言葉に滲んでいます。
 
 彼女の歌に感じるのは、鋭敏な感受性が本来の資質のままにのびゆけずに、時代と生活の制約に押し込められ歪められた呻きと痛みです。
 ただ、忘れてはならないのは、彼女はそのようにしか生きられない生活の中でさえ歌ったことです。歌に対する資質と強い意思がなければできないことです。

 夫との不和。子どもと引き離されたこと。そんななかでも、歌った姿は、金子みすゞもそうですが、この時代に生きた多くの女性が声にすらできなかった思いを、今もわたしに教え感じとらせてくれます。

 彼女の歌から私の心に強く響いた歌を9首選びました。
 最初の4首は、子どもを歌っていますが、特に2首目と3首目の赤ん坊にそそぐまなざしの愛情の深さがあって初めて感受できる歌は、とても美しいと思います。
 7首目の引き離された子を思う歌は悲しいとしか、いいようがありません。
 5、6、8、9首目の歌に、彼女の自己凝視の強さと、歌にして書きつけることで、辛うじて生きているような、危うさ、絶望の断崖の淵に立ち尽くす叫びにちかい声が響いています。

 どれも悲しく苦しい歌ですが、その懸命さを歌として伝えてくれたことに、私は心を打たれます。

          『三ヶ島葭子全歌集』1934年・昭和9年
まづ何をおぼえそむらむ負はれてはかまどに燃ゆる火など覗く子
親のかほけさやうやくに見いでたる瞳はいまだ水のごとしも
鈴ふればその鈴の音を食はむとするにやあはれわが子口あく
らんぷの灯届かぬ部屋に寝たる子の柔き髪寄りて撫でつも

たまゆらのわれの心に漲(みなぎ)りしかの憎しみを人は知らぬなり
死にたりと聞きて心のおちつきぬ死にたる弟思ひつつねむ

さかりゐる一人の吾子を思ひつつ眼つぶりて飯かきこみぬ

惜しきもの一つも無しと思ひつつ室の真中にひとり立りをり
今にして人に天甘ゆる心あり永久(とは)に救はれがたきわれかも

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。

 次回も、歌人の心の歌の愛(かな)しい響きに耳を澄ませます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 三ヶ島葭子 短歌 夭逝 詩人 高畑耕治

窪田空穂の短歌。『平家物語』の俊成に似て。

 ここ百年ほどの時間に歌われた詩歌から、短歌の形で咲いた心の花をみつめています。
今回の歌人は窪田空穂(くぼた・うつぼ、1877年・明治10年長野県松本生まれ、1967年・昭和42年没)です。

 私は最近2冊の短歌選集を併読しましたが、今回は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)からです。ここ数回主に出典とした『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)も、彼の作品を収録していて先に読みましたが取り上げようとまでは思いませんでした。編者が違う今回の出典の歌には、心に響く心打たれる歌が散りばめられていると感じました。
 このことから、選ばれる歌集と歌によって、出会いがまったくことなることを思います。ひとりの人間の心の広がりと深さは限りなく、詩歌は心の異なるところから一回きりの表情で生まれてきます。ひとりの作者のどのような心の姿の歌が、他者である読者の心の海にどのようなこだまの波紋をひろげるかは、偶然だからこそ、感慨も深まる気がします。

 窪田空穂の言葉は、以前のブログ「愛(かな)しく愛(いと)しい歌、『遺愛集』」でとりあげたことがあります。
 死刑囚の歌人・島秋人の歌集(愛しい詩歌 『遺愛集』島秋人の歌 )についての理解と歌集へ添えた言葉から、空穂が人と詩歌の真実を深く知る人だったと私は感じます。

 この二人の詩歌をとおした心の交感から、最近読み返した私には『平家物語の』巻七「忠度都落」が思い起こされます。逃れられない死を目の前にした人と師の、詩歌を介する真率な対話の姿は、時を越えて重なりあいます。
 平忠度(ただのり)は都落ちするとき一度引き返して、和歌の師である藤原俊成に書き溜めた歌を託し、朝敵の身となった彼の歌一首を、俊成は勅撰歌集の千載集に名を隠し「よみ人知らず」の作として載せました。
     さざなみや志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな 
 十代の頃たぶん教科書ではじめて読んだ気がしますが、心打たれ、私は平家物語の中で今も変わらず好きな段です。
 
 空穂の歌から私の心に強く響いた歌を9首選びました。
 最初の5首は、日中戦争・太平洋戦争時の歌、戦死した甥を思う歌に心痛みます。
 次の2首は、歌人として芸術を愛す強い意思が、芯の強さをもって美しく響きます。
 最後の2首は、老いの悲しさのうちにも、澄み切った愛を感じます。
 このような歌をうたえる歌人だからこそ、『遺愛集』島秋人と魂の交流ができたのだと、私は敬愛の思いを強くします。

          『冬木原』1951年・昭和26年
学徒みな兵となりたり歩み入る広き校舎に立つ者あらず
いささかの残る学徒と老いし師と書に眼を凝らし戦(いくさ)に触れず
この露地の東の果ての曲りかど茂二郎生きてあらはれ来ぬか
湧きあがる悲しみに身をうち浸しすがりむさぼるその悲しみを
わが写真乞ひ来しからに送りにき身に添へもちて葬(はふ)られにけむ

          『卓上の灯』1955年・昭和30年
胸をどり読みゆく文字やわが未知はわれに夢なりかぎりのあらぬ
一瞬のこころの動き捉へられ画としなりては永久(とは)にとどまる

          『清明の節』1968年・昭和43年
わが腰を支ふる老婆力尽き倒るるにつれてわが身も倒る
生を厭ふ身となりたりと呟けば哀しき顔して妻もの言はず

出典:『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)。

 次回も、歌人の心の歌の愛(かな)しい響きに耳を澄ませます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 窪田空穂 短歌 平家物語 藤原俊成 島秋人 詩人 高畑耕治

上田三四二の短歌(五)あふれでる詩想の泉。

 ここ約百年に生まれた短歌を見つめています。『現代の短歌』で出会えた、私なりに強く感じるものがあり何かしら伝えたいと願う歌人の、特に好きな歌です。
 前回に続き、上田三四二(うえだ・みよじ、1923年・大正12年、兵庫県生まれ)の短歌をとおして、日本語の言葉の音楽、歌に耳を澄ませます。
最終回も音楽性ゆたかな歌五首です。それぞれの歌に感じたことを記していきます。短歌の前に、所収の歌集名、刊行年と彼の年齢を記しています。

                     『照脛』1985年(昭和60年)、62歳。
秩父路に秋みちひかりきよからん秩父より来る雲をまぶしむ

*この歌には「秩父CHICHIBU」という言葉が二回現れ、字形、字のかたちと音で呼びあっています。加えて「秋」は字形が「秩」と似通っていて、微かな呼応をしています。
 ひらがな漢字が混ざりあう日本語では、完全な表音文字の西欧言語とは違って、ひらがなに浮かぶ漢字の字形でも、呼応や美しさを伝えることができます。
*音の流れで感じるのは、冒頭は「ちちぶじはあきみちひかりきchIchIbujIwa akImIchIhIkarI kI」と母音イI音を重ねて、意味の「秋のひかり」のひんやりし始めた感覚を音でも支えています。
*続く「きよからん」のrANでいったん音が切れ、息の休止、間が生まれるので、次の「秩父」が冒頭の「秩父」と頭韻している感じが深まっています。
 詩歌は言葉の歌なので、音色と同時に、音のない、息をとめた、無音の間、沈黙はとても大切です。(詩では字間と余白も。)
*最後の「くるくもをまぶしむ」は転調していて、「KUrUKUMowo MabUshiMU」と母音ウU音が基調をなし、「く」の重なる音と、子音M音も目立たずに音色の流れを変化させています。
*静かな叙景の歌ですが、心に意味も沁みて拡がりを感じるのは、音色の変化の美しさのちからが大きいと感じます。

お河童のゆれてスキップに越しゆきぬスキップはいのち溢るるしるし

*冒頭の「おかっぱ」という一語で、女の子の顔と髪が浮かび童謡調に誘われます。
*「おかっぱ」「スキップ」「スキップ」と「っ」「ッ」が、意味、イメージそのままに歌を弾ませるリズム感を生んでいます。
*「ゆれて」「ゆきぬ」という言葉も、幼い女の子の髪が「揺れ」進んで「行く」意味、イメージと、「ゆYU音」の優しく柔らかな調べが溶け合っています。
*結びは、「いのちあふるるしるしINOCHI afURURU SHIRUSHI」、と母音イI音と「チCHI」「シSHI」の鋭い音で「いのち」「しるし」この2語を際立たせながら、「るるRURU」「るRU」が優しい音色で包んで居ます。まるで、フルートの音色のような流れが美しい、好きな歌です。


                    『鎮守』1989年(平成元年)、66歳。
これの世に女人はわれの悲母(ひも)にしてわれよりわかき母をかなしむ
*漢字の「母」をはじめは「もMO」、次には「ははHAHA」と、同じ字形で読みの音を変化させ日本語の特徴を生かしています。
*歌の調べの流れのなかで「われwAre」の繰り返しと「わかき母wAkAkihAhA」が「わWA」音を重ねる押韻を響かせ、「かなしむkAnAshimu」まで、母音アA音の明瞭な音色が主調音となっています。
*「してSHIte」と「しむSHImu」も変化する木魂を響かせています。
*ひらがなの流れのなかに浮かびあがる漢字、「世」「女人」「悲母」「母」が、その字形だけで歌の主題を、意味とイメージを醸し出しています。

行きすがふをみなにてかぐ果のごときにほひを曳けり秋闌(た)けにけり

*音調の変化の魅力が、詩想の魅力をうわまわっているような歌です。
*「がふgAU」と「かぐkAgU」、「ごときgOtOkI」と「にほひniOhI」は母音がかすかな呼応をしています。
*全体の流れに潜んでいる、母音ではイI音がリズムの基調にあります。「IkIsugau omInanItekagu kanogotokI nIoIwohIkerI akItakenIkerI」。第一音と下三句の最終音がイI音のため生まれる印象です。
*子音ではG音とK音が主調で、を含み母音との組み合わせで変化する音、「きKi」「がGa」「かKa」「ぐGu」「果Ka」「ごGo」「きKi」「けKe」「けKe」「けKe」がリズム感を生んでいます。
*末尾の「ひけりあきたけにけりhIKerIaKItaKenIKerI」は、交互に現れる母音イI音と、子音K音が、とても耳に快い響きを奏でています。

 上田三四二の短歌の音楽性を感じとってきました。最初に引用した短歌を最後にもう一度聴きとります。

死はそこに抗ひがたく立つゆゑに生きてゐる一日(ひとひ)一日はいづみ

 詩歌の詩情があふれで感じられるのは、言葉の意味イメージ音色リズム字形と字形の並び読み方という要素が、表現技術として意識的または無意識的感覚的に、作者によって選ばれ、生まれ出たいと生まれ出ながら、溶け合い生かし合う言葉、美しい歌になっているからです。
 この歌は、書かずにはいられない想いが泉となってあふれ、美しい歌となって心に沁み、響き、こだまします。
言葉のあらゆる要素が詩想と溶け合い詩情となって輝いています。

 生きている息づいている詩歌の言葉は、本当は分解するものではありません。正解はありません。作者も正解を押しつけはしません。好きな時に好きなように感じ取って下さいと、読者に差し出します。
 詩歌は自分の好きなように自分なりの仕方で、見つめ、感じとり、愛するものです。生きている大切な人、愛する人に向き合うときと同じです。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)

 次回はまた違う個性の歌人の歌を聴き取りたいと思います。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 上田三四二 短歌 詩人 高畑耕治 詩歌

上田三四二の短歌(四)。山の稜線のような乳房のまるみのような。

 ここ約百年に生まれた短歌を見つめています。『現代の短歌』で出会えた、私なりに強く感じるものがあり何かしら伝えたいと願う歌人の、特に好きな歌です。
 前回に続き、上田三四二(うえだ・みよじ、1923年・大正12年、兵庫県生まれ)の短歌をとおして、日本語の言葉の音楽、歌に耳を澄ませます。
 今回は音楽性ゆたかな歌五首です。それぞれの歌に感じたことを記していきます。短歌の前に、所収の歌集名、刊行年と彼の年齢を記しています。

                    『遊行』1982年(昭和57年)、59歳。
かきあげてあまれる髪をまく腕(かひな)腋窩(えきか)の闇をけぶらせながら

*主調音は子音KとG、母音Aで、「かKA」の音を主音に子音Kが浮かび沈む波のようなリズムを奏でます。「KAKiAGete AmAreruKAmiwo mAKuKAinA eKiKAnoyAmiwo KeburAsenAGArA」
ひらがなのやわらかな字体の多い上句は、アA音の解放感にささえられ、意味・イメージの髪のゆたかなやわらかさと溶け合っています。
*中間部から転調するかのように、「腕」から「腋窩」「闇」と四角く硬い字体の漢字をゴツゴツ連続させ、読みも敢えて「うで」ではなく「かいなKaina」そして「eKiKa」「Keburu」と尖った子音K音を連続させて、意味、イメージの変化をささえています。
*柔らかな明るさから暗闇へ、意味とイメージと音が流れ込んで読者を誘います。

表札に名ありて夏に亡きひとの門(かど)の辺をすぐ夕べゆふべの散歩

*「夕べゆふべと」漢字をひらがなに変えたのは、字体の見た目の流れが、このほうがきれいだからです。
漢字は表意文字で簡潔に意味をくるめこみますが字体は硬く生硬です。ひらがなは表音文字で音だけで一字に意味は持てませんが、字体のやわらかな曲線は美しいです。そのバランス、使い分けの感覚です。
*「名ありて夏に亡きNAAriteNAtsuNi NAki」は「な」の音、子音Nと母音Aの流れがきれいです。
*続く個所から転調し、「ひとのかどのべをすぐ夕べゆふべのhitOnOkadOnObewOsUgUyUUbeyUUbenO」と、
母音はオO音とウU音ばかりとなり閉じられた静まる音色になっています。
*最後の詩語「散歩SANPO」は私には音の流れから浮いた軽い感じがします。意識してこの詩語を選んだか、他の言葉を見つけられなかったのか、わかりません。この言葉が作品を軽くしています。
*この歌も「亡きひと」という言葉で、既に此の世に存在しない人のイメージを歌に漂わせ、「夕べ」という光が沈む前の薄暗がりのイメージに溶かしこませています。

                    『照脛』1985年(昭和60年)、62歳。
雪の上にあひ群れて啼く丹頂のほのかに白きこゑの息あはれ

*この歌では逆に最終詩句の「あはれ」が、そこまで流れて来たすべての詩句を受けとめ、発せられて、一語のみで対等に、重みと深みをもって響いていて、美しいと思います。文学、詩歌、短歌は、究極的には、本居宣長のいうように、「あはれ」「ああ」という感動の一語に尽きるからです。
*全体の音の流れにところどころ顔をだす「のNO」の音が、リズム感を生んでいます。
*この歌は、いちめんの白のイメージに包まれています。「雪yuKI」「白きSHIroKI」「息IKI」の子音のイI音と、「なくnaKu」「こゑKoe」にもあらわれる子音K音の、ともに鋭く細い息が、イメージの色を音色で奏でています。
*「丹頂TANCHOU」はそのなかに佇むように特異な声を発して浮かんでいます。白にうかぶ白、ただ鳴き声と、小さな黒と赤が見えるようです。

                    『照脛』1985年(昭和60年)、62歳。
みめぐみは蜜濃(こま)やかにうつしみに藍ふかき空ゆしたたるひかり

*この歌は音が美しく変化していきます。西欧言語のアクセントの強弱をもたず、中国語のように音階の昇り下りの落差をもたない日本語は、日本の山の稜線のような、なだらかな曲線の繊細な変化にこそ美しさがあります。乳房のゆるやかなまるみの美しさとも言え、この歌はその特徴がよくわかります。
*上句の主調音は子音のM音とN音で、「みめぐみはMiMeguMiwa」「みつこまやかにMitsukoMayakaNi」「うつしみにutsushiMiNi」と、唇を閉じた粘着質の音が意味・イメージの「御恵み」「蜜」と溶けあいながら揺れ始めます。
*下句はまず、「藍AI」とアA音でせりあがり、「ふかきそらゆfukakisOrayu」でなだらかに滑り降りる感じが「ふ」と「ゆ」という、はかなく音、やわらかい音で醸し出されます。
*末句はの主調音は子音の母音I音に転調し、「したたるひかりSHItataruHIkaRI」と光のイメージと「し」「ひ」「り」という音色が、母音アa音とのリズム感のなかに溶けゆくようです。
*日本語の言葉の音楽の旋律を奏でている美しい歌です。

半顔の照れるは天の輝(て)れるにていづこよりわが還りしならん

*この歌は、「てれるはてんのてれるにてTERERUwa TEnno TERERUnite」の、「てTE」の音、「てれる」の繰り返しのリズム感、その快さだけの歌です。意味、イメージにひろがり、深みは感じられません。音調の快さと、詩歌としての完成度は、必ずしも一致しません。たとえば和歌で「これやこのKOREYAKONO」というリズミカルな響きがこれだけで快いのと同じだと思います。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)

 次回も、上田三四二の言葉の音楽を聴き取ります。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 上田三四二 短歌 詩人 高畑耕治 詩歌

新しい詩「かなしみまみれの、なんでやねん」をHP公開しました。

上田三四二の短歌(三)意味とイメージと音色とリズムは溶けて。

ここ約百年に生まれた短歌を見つめています。『現代の短歌』で出会えた、私なりに強く感じるものがあり何かしら伝えたいと願う歌人の、特に好きな歌です。
 前回に続き、上田三四二(うえだ・みよじ、1923年・大正12年、兵庫県生まれ)の短歌をとおして、日本語の言葉の音楽、歌に耳を澄ませます。

今回は音楽性ゆたかな歌五首です。それぞれの歌に感じたことを記していきます。短歌の前に、所収の歌集名、刊行年と彼の年齢を記しています。

               『雉』1967年(昭和42年)、44歳。
あたらしきよろこびのごと光さし根方明るし冬の林は

*この歌の魅力は、「あたらしAtArA・SHI」「ひかりさしhIkArIsA・SHI」「あかるしAkAruSHI」「はやしhAyA・SHI」の、母音アAの明るい音色と、「しSHI」の組み合わせの、繰り返しが生むリズム感にあります。
*言葉の意味・イメージ・詩想の「よろこび」「光」「明るし」と、母音アAの開かれた音色があっていることで、歌の世界が心にひろがります。言葉の意味・イメージ・詩想と音色とリズムが、わからないほど溶け合って高めあうほど、歌は美しい調べとなるのだと思います。

               『湧井』1975年(昭和50年)、52歳。
術後の身浮くごとく朝(あした)の庭にたつ生きてあぢさゐの花にあひにし

*冒頭部は「術後の身浮くごとくjUtsUgonomiUkUgotokU」意味も音も閉じられたU音が、子音gと絡まり主調になっています。
*「朝」から意味も音も大きく転調します。
*AshItAnonIwAnItAtsu IkIteAzIsAIno hAnAnIAhInIshI  アA音の開かれた明るい音色が、「朝」「たつ」「あぢさゐの花」「あひ」という前向き肯定的明るい意味を仮名で、子音イI音と交互に交わり、弾むリズム感を生みだしています。意味と音色・リズムが溶け合う、美しい歌です。

おぼろ夜とわれはおもひきあたたかきうつしみ抱けばうつしみの香や

*上句は、「ObOrOyOtO warewaOmOiki」と、母音オOの音が主調で「夜」イメージとよく溶けています。
*下句では、「うつしみ」と4文字の音を重ねて繰り返し強く言葉の意味と音が心に残ります。
*全体の流れに浮かび出る、母音アAの音「われwAre」「あたたかきAtAtAkAki」「抱けばdAkebA」「香やkAyA」が、流れに整ったリズムを醸し出しています。

白木蓮(はくれん)のひと木こぞりて花咲くは去年(こぞ)のごとくにて去年よりかなし

*「こぞKOZO」の音を三回繰り返しリズムを生み、下句では意味の上でも「去年」を強め心に焼きつけます。
*上句は、「白Haku」「ひと木Hitoki」「Hana」の子音H音が植物のはかなさのイメージと合い溶けています。
*全体の流れに、「haKu」「hitoKi」「Kozorite」「saKu」「Kozo」「GotoKu」「Kozo」「Kanashi」と、子音KとGが繰り返し浮かび出てリズム感を支えています。

               『遊行』1982年(昭和57年)、59歳。
吹く風に枯葉ちりつぐ藤棚のうへに欠(か)けゆくふゆ望(もち)の月」

*「ふFU」と「ゆYU」のはかなげや柔らかい音、母音Uが主調となり、「吹くFUkU」「つぐtsUgU」「藤Fuji」「うへUe」「ゆくyUkU」「ふゆfUyU」と、意味、イメージと溶け合っています。
*「ちりつぐchiritsUGU」と「欠けゆくUKU」は弱い脚韻のような効果でリズム感を支えます。
*最終の言葉は心に留まりやすいですが、この歌も「ふゆ望の月」という言葉、冬の満月の意味とイメージと、
「FUYUMOCHINOTSUKI」という音色とリズム感だけでも美しく感じらます。
*「枯葉ちりつぐ藤棚」ということは、冬で花はもう枯れていてここにはありませんが、歌の中では「藤FUJI」という音に、藤の花の美しいイメージが呼び起こされます。ないものをあるかのようにイメージとして呼び起こすのは特に新古今和歌集藤原定家中心に見出された優れた象徴表現です。
萩原朔太郎も新古今和歌集はフランス象徴詩に先んじているといい、私もそう思います。
 フランス象徴詩でもマラルメは詩論で音とイメージについて語っていることを、以前ブログに書きましたマラルメの詩論(二)美しい姿がおぼろげに。」)。
*「欠けゆく」という言葉もはかなさを強めています。日本語の「ゆく」は、「行く」と「逝く」を含み合わせて響くので「亡くなる」イメージが沁み込みます。
*冬の満月とないけれどもおぼろにうかびゆれる藤の花のイメージが溶け合う美しい象徴詩です。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)

 次回も、上田三四二の言葉の音楽を聴き取ります。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 上田三四二 短歌 詩人 高畑耕治 詩歌

上田三四二の短歌(二)散文化した時代と、歌。

 ここ約百年に生まれた短歌を見つめています。『現代の短歌』で出会えた、私なりに強く感じるものがあり何かしら伝えたいと願う歌人の、特に好きな歌です。
 前回に続き、上田三四二(うえだ・みよじ、1923年・大正12年、兵庫県生まれ)の短歌を見つめます。

 この散文化した時代に多くの人は、合理性と効率性と実用性と有益性の盲目的な追求を進歩の旗印にかなう最善の選択だとして掲げる競争社会に投げ込まれ、知性と機智と狡知を磨くことばかり教育されます。
 もともと実用からも実業からも縁遠い文学もその思潮に染まって実用文のような散文、エッセイと小説しか存在しないかのようです。詩は時おり商業コマーシャルに利用されるか、つるされた広告の商業コピーにぴらぴらすれば十分というのが、ふつうの感覚です。

 だから文学を愛する人の間でも、そして短歌や詩といった詩歌を愛する人までもが、機智と知性による概念とイメージの積み木以外の表現を忘れ、失っている気がします。抒情や詩情の源である、言葉の音楽が聴こえる詩歌にふれることが、少なくなってしまいました。

 上田三四二の短歌はです。言葉の音楽が息づいて聴こえてきます。
 言葉に音楽を求めないなら、詩ではなく散文を読めばすみます。私は詩が好きで詩にこだわるので、彼の短歌をとおして忘れられている日本語の響きの美しさについて四回にわたり重複を避けず、詳しく書きたいと思います。今回はまず二首です。それぞれの短歌の前に、所収の歌集名、刊行年と彼の年齢を記しています。

               『黙契』1955年(昭和30年)、22歳。
つきつめてなに願ふ朝ぞ昨日(きぞ)の雨濡れてつめたき靴はきゐたり

*「つきつめて」「きぞ」「つめたきくつ」「はきいたり」にある、「つ」と「き」の音が強く響き、全体のリズム感を生み出しています。
*詩想が特に優れた歌ではありませんが、初頭句と末二句のリズム感が快さが残ります。意味ない歌詞をも覚えさせ口ずさませるメロディーのような役目をしています。
*上句では「なnAに」「朝Asa」「雨Ame」の母音アAが、波が折り重なるように韻を奏でています。
*下句では「濡nUれ」「つtUめたき」「靴kUtU」の母音ウUが、重なる韻を、閉じる暗めの音色で奏でます。

               『雉』1967年(昭和42年)、44歳。
をりをりに出でて電車にわが越ゆる今日木津川の水濁りをり

*この歌の快さの大部分は、初頭句の「をりをりに」と「濁りをり」の同音の呼び合い、その音とリズム感にあります。この歌も詩想が優れているわけではありませんが、何となく心に残るのはそのちからです。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)

 次回も、上田三四二の言葉の音楽を聴き取ります。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 上田三四二 短歌 詩人 高畑耕治 詩歌

上田三四二の短歌(一)。一日一日はいづみ。

 ここ約百年に生まれた短歌を見つめています。『現代の短歌』で出会えた、私なりに強く感じるものがあり何かしら伝えたいと願う歌人の、特に好きな歌です。

 今回から数回、上田三四二(うえだ・みよじ、1923年・大正12年、兵庫県生まれ)の短歌です。
 私は彼の短歌を今回初めて読むことができましたが、出典の本を通読して、短歌としての言葉の音楽性、調べをいちばん感じました。このことについては次回以降に詳しく書きます。

 今回は、彼の歌の中から彼の個性から響きだした、私が特に良い、好きだと感じた十四首を選びました。
 彼は医者であり、癌を病み、生き、歌いました。生と死をみつめるまなざし、いのちを育む女性・母・乳房への思慕、愛が、生きることを感受する基調音として奏でられ流れながら、瞬間、瞬間をとらえふるえる歌は、とても美しく、私の心にこだまが響きつづけます。

 難解な言葉や奇をてらうイメージの飛躍はなくても、平易な言葉にやどる調べ、意味とイメージと音色とリズムの溶けあう流れが、短歌そして日本語の詩歌の美しい姿を教えてくれます。

 たとえば、「死はそこに」の歌は、全体が清流のようですが、「一日一日はいづみ」を彼は「hitohi hitohiwa izumi」と歌います。「ichinichi ichinichiwa izumi」とするとi音のたたみ掛ける連なりは似ていても、まずリズム感が詩想に合わず強すぎ、また、ichinichiのchiとniを含む音色は「いづみ」と断絶していて、「ひとひ」と「いづみ」がh音の弱さによりはかなく溶け合ってしまう音色の美しさが消えてしまいます。

 散文は意味が伝われば目的を達するので、敢えて「ひとひ」と読むような「無駄なこと、無意味なこと」はしません。現代は散文化した時代なので合理性を追い求め「無駄なこと、無意味なこと」は排除します。
 詩歌、文学は合理性、意味を伝えるだけの記号のプログラムでは表現できない、感じとれない「美しく、こころよく、感動すること」は「無駄なこと、無意味なこと」であろうと、人間にとって大切な価値だと感じとり伝えます。
 単純な意味伝達の道具・記号としての言葉だけでは剥ぎおとされこぼれ落ちる思いや感情までを、言葉で表現し伝えようとします。そのためにこそ言葉の細部にこだわり、感動を歌い伝える人がプロの、歌人、詩人だと私は思っています。

 短歌や詩で「食べた」「生活した」詩歌人は歴史上いません。詩歌の価値は、言葉で創られた美、感動にこそあります。詩人の肩書きで雑多な副業をマネジメントできることが詩のプロではなく、良い作品を生まない限り詩人ではなく、商売の才に長けた実業の人だと私は思います。
 脱線しましたが、上田三四二は短歌のプロだったと私は感じました。彼が医者を職としたことはこのことに関係ありません。環境に影響はされます。けれど、詩歌を天職とする生来の歌人、詩人は、どんな地に生まれようとその地に吹く風に歌をのせてさえずるばかりの、ひばり、だからです。

 それぞれの短歌の前に、所収の歌集名、刊行年と彼の年齢を記します。

               『黙契』1955年(昭和30年)、22歳。
年代記に死ぬるほどの恋ひとつありその周辺はわづか明るし
地のうへの光りにてをとこをみなあり親和のちから清くあひ呼ぶ

               『湧井』1975年(昭和50年)、52歳。
たすからぬ病と知りしひと夜経てわれよりも妻の十年(ととせ)老いたり
死はそこに抗ひがたく立つゆゑに生きてゐる一日(ひとひ)一日はいづみ
手術待つあしたの卓にゐる蜘蛛を殺しえざりきわれもわが妻も *
ちる花はかずかぎりなしことごとく光をひきて谷にゆくかも
生きてふたたび見ることのなき大きさに赤き火星の森の上にいづ
ゆふ海の渚にきみはをみなゆゑ喉ほそくいづるこゑをかなしむ

               『遊行』1982年(昭和57年)、59歳。
西方は極楽浄土ゆふやけて船ひとつかの渡海のごとし
天心の真澄(ますみ)に月の欠くるとき四方(よも)におびただしき星輝(て)りはじむ
膝いだき背ぐくまるときつぶされてつぶされがたき乳か溢れぬ
乳房はふたつ尖りてたらちねの性(さが)のつね哺(ふく)まれんことをうながす
輪郭があいまいとなりあぶら身の溶けゆくものを女(をみな)とぞいふ

               『照脛』1985年(昭和60年)、62歳。
身命(しんみやう)のきはまるときしあたたかき胸乳(むなぢ)を恋ふと誰かいひけん
武蔵野の冬の林の明るさよ落葉ふむおとはいのち生くる音  *

               『鎮守』1989年(平成元年)、66歳。
顔容の潮(うしお)の引くごとくあらたまるいまはのきはをいくたび診(み)けん

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)
*印の二首は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)から。


 次回は、上田三四二の言葉の音楽を聴き取ります。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 上田三四二 短歌 詩人 高畑耕治 詩歌

詩誌『たぶの木』4号をHP公開しました。

 手作りの詩誌『たぶの木』4号を、私のホームページ『愛のうたの絵ほん』に公開しました。
  
   詩誌 『たぶの木』 4号 (漉林書房)

 漉林書房の詩人・田川紀久雄さん編集・発行の小さな詩誌です。
 私は作品を活字にでき読めて、とても嬉しく思います。
 参加詩人は、田川紀久雄、坂井のぶこ、山下佳恵、高畑耕治です。 ぜひご覧ください。


 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。
 イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)はこちらです。絵と音楽と詩の響きあいをぜひご覧ください。
    こだまのこだま 動画  
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 田川紀久雄 坂井のぶこ 山下佳恵 高畑耕治 たぶの木

渡邉裕美詩画集『 あの人への想いに綴るうた』が発売されました。

 画家の渡邉裕美さんが詩画集『あの人への想いに綴るうた』を2月1日イーフェニックスから発売されました。
渡邉さんのブログでの発売案内はこちらです。
          あの人への想いに綴るうた

 こころ温まり、想いがひろがってゆく絵と言葉を、ぜひご覧ください。

 渡邉さんは私の詩集『こころうた こころ絵ほん』のカバー、表紙、目次扉いちめんに、作品の内容にこだまする優しい絵を咲かせてくださいました。その美しい絵の呼び掛けに、またこだまを返した私の作品が『こだまのこだま』で、こちらから、ご覧いただけます。
          こだまのこだま 動画  
イメージング動画(詩・高畑耕治、絵・渡邉裕美、装丁・池乃大、企画制作イーフェニックス・池田智子)

 こちらのアマゾンのサイトからご注文頂けます。あの人への想いに綴るうた
渡邉裕美詩画集『 あの人への想いに綴るうた』内容紹介
恋しき切ない想い、傷つき、また癒された喜び。消えてしまった「あの人」への想いを詩とイラストで綴ります。JHAA日本癒し絵協会、ドラード芸術文化連盟美術会員、サロン・ブラン美術協会準会員。詩と薔薇と水彩を愛する画家による詩画集です。

渡邉裕美紹介
JHAA日本癒し絵協会所属、ドラード国際芸術文化連盟所属、サロン・ブラン美術協会準会員、詩と薔薇と水彩画を愛する画家。
あおきメンタルケア office With [http://aokimental.sakura.ne.jp/]様と絵のオフィシャル契約。
1999年より数えて11回の個展と、全韓国Nude Croqies 400人展への日本人側招待作家としての3度の参加、ベネチア・ヴィエンナーレAU展(2003年度)での展示実績あり。
2004年度、第6回ヒロ ヤマガタ プロセス スター誕生グランプリ受賞、2004年度、2006年度の2回、二科展ポストカード大賞展入選。
blog ほっと癒される光の絵画 感謝と祈りの詩と薔薇とアートコレクション[mizunoART] http://www.mizuno-art.com/

 ☆ お知らせ ☆
『詩集 こころうた こころ絵ほん』を2012年3月11日イーフェニックスから発売しました。A5判並製192頁、定価2000円(消費税別途)しました。
 ☆ 全国の書店でご注文頂けます(書店のネット注文でも扱われています)。
    発売案内『こころうた こころ絵ほん』
 ☆ キズナバコでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
 ☆ Amazonでのネット注文がこちらからできます。
    詩集 こころうた こころ絵ほん
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 画家 渡邉裕美 詩画集 詩人 高畑耕治

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ