プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

詩想(二八) こころの足跡10

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。

 今回は「こころの足跡10」私の率直な想いです。

 ☆

わたしはひねくれてるな。青年期から。なんとか生きていられているのは、360度、もしかしたら、何回転かひねくれ転がって、たまたま、日常との誤差の範囲にまだいるだけのような、気もします。極私的自省です。

 ☆

でも、ひねくれものだからこそ、ひねくれないものを、ほんとは感じられる、ような気は、まじめに、します。極私的自省です。

 ☆

孤独癖。孤独を好むのは打算じゃないから悪じゃない。変わり者との視線に刺されても。打算の社交より、孤独ないのちの交わり、ひとりでは生きられないことを感じられるから、鈍くならないために孤独はいい。ずっと孤独は、私には耐えがたいけど。極私的自省です。孤独が好き、でも、嫌い。

 ☆

ひねくれてると、自分を感じて、責めてしまうことは、たぶん、わけのわからない、宇宙の時空のなか、腐りきった社会のなか、それでも、なにか、ひとのほんとはあると感じずには、言わずにはいられない、願いの、あらわれ、かなしみ、のような気がする。わけわからなくても。極私的自省です

 ☆

宇宙を、世界を、社会を、理解していて、人が制御できると、いま、平気で、公言できる者は、ただ、勉強不足か、悪質な嘘つき、だと思います。あふれかえるでたらめの波を、泳ぎわたるのは、つらくても、耐えるのは、そんなやつらばかりじゃないと、知ってるから。

 ☆

まじめな追記です。いつもまじめ過ぎますが。信じること、信仰は、いのちの選択、個の切実な行為だと、思っています。信仰であっても、集団は個を歪めることもあるので、善悪両面を持つと思っています。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん

詩想(二七) 詩と文学18 一市民として12

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。

 今回は「詩と文学18」と「一市民として12」私の率直な想いです。

詩と文学18

 ☆

和歌はもちろん好きですが、古典、古文を読んでいると、川の源流にさかのぼったような、故郷に帰れたような、母と再会できたような、穏やかな、なつかしい、ゆったりした、子ども時代のように好きなものに素直な気持ちになれて、嬉しいです。
言葉への感性がよみがえる気がします。

 ☆

青春期に林芙美子の『放浪記』を読んでとても心に響き好きになりました。今日、詩を推敲しながら、彼女のことを少し調べました。享年47歳。激しく生き尽くした女性。わたしは彼女のような行動者ではなく年齢も越えてしまいましたが、書き尽くしたい意思、死ぬまでこだまする、心響きあう女性です。

 ☆

平安時代の歌論『俊頼髄脳』を時間を見つけてはゆっくり読んでいます。執筆者の源俊頼の筆と伝えられる『古今和歌集』の美しい筆の流れを見て感じます。好きな歌、詩を、書き写すことは、こころをとてもゆたかにしてくれる。

 ☆

藤原定家もとても多くの古典を書き写しているけれど、書きながら言葉の響きを感じとり、感性を磨き、感受性をゆたかにして、和歌を生みだす力にしていたのだと思います。好きだな、いいな、と感じることほど、生きていくねがいを励ましてくれるものはないと思います。

 ☆

ドストエフスキーも小説『白痴』のなかで、ムイシュキンに、ロシア語の、昔からの様々な文字の形、字体の美しさを語らせているけれど、筆跡の美しさにたいする感性は、絵画を感じるこころそのものだと思います。


一市民として12

 ☆

武器輸出、原発再稼働に熱心な企業家、政治屋。大日本帝国憲法下の富国強兵の過去未だに信望して。金持ちの男だけの参政権、徴兵。資産家の目先の儲けが未来。庶民は皆兵、道具としか見ていない。暗愚なお上に盲目に子供たちの未来壊してはいけない。

 ☆

法治国家、法治社会で憲法学者の声さえ無視し主権者から公約違反の「無法者」「憲法壊す者」と訴えられてしまう者が法が定める職にしがみついてどうしていいのだろう? 
おかしいという主権者の声を封じ込めようとできるような者が、どうして民主主義の未来をより良く切り拓けるのだろう? 無理有害。

 ☆

ひどい。航空機を利用しただけで突然殺されて。ひどい。ガザに生まれただけで突然殺されて。よりよい未来のために殺すための兵器を作って儲けるんだと、酷すぎるな、この国の政治屋。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

新しい詩「流れ星のひと」、「栗のうた」をHP公開しました。

詩想(二六) 心の足跡8 詩と文学17

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。

 今回は「心の足跡8」と「詩と文学17」私の率直な想いです。

 心の足跡8

お人好し、性善を思う者、自分だけではなく他のひとも、そう感じてしまう生まれつきのやわなこころは、この世この社会では、こころ微塵切りにされ、ひりひり辛くて痛くてたまらない。
けど、他のひとのこころ、微塵切りにするよりはとためらい、微かにでも思えるひとが、微塵切りにされてるわたしは好き。


 詩と文学17

古今和歌集の、秋の巻、冬の巻を、今読み返し終え想う。紅葉も雪も、この梅雨の季節には無縁な感じること不可能なものだけれど。
文学、詩歌は、季節を、時を越えて、今、このこころに描き出し響かせてくれるから、見つめ、聴き、触れることができる。
時と空間を越えるこだまに、惹かれます。

 ☆

七夕は昨日すぎましたが、七夕が感じとらせてくれた感動、強い想いは、時に閉じ込められないから、作品にして、響かせたいと願っています。こころに七夕、いつでも宿ってくれますようにと、想いを込めて。

 ☆

世界標準時が可能な限りの精度で星のうえの誰もに刻み押し付けてくれるものだけが時間じゃないと、文学、詩歌は、感じとらせてくれる。
こころは、そんな標準の今を越えて、想うままに、過去、死んだひととも、未来、これから生まれくるひととも、対話できる、ゆたかな、自由な、感受性なんだと。

 ☆

新しい詩「七夕の、雨ふる夜に」の創作、推敲を続けています。想いと願いと体力を注ぎ込んだ分、少しだけ、表情のゆたかさを増して、ふくらんでくれたような気がします。生まれてくれる瞬間まで、わたしをとおして詩作品が産声あげるために必要とするものを注ぎ込みます。

 ☆

新しい詩に今日も向き合い感じて、もう少しでうまれてくれるかな?という体感と、まだ、生まれるには育ちきっていないかな?という想いが、こころに入り交じっています。生まれてくれるまで、むきあいます。

 ☆

出産、分娩が、どんなものより尊いのは、締め切りに追われての職業ではなく、なによりも、生みたい気持ち、ねがいを、命のおおきな営みに投げ込み委ねる、ひとりの命をかけた、けんめいな営みだからだと思います。
創作はその行いに、近づきたいという強い願い、わたしにとってはそうです。

 ☆

創作に没頭すると、とても疲れ切りますが、生まれた瞬間、いつのまにか疲労も喜びでしかなくなっていて。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

詩想(二五) 詩と文学16

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。

 今回は「詩と文学16」私の率直な想いです。

 ☆

読書は後回しにしても、ちいさなうたの花咲かせようと、種を芽吹かせようと、土になりきりたい気持ちであたためています。
たまご抱く母親鳥にまなびたいと、胸にくるみあたためています。

 ☆

生むことが不安なのはたぶんとても自然なんだ。
大切に抱きすぎて卵押しつぶさないよう願いつつ。

 ☆

詩のいのちは、伝えずにはいられない想い、(喜怒哀楽の表情は違っても)感動だと思います。
それがあるなら、言葉つたなくても、ひとの心には、響き、ゆりうごかしてくれる。
それがないなら、言葉どんなにうまくても、ひとの心に響く、文学までにはなれない。
とてもあたりまえの、大切なこと。

 ☆

ほんとは言わずにいられないことなんて何もないきれいな文章より、稚拙なんてきめつけられようが切実なラブレター、ポエムが、私は好き。
詩は、愛の告白。かなえたい、かなえられない、かなえられなかった、切実な、こころの告白。

 ☆

ちいさなうたの花、今週末、土曜日か日曜日に咲いてほしいと、創っています。心の天気はかわりやすく、まだできるかわかりません。
雨も光も、花には大切。ふりそそげ。

 ☆

平安時代の歌論書『俊頼髄脳』を読んでいます。論自体より、例歌が多くとりあげられているのを嬉しく感じます。
和歌を読みすすめるうちに、日本語の調べ、音色と旋律、リズム感が、呼び覚まされ、少しずつ蘇生する思いがします。

 ☆

古今和歌集の、秋の巻、冬の巻を、今読み返し終え想う。紅葉も雪も、この梅雨の季節には無縁な感じること不可能なものだけれど。
文学、詩歌は、季節を、時を越えて、今、このこころに描き出し響かせてくれるから、見つめ、聴き、触れることができる。時と空間を越えるこだまに、惹かれます。

 ☆

七夕は昨日すぎましたが、七夕が感じとらせてくれた感動、強い想いは、時に閉じ込められないから、作品にして、響かせたいと願っています。
こころに七夕、いつでも宿ってくれますようにと、想いを込めて。

 ☆

世界標準時が可能な限りの精度で星のうえの誰もに刻み押し付けてくれるものだけが時間じゃないと、文学、詩歌は、感じとらせてくれる。
こころは、そんな標準の今を越えて、想うままに、過去、死んだひととも、未来、これから生まれくるひととも、対話できる。
ゆたかな、自由な、感受性と響きあいたい。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「花のいのち」、「かなかな」、「愛するあなたが」、「ひとだから」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「野の花・ちいさなうた」に新しい詩の花を公開しました。
                              (クリックでお読み頂けます)


・野の花・ちいさなうた

 「花のいのち」

 「かなかな」

 「愛するあなたが」

 「ひとだから」

お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

新しい詩「うぶごえと」「儚く強く」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「野の花・ちいさなうた」に新しい詩の花を公開しました。
                              (クリックでお読み頂けます)


・野の花・ちいさなうた

 「うぶごえと」

 「儚く強く」

お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。





関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩想(二四) 一市民として11

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。

 今回は「一市民として11」私の率直な想いです。

 ☆

好きでない政治にまどわされずに、自分がほんとうに没頭したい、愛するひとと向き合いたい、大切なひとと伝えあういたい、文化を芸術を、音楽を絵画を演劇を、文学を漫画をアニメを、スポーツを感じて生きたい。民主社会なら無関心でいられても御国のためと嘘言で侵し奪おうとする者には、心から怒る。

 ☆

人が進化するとか進歩するとか思えないけど。この島国に生きてきた人たちは、村八分社会から、戦国時代、明治維新、日清、日露、中国、太平洋戦争でそれが愚かで無益だと考えられる地域だけは広げてきた。今この星の球面でまだ、戦争を愚かだと伝えようとしない者など指導者なんてとても呼べない。

 ☆

酷い政権だ。政治と呼ぶことすら、ためらわれる。人間の愚かさと嫌らしさ狡猾さの群がり。人間らしさ、誇り、ヴイジョンのないものは、続きはしない。怯えてるから無理強いをして、没落をたぶん早めた。

 ☆

傲慢にふんぞり返っていられるのは、ほんのひととき。未来の子供たち、若者たちからは、愚かさ呆れ返られる行いをしてしまったな。あわれ。
人間を馬鹿にするものからは、人間らしさは、剥がれ落ちていく。心に鏡を持たない裸の王さま。反面教師に、とても恵まれている社会。未来から蔑まれる選択に溺れた愚かもの。あさましく、やはり、あわれ。

 ☆

人が人に対して人を殺せと、命じられる血統も職務も資格も権利も、ないと、私は思っています。ある認めてしまう集団、社会、契約、法律、道徳には、どこかに必ず、人間を貶める、嘘がある。そのことに、最も敏感なのは、宗教、信仰を見つめるひと。公明党、仏教を貶めたな。党利党略の政治屋だ。

 ☆

補足。宗教と殺人についての言葉は、本当の信仰者を貶めるなとの怒り。宗教を大義にした愚かな宗教戦争は歴史を埋め尽くしてる。大東亜戦争の神道まで。政教分離できない理性少ない為政者たちに、気をつけないと。

 ☆

自分たちの主張こそ論理正しいものだと疑わずに平然と押し付けられるものぼど、熱中症に理性奪われている者はいないから、騙されてはいけないと思います。

 ☆

明治維新の志士と、今の政治屋の、ごまかせない違いは、維新の人たちは、自ら死ぬことの危険を選び、耐え、自分が死んだ。今の政治屋は、他者を利用して自らが死なないようにと術策ばかりに血眼。命かけ死んだ若者たち、未来ある若者たちを、偽り、騙し、利用する、下劣な浅ましさ、恥を知れ。

 ☆

ユーゴー、レ・ミゼラブルは、ほんものの文学で、心うつ。同じような社会が、この島国にまかり通りそうな今。文学でこそ、伝えられるものを生み伝えあうことに、懸命でありたい。






関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌

詩想(二三) 一市民として10

 私の折々の想いをツイッターにしたためた言葉から、似通う色合いのものを、詩想としてまとめています。

 今回は「一市民として10」私の率直な想いです。

 ☆

女性おとしめるのは、産んでくれた母おとしめること。母の子の自分、おとしめること。それすらわからないのは、母ひどく悲しませること。子ども失格なのだから、人間として、だめ。

 ☆

スウィフトの『ガリバー旅行記』のヤフーの国、映画『猿の惑星』は人間社会を逆照射して素晴らしいと思います。今、人間がこの島国にきたら、ここは裸の王様おごる国、ヤフーの国、猿の惑星、人間らしさを押し潰すばかりのレスラーの雄叫びの国ときっと感じる。人間性酷く歪める偽政者の群れのさばる。

 ☆

拳かためて、腕ふりあげる、自分の写真を、平気でまき散らす者に、人間としての知性はあるのかと、わたしは疑う。目指すは、レスラーか、ヒットラーか。

 ☆

補足。さきほどの、理解できない者は、この美しい島じまの、首相だそうです。資格喪失済みだと、わたしは思うけど。けがさないで引退しておくれ、お国まじめに、思うなら。

 ☆

ツイッターを始めたとき、私が伝えたい、詩と文学のことに限定して発信しようと考えていました。今も気持ちは変わりません。
それだけに徹していられる民主的な価値観が尊重され守られる社会ならいいのですが。今の為政者が主権者の多様な声を軽んじ価値観を侵害するのは認めないと意思を示さないと。

 ☆

主権者をないがしろにする群れのいいなりになって、加担して、何が平和の党。 正確には汚名の公に明らかな党。

 ☆

勇気ある二人の党首は限定的な自衛の決断をしたなら、自らがまず戦場の前線で御国のための栄誉ある戦死者一号になることを競いあおうと、密談で、固く誓いあったそうだ。
そのつぎに閣僚たちが死にに行くという。大切な未来を担う若者は、けして一人も戦死させないと。
できない虚言者は悪名残し辞めろ。

 ☆

無駄な死をうまないためにこそ、あらゆる人間性を知力と理性と理解力を使い尽くさず、対話もできずに罵倒しあう者、何が政治家。

 ☆

わたしもそうだけれど、戦いや怒号や争いが、とても嫌いな人を、とても嫌な気持ちにさせ、違う見方、考え方にそっぽを向いて、狭い仲間うちの考え方を押しつける。そこから、平らかな、和む、世界がどうして生み出せるんだろう。平和という言葉を口にして、汚さず、退場させたいとばかり、願います。

 ☆

少し言葉たらずでした。怒号は好きではありませんが、不正を平然とする者にたいして、それは違うし、あなたにその資格はない、多くの人たちが与えていない、あなたたちのルールを守らずかいくぐる姑息なやり方は、認められない、必ずもとに戻すと、怒り、伝える行為には共感し、参加しています。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

新しい詩「七夕の、雨ふる夜空に」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を公開しました。
                              (クリックでお読み頂けます)

・虹 新しい詩

 「七夕の、雨ふる夜空に」


お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ