プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

新しい詩「死と愛。たきぎと、ぼたもち。(美しい国。星の王女さま)」 公開。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」に、新しい詩
「死と愛。たきぎと、ぼたもち。(美しい国。星の王女さま)」
を、公開しました。
(クリックでお読み頂けます)。


詩「死と愛。たきぎと、ぼたもち。(美しい国。星の王女さま)」
  ・プロローグ 死。手のひらと肌と。(母から、祖母に)
  ・たきぎと、ぼたもち。(孫から、祖母と祖父に)
  ・美しい国。憎悪咲き乱れる、
  ・星の王女さま。『続・絵のない絵本』
  ・エピローグ 愛。もういちど、みんなで。(母から、祖父に)

長い作品ですが、五つの詩篇を独立してもお読み頂けます。お好きな、お気持ちにあいそうな章を、お読みくだされば、とても嬉しく思います。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌

松尾芭蕉と近現代文学者の直筆、書の美。

 東京の下町、隅田川のほとりの芭蕉記念館を今年の4月に初めて行くことができました。松尾芭蕉(まつお・ばしょう、1644~1694年)が暮らしていた場所のすぐ近くに建てられています。河口近い隅田川の水量はとても豊かに波打っていて、ゆりかもめが気持ちよさそうに風に乗っていました。
 これまで近づかなかった俳句の世界を感じとりなおそうと最近『奥の細道』を読み返したところでもあり、また彼と与謝蕪村、小林一茶から読みなおそうと考えていることもあり、とても楽しみでした。

 近くにある深川江戸資料館を先に訪ね、江戸時代の庶民の暮らし、長屋住まいや井戸端、八百屋、茶屋、屋台などを見ながら館員さんの当時の庶民の生活についての丁寧な解説を伺うことができたので、なおさら芭蕉を親しく感じました。
  芭蕉記念館では、折りよく、常設展示に加え企画展「近現代の作家と文化人~詩歌の世界~」も催されていました。

 私が訪ねてほんとに良かったなと感じたのは、文学者たちが自分で筆をとり直接書いた、直筆の俳句や手紙の実物の文字を見ることができたことです。松尾芭蕉の手紙や短冊、「奥の細道」直筆本の複写、夏目漱石、尾崎紅葉、芥川龍之介、永井荷風、谷崎潤一郎などの俳句、短歌の短冊に、作者の息遣いを感じ、個性がにじんでいて、感動しました。

 毛筆で流暢に、また癖の強い字体で、書き流された作者ごとに異なる文字のかたちを感じると同時に、その日本語の文字を読み取れないことを私はとても残念に思い、前から感じつつできずにいたことですが、古典の直筆を読めるようになろうと思いました。

 本屋で探し見つけた次の二冊の本には、古典から近現代までの、歌人、作家の直筆写真がたくさんあり、とても楽しく学ぶことができました。藤原定家、高村光太郎の直筆などを見ると、心の深みにある文学を愛する思いを揺り動かされ、私も良い作品を生めと、励まされている思いがします。
 たとえば、藤原定家は和歌のイメージから繊細な薄墨のかすれた細い字体を思い浮かべますが、直筆は、太く濃く幅のある四角ばった字体(書道でそのアクの強さから流派が生まれたそうですが)で、驚きます。
 一方、芥川龍之介の直筆は、彼の神経がそのまま文字になったように私には見えました。文字は人を表すのでしょうか。とても興味深く感じます。

 芭蕉の『奥の細道』や俳句の短冊の直筆は、素人目にも、精神性のある、流れと変化のある、書の美というものを教えてくれます。

『入門 日本語のくずし字が読める本』(角田恵理子:つのだ・えりこ、2010年、講談社)。
『実践 日本語のくずし字が読める本』(角田恵理子:つのだ・えりこ、2011年、講談社)。

 とても良い本です。おかげでようやく、この本にある一覧表と照らし合わせつつなら、芭蕉の短冊を読めるようになりました。

 なぜ、私が明治期までの歌人、文学者たちの文字を、今と変わらぬ日本語でありながら、まったく読めなかったか、読める喜びを知らずにいたのか、断絶はどこにあったのか、ようやく知りえたこと、変体仮名について、次回は記します。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 松尾芭蕉 詩人 高畑耕治

吉川宏志。梅内美華子。歌の花(四八)。

 出典の2冊の短歌アンソロジーの花束から、個性が心に響いてきた歌人について好きだと感じた歌の花を数首ずつ、私が感じとれた言葉を添えて咲かせています。生涯をかけて歌ったなかからほんの数首ですが、心の歌を香らせる歌人を私は敬愛し、歌の美しい魅力が伝わってほしいと願っています。歌の花の連載は今回で終了となります。

出典に従い基本的には生年順です。どちらの出典からとったかは◆印で示します。名前の前●は女性、■は男性です。

■ 吉川宏志(よしかわ・ひろし、1969年・昭和44年宮崎市生まれ)。

夕闇にわずかに遅れて灯りゆくひとつひとつが窓であること  ◆『青蟬』1995年・平成7年
◎ひとつひとつわずかに遅れて灯る窓をとおして、窓のなかの部屋とそこにいる人に想いを馳せさせる歌。自然に人を想うということが、心を暖かくすることを、思い出させてくれるような、なつさしさを感じるような歌です。直接言葉にしないことで逆に想像がゆたかになる、文学の一面を良く伝えてくれます。

風を浴びきりきり舞いの曼珠沙華 抱きたさはときに逢いたさを越ゆ  ◆
◎男性としても自らの、愛する女性にたいする愛情と性的な欲望に揺らめく想いの姿を、真っ赤な細い曲線を風に揺らすまんじゅしゃげ、彼岸花の姿に重ねています。歌の色調が明るいのは、赤い花のイメージとともに、調べの主調がアA音だからです。「kAzeoAbi kirikirimAino mAnjyushAge dAkitAsAhAtokini AitAsAokoyu」、57577の2番目の7以外のすべての初音の母音がアA 音で頭韻していうことでその印象が強まっています。

「母さんのふとんも敷け」とおさな子は声しぐれたり妻の居ぬ夜に  ◆
鳳仙花の種で子どもを遊ばせて父はさびしい庭でしかない  ◆
◎父親の子どもへの想いの歌。一首目は、「声しぐれたり」という詩句におさな子の姿が鮮やかに感じられます。子どもの母親への愛着の強さを示すことで、母子を愛情で包み讃えているような、優しさがよいと感じます。
 二首目はとても素直な気持ちの吐露ですが、ホウセンカの種に託して、子どもの成長と将来の旅立ちを願う気持ちと寂しさが、よく伝わってきます。

● 梅内美華子(うめない・みかこ、1970年・昭和45年青森県生まれ)。

一度にわれを咲かせるようにくちづけるベンチに厚き本を落として  ◆『横断歩道(ゼブラ・ゾーン)』1994年・平成6年
みつばちが君の肉体を飛ぶような半音階を上がるくちづけ  ◆
◎二首ともに、くちづけを、鮮やかに歌っています。一首目は、「われを咲かせる」という詩句に熱いいのちがあってよいと感じます。二首目は、「肉体」と言葉もあり、より肉感的です。くちづけに「みつばち」を見つける感性、「半音階上がる」音を聴きとる感性に、若いいのちの、愛しあう悦びがあふれています。

シャワーにて髪を濡らしているときにふと雨の木になりて立ちおり  ◆
◎シャワーに濡れる髪と女性の体の曲線に流れはねる滴の透明感が、雨のなか立つ木の姿と重なって浮かび上がり、美しいと感じます。

わが首に咬みつくように哭(な)く君をおどろきながら幹になりゆく  ◆
重ねたる体の間に生るる音 象が啼いたと君がつぶやく  ◆
◎より性的に濃密な交わりの時を歌う二首。一首目の「首に咬みつくように哭く」という詩句は男性をよく捉えています。「幹になりゆく」というのは女性にしかわからない感覚だと、新鮮に感じます。
 二首目は、上句で男女の交わりをそのまま言葉にしていますが、「象が啼いた」という、とっぴな感じ方にあるユーモアが歌をやわらかく包んでいると感じます。作者が愛し合うこと、愛し合う時間を好きで、大切に感じとらえているので、この歌人の性愛の歌には清らかさを感じ、私は良いと思います。

 出典の二冊を媒介に、個性的な歌人たちの歌の花を感じとってきました。今回で終了しますが、彼らに続く世代の歌人たち、新しく咲いている歌の花を、今後また見つけ、別の機会に感じとっていきたいと、願っています。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。
◆印をつけた歌は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)
から。

次回からは別の主題で、詩歌を見つめ感じとっていきます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 吉川宏志 梅内美華子 短歌 歌人 詩歌 詩人 高畑耕治

辰巳泰子。笹の船に乗らうか。歌の花(四七)。

 出典の2冊の短歌アンソロジーの花束から、個性が心に響いてきた歌人について好きだと感じた歌の花を数首ずつ、私が感じとれた言葉を添えて咲かせています。生涯をかけて歌ったなかからほんの数首ですが、心の歌を香らせる歌人を私は敬愛し、歌の美しい魅力が伝わってほしいと願っています。

出典に従い基本的には生年順です。どちらの出典からとったかは◆印で示します。名前の前●は女性、■は男性です。

● 辰巳泰子(たつみ・やすこ、1966年・昭和41年大阪生まれ)。

午後。唇(くち)といふうすき粘膜にてやはく他人の顔とつながる  『紅い花』1989年・平成元年
◎冒頭の、「午後。」の句点(まる。)が生む間(ま)から劇的な情景が拡がる、印象的な歌。口づけの表現の仕方に、虚無的、投げやりな感じの、この歌人の個性、詩的世界が浮かびあがっています。

ただ海のかはらぬ貌をたしかめに休日を雨の港へと寄る
◎映画のような世界ですが、孤独感の吐露もこの歌人の魅力だと感じます。「かはらぬ貌をたしかめにKAwArAnuKAOO tAshiKAmeni」という詩句に、思いの強さと響きの強さを感じます。

橋桁(はしげた)にもんどりうてるこの水はくるしむみづと決めて見てゐる
◎この歌も映像的です。「もんどりうてる」という詩句が、苦しみの暗い情感をとらえ、激しく波立たせ響かせます。

いとしさもざんぶと捨てる冬の川数珠つながりの怒りも捨てる
◎詩句「ざんぶ」に、水の音としぶきと情感がこもって強さがあります。「数珠つながりの」という「怒り」を形容する詩句にも情念を掬い上げ響かせています。「いとしさ」も「怒り」も、心の表情、強い感情、感動です。心に響く歌には、感動の強さが必ずあると私は思います。

乳ふさをろくでなしにもふふませて桜終はらす雨を見てゐる  ◆
◎これも映画のような歌ですが、投げやりな雰囲気が「ろくでもなし」、「ふふませて」という詩句から漂っています。「桜終はらす雨」の音が聞こえ、男女の汗のにおいと体温も三十一文字の世界にこもって感じられる歌です。

骨太く胸たくましく育つともかく抱かせよわが死の際(きは)に  ◆『アトム・ハート・マザー』1995年・平成7年  
◎母親が赤ちゃんに語り聞かせる言葉に愛と願いが響いていて美しい歌だと感じます。赤ちゃんでありながら成人した男の肉体、性意識が底に響いていることに、この歌人の個性の強さを感じます。

つらぬきて子を持たぬ生もはや無くだぶだぶとせつなさの袋のごとき子  ◆
◎子を生涯産まない生き方も選択肢として意識して迷いつつ生きたうえで、子を産んだ、その想いを歌っています。
「だぶだぶとせつなさの袋のごとき子」という詩句には、感動の強さがあります。「せつなさ」、愛がつめこまれているようで、心に迫ってくる歌です。

にんげんら屠りあふ日も海渡る燕(つばくらめ)あり地を瞰(み)ずにとべ  ◆
◎この歌人の虚無的な眼差しが生まれてくる源には、人間と人間の社会のあり様を見据える眼差しがあることを教えられる歌です。戦争だらけ、殺し合い奪い合い蹴落とし合いだらけの、人間がひしめく地上を厭う思いは私にもあり、そらを飛ぶツバメに託して、歌に昇華させていることに共感します。否定的な表現のようで、生まれてきた源にある、願いを反語として、歌いあげていると、私は思います。

こんなところでわたしの乳に触れたがるおまへと笹の船に乗らうか  ◆
◎乳幼児の子どもに歌いかける言葉に、愛の歌人だと感じます。「笹の船」に乗れるはずもなく、乗れば沈んでしまうのを承知で歌う言葉には、メルヘン世界の愛と死の景色、無常観、「死のうか」という無言の声が重ねられて聞こえてきます。

 心の扉の奥深く隠された感情を抉り出すこの歌人の歌は、自虐性と痛みをも感じさせますが、それができるのは、いのちを見つめ、感じとる感受性のゆたかさと、つかんだ感動の強さを詩句に織りなす歌人として創作力を持っているからだと、私は思います。
 前回とりあげた俵万智とともに心と感情をとらえ愛を歌う女性ですが、表現する心の表情が極端に正反対で違っていることに、二人の個性の輝きを私は感じます。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。
◆印をつけた歌は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂
から。

次回も、美しい歌の花をみつめます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 辰巳泰子 短歌 歌人 詩歌 詩人 高畑耕治

詩誌『たぶの木』6号をHP公開しました。

 手作りの詩誌『たぶの木』6号を、私のホームページ『愛のうたの絵ほん』に公開しました。
  
   詩誌 『たぶの木』 6号 (漉林書房)

 漉林書房の詩人・田川紀久雄さん編集・発行の小さな詩誌です。
 私は作品を活字にでき読めて、とても嬉しく思います。
 参加詩人は、田川紀久雄、坂井のぶこ、山下佳恵、高畑耕治です。
 今回6には、私が敬愛する、人間の魂を見つめ問う祈りの詩を紡がれる詩人・神谷恵(かみや・めぐみ)さんが、詩「お手をどうぞ」をお寄せくださいました。神谷さんは小説家でもあります。 
 ぜひご覧ください。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 神谷恵 田川紀久雄 坂井のぶこ 山下佳恵 高畑耕治

新しい詩「東北、恋。海と牛と少女に」をHP公開しました

俵万智。口語心に響き。歌の花(四六)。

 出典の2冊の短歌アンソロジーの花束から、個性が心に響いてきた歌人について好きだと感じた歌の花を数首ずつ、私が感じとれた言葉を添えて咲かせています。生涯をかけて歌ったなかからほんの数首ですが、心の歌を香らせる歌人を私は敬愛し、歌の美しい魅力が伝わってほしいと願っています。

 出典に従い基本的には生年順です。どちらの出典からとったかは◆印で示します。名前の前●は女性、■は男性です。

● 俵万智(たわら・まち、1962年・昭和37年大阪生まれ)。

寄せ返す波のしぐさの優しさにいつ言われてもいいさようなら  『サラダ記念日』1987年・昭和62年

◎彼女の歌は、日常の言葉そのままの、力まない柔らかな口語であること、会話と同じように意味を伝えることを大切にしていること、これらが優れている歌ですので、共感、いいなという想いが多くの読者の心に自然に生まれるのだと感じます。
 言葉の調べも美しく、「しぐさSIguSA」「優しさyaSASISA」「さようならSAyounara」の、子音S の「さSA」音と「しSI」音の響きあいと、「いつ」Itu「言われてもIwaretemo」「いいII」の「イI」音の重なる押韻がとても自然に響いてきます。

落ちてきた雨を見上げてそのままの形でふいに、唇が欲し

◎イメージが自然に眼に浮かんできます。「ふいに、唇が欲しHOSI」は、「欲しい」の「い」を切り落としていることで、無音の感情の余韻が響きます。
 恋の歌であることも、幅広い年代の読者に好まれるいちばんの理由だと思います。詩歌、短歌がいちばん魅力的な輝く爽やかな表情をみせてくれるのは、恋の歌だからです。

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

◎とても自然に共感する恋の歌です。「寒いね」という言葉の交わしあいが聞こえてくるようです。最後の「あたたかさAtAtAkAsA」はひらがなで一字ずつひろう5文字の母音がすべて明るい音色の「アA」音で、5回重ねて奏でられ、ぬくもりを増しています。

今日まで私がついた嘘なんてどうでもいいよというような海

◎日常での日常語で浮かぶ思いそのままの詩句「どうでもいいよというような」が、短く一語で対比される「海」を大きく印象深く心に浮かびあがらせます。

潮風に君のにおいがふいに舞う 抱き寄せられて貝殻になる  ◆

◎「君」という一語が、青春期の男女の恋の情景を香らせます。ジャン・コクトーの詩の堀口大学訳との木魂が、作者の意識にあったのではないかと思います。どちらもいいなと、感じます。
   私の耳は 貝の殻 
   海の響を懐かしむ    

なんでもない会話なんでもない笑顔なんでもないからふるさとが好き

◎「なんでもない」を三回くりかえし強調してから、反語となって最後に置かれた言葉「好き」が心に残ります。詩の作者として私も、作品のなかに「好き」と響かせるのが好きですので、共感します。

散るという飛翔のかたち花びらはふと微笑んで枝を離れる  『風のてのひら』1991年・平成3年

◎映像的な魅力と、調べの流れの変化が美しいと感じます。「散るCHIru」「飛翔hIshou」の母音イI音の頭韻、「かたちkataCHI」の「ち」との響き合い、中間部「かたち花びらはkAtAchi hAnAbirAwA」は母音アA音を重ね、後半部「ふと微笑んで枝を離れるfutOhOhOEndE EdaOhanarEru」は、この歌の感動の中心ですが、母音オO音とエE音が耳に快く微笑んでいるようです。

やわらかな秋の陽ざしに奏でられ川は流れてゆくオルゴール

◎この歌もイメージと言葉の音楽が溶け合い流れています。「やわらかな秋の陽ざしに奏でられ川は流yAwArAKAnA AkinohizAsini KAnAderAre KAwAwA nAgA」このまでは母音アA音が主調で、特に「かKA」音が輝きます。転調し、「れてゆくオルゴールrEtEyUkUOrUgOOrU」母音エE音、ウU音、オO音に流れのきらめきの表情を変化させています。

眠りつつ髪をまさぐる指やさし夢の中でも私を抱くの  ◆『チョコレート革命』1997年・平成9年
水蜜桃(すいみつ)の汁吸うごとく愛されて前世も我は女と思う  ◆
焼き肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き  ◆

◎これら三首は、少女の恋の時代は過ぎて、男女の性と生活の意識も深まり織り混ぜられた、愛の歌です。
 それでも三首目で「好き」という言葉を選ぶところに、怒り、悩み、苦しみといった心の他の表情は少しも見せずに、明るく優しく温まる微笑のような恋の歌、愛の歌を咲かせる、この歌人の個性、人柄、創作意識があるのだと私は思います。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。
◆印をつけた歌は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)から。

次回も、美しい歌の花をみつめます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 俵万智 短歌 歌人 詩歌 詩人 高畑耕治

加藤治郎。大辻隆弘。紀野恵。歌の花(四五)。

 出典の2冊の短歌アンソロジーの花束から、個性が心に響いてきた歌人について好きだと感じた歌の花を数首ずつ、私が感じとれた言葉を添えて咲かせています。生涯をかけて歌ったなかからほんの数首ですが、心の歌を香らせる歌人を私は敬愛し、歌の美しい魅力が伝わってほしいと願っています。

 出典に従い基本的には生年順です。どちらの出典からとったかは◆印で示します。名前の前●は女性、■は男性です。

■ 加藤治郎(かとう・じろう、1960年・昭和35年名古屋市生まれ)。

鋭い声にすこし驚く きみが上になるとき風にもまれゆく楡  『サニー・サイド・アップ』1987年・昭和62年
もうゆりの花びんをもとのもどしてるあんな表情を見せたくせに

◎二首ともに、男女の心と体の交わりをストレートに口語で表現しています。
 一首目は男性が感じる女性を歌っています。性愛を歌いながら露骨描写と感じないのは、愛する女性の比喩に選び取った詩句「風にもまれゆく楡」のイメージによります。
 二首目は、愛の交わりの後の男性の心そのままの日常語による歌です。「もどしてる」という口語に、女性の仕草をおう眼差しがあり、「あんな表情を見せたくせに」にも、男女の情交、性愛が濃密です。
日常の男女の性の口語表現として、読者の好き嫌いは分かれると思います。

■ 大辻隆弘(おおつじ・たかひろ、1960年・昭和35年三重県生まれ)。

点描の絵画のなかに立つごとく海のひかりに照らされており 『水廊(すいろう)』1989年・平成元年

◎後期印象派の点描画は、ひかりを絵として美しくとらえるので、私は好きです。「海のひかり」「照らされて」という二つの単純な詩句が、「点描の絵画」という詩句で生かされています。海そのものの輝きと、絵のイメージが、重なり合って心に浮かび、美しいと感じる歌です。

● 紀野恵(きの・めぐみ、1965年・昭和40年徳島県生まれ)。

手すさびに折れば匂へる蕗の香のかなしかりけり折れば匂へる  『さやと戦げる玉の緒の』****年

◎最後にもういちど繰り返される「折れば匂へる」の響きに込められた、歌人の内省と余情が、「蕗の香」となって匂ってくるように感じます。

ゆめにあふひとのまなじりわたくしがゆめよりほかの何であらうか

◎夢と現(うつつ)の境をいききするような詩想の淡さを、ひらがなの曲線のやわらかさが、かもしだしているようです。「あふひと」も「わたくし」も夢にいるのか現にあるのか、どちらがゆめなのか、わからなくなるような、ふたしかさにさまよってしまうように、感じる不思議な魅力を感じる歌です。

晩冬の東海道は薄明りして海に添ひをらむ かへらな

◎一呼吸の間(ま)を置いて最後に置かれた詩句「かへらな」の、古風さが魅力の歌です。今使われないこの古語がこの歌のいのちなので、読者の好き嫌いが分かれる気がします。歌集のタイトルからも、古典への関心が強い歌人だと思いますが、受け継がれてきた言葉の歴史をさかのぼって知り、感じることは、とても大切なことだと私は考えています。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。
◆印をつけた歌は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)
から。

 次回も、美しい歌の花をみつめます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 加藤治郎 大辻隆弘 紀野恵 短歌 歌人 詩人 詩歌 高畑耕治

水原紫苑。死生、愛と美。歌の花(四四)。

 出典の2冊の短歌アンソロジーの花束から、個性が心に響いてきた歌人について好きだと感じた歌の花を数首ずつ、私が感じとれた言葉を添えて咲かせています。生涯をかけて歌ったなかからほんの数首ですが、心の歌を香らせる歌人を私は敬愛し、歌の美しい魅力が伝わってほしいと願っています。

 出典に従い基本的には生年順です。どちらの出典からとったかは◆印で示します。名前の前●は女性、■は男性です。

● 水原紫苑(みずはら・しおん、1959年・昭和34年横浜生まれ)。

 とても繊細な感性で言葉の泉からふるえ輝く詩句をすくいあげるような叙情歌人です。どの歌も美しく、私はとても好きです。

光線をおんがくのごと聴き分くるけものか良夜眼(まなこ)とぢゐる  『びあんか』1989年・平成元年

◎「良夜」という詩句から、月のひかりを浴びて息する「けもの」、生き物である身をみつめます。「光線をおんがくのごと聴き分くる」という詩句は、光線を感じとることでも、音を聴き取ることでも、他の「けもの」に劣っている人間が、繊細な感性と感受性のみずみずしさを失わない人間であることで、初めてできること、詩心を抱くことです。心に響く詩句です。

透明の伽藍のごとく楽章がその目に見ゆる青年を恋ふ

◎恋の歌。抒情の歌の本質は、恋愛、恋の歌の調べにこそふるえます。詩想の美しい透明の「伽藍GAran」「楽章GAkushou」の荘重さを、頭韻しあうGA音、子音G音が響かせています。最後の詩句「恋ふKOU」は、静かに閉じる、もの思いにふける音色で余韻を響かせます。旧なかづかい「ふ」は「ウU」と発音はしても、はかないため息のような子音F音を無音でふくみふるわせるので、切なさがまして感じられます。

からまつの天に向かひて落ちゆけり神やはらかに梢(うれ)を引く朝

◎静かな映像のようなイメージを呼び覚ます歌。水溜りに映る青空と落葉松の梢の円錐の中心深くにひそむ神に引かれ吸い込まれていくような感覚です。ここでは水溜りは使わずに、見上げる空に伸びるゆく梢の枝先に囲まれた中心点の空に吸い上げられてゆく感覚を、落ちゆくと美しく歌ています。歌人の感性の繊細さを感じる歌です。

われらかつて魚(うを)なりし頃かたらひし藻の蔭に似るゆふぐれ来たる

◎この歌も歌人の感受性のゆたかさがふるえます。「ゆふぐれ」を、「魚だった昔に語らい合った藻の蔭に似ている」と感じ、歌うのは、すごいなと思います。

まつぶさに眺めてかなし月こそは全(また)き裸身と思ひいたりぬ

◎素直な歌ですが、月の心、月の気持ちを自分とおなじように感じ、裸身である月と宇宙空間を越えて、交感しあっています。「かなし」という詩句が月光のように清澄に響いてきます。

風狂ふ桜の森にさくら無く花の眠りのしづかなる秋  ◆

◎新古今和歌集の藤原定家の歌「見わたせば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋(とまや)の秋の夕暮」と木魂するような象徴詩のような歌です。「桜の森」「さくら」「花」と詩句を繰り返すことで、イメージとしての桜を想起させながら、花はすでに散り枯れ枝に風が吹き抜ける情景をより強めて歌います。無いものを、象徴的に見せる技法です。
もう一点、「風狂ふ」風の強さと、今は散ってもう無い桜の「花の眠りのしづかなる」静けさの対比、コントラストが心に強い印象を残します。

魚(うを)食めば魚の墓なるひとの身か手向くるごとくくちづけにけり  『びあんか』以後

◎魚のかなしみを感じる感受性がとても好きです。この歌の「手向くるごとくくちづけ」ているのは、食べている歌人自身の魚への祈りでもあり、魚の墓である歌人に食べられようとしている魚の祈りでもあると感じます。「くちづけにけりKuCHIzuKEnIKErI」という詩句に子音K音、チCHI音の鎮魂の鐘の音色を沁みこませていて、最後の母音E +I音の変奏「けに」「けり」も、かなしく心に響き続ける歌です。

死ぬるまで愛しあふ鳥 死を越えて愛しあふ鳥 白ふかきいづれ  ◆『客人』1997年・平成9年

◎死と愛の抒情詩。生の極みである死と愛を歌い、その究極の価値を「白の深さ」、純白であることに置いていて、心を染められる想いがします。白い鳥に死生をわたる象徴をみる、記紀歌謡の頃から日本詩歌の伝統に根ざしています。より広く、不死鳥、フェニックスも重ねて感じられます。美しい歌です。、

桜桃の対幻想のくれなゐのまばたきさへも責めらるるかな  ◆

◎つながる二つぶのさくらんぼの紅に、愛と性の象徴をみて、時間を止めます。静止画のような沈黙の瞬間の美があります。冒頭は「OUtOUNO tuigensOUNO kurenaiNO」は、母音OUと「のNO」音の調べ、最後の「らるるかなRARURUKANA」の調べも美しく響きます。「まばたきさへも責めらるる」と感じる感性の感度の鋭さが、時間が止まり音が消える美を、この歌に立ち上らせています。

きらきらと冬木伸びゆく夢ににて太陽はひとり泪こぼしぬ  ◆

◎童話の心が息づいている優しい歌。太陽の心、太陽の孤独をともにを感じて歌うのが、歌人、詩人です。美しい絵本の頁を心に開いて、絵を見つめているような気持ちになれる、好きな歌です。とても優れた抒情歌人だと思います。

出典:『現代の短歌』(高野公彦編、1991年、講談社学術文庫)。
◆印をつけた歌は『現代の短歌 100人の名歌集』(篠弘編著、2003年、三省堂)
から。

 次回も、美しい歌の花をみつめます。

続きを読む »

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 水原紫苑 短歌 歌人 詩歌 詩人 高畑耕治

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ