プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

新しい詩「流れ星、四つ葉の」、詩「虹、雨つぶの」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を二りん、咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 中篇詩(51~100行)

 「流れ星、四つ葉の」


虹 野の花・ちいさなうた 掌篇詩(26行~50行)

 「虹、雨つぶの」

お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん

詩想(五〇) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

子どもたちの、若い男女の、交わし合う、笑顔はいいな。
想うと、やすみ目覚めたならまた、と素直に想える。
子どもたち、若い男女が、ゆめを、自然な心で、
抱けますように。育めますように。
かなえるための道、選べる社会でありますように、
そのためになら、疲れてもがんばろうと、思う。

 ☆

子どもを殺す。人間として最悪のことだ。
人間と呼ばれる資格放棄することだ。
この国の、幼児性まるだしの他者の言葉に耳ふさぐ
政治屋は、大義名分かざして、
子どもを殺すこと許してしまう輩だと思う。
武器輸出に何も感じない物。
人間という名にに値しない政治屋は
必ず、退場させる。

 ☆

わたしは世界史を学んで、十字軍に代表される戦争が、
心底いとわしいのだけれど。
あいかわらず、いまも、同じことを続けていて。
まねようとする政治屋がこの国にのさばり、
心底いとわしい。
けど、
愛しあい、大切に想いあい、
美しいものを、創り、伝えあう、
人間が、いつの時代もいる。

 ☆

たわごと。無視してください。
現代詩手帖:自民党
詩と詩想:公明党
詩学:社民党、消えかけて
コールサック:共産党
詩とメルヘン:無党派
ポエム:無党派
書きたいこと書くひと:政治嫌い
私の好みですが、今は自公ではなく、
詩学から政治嫌いに、こころある人間らしい詩を感じます。

 ☆

詩も文学も、言葉で美を創ろうとするあがきだとわたしは思うけれど。
言葉は親が赤んぼに伝え、先生に学び、そのあと自ら選んでいくもの。
人間と人間、いのちといのちの、会話、対話そのもの、大切に想うもの。
だから人間の対話、社会性に目をつぶれるような文学をわたしはいいと
感じられない。

 ☆

汚いと感じるのは、こころに、きれいを想うひとだから。
本当に汚い醜いと感じてしまうのは、こころに、美を想うひとだから。

この列島の政治は、市民感覚には、汚すぎて、汚すぎて。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

新しい詩「もみじ、降りしきる日」、詩「落葉、セピア色」、詩「涙つぶ、西方へ」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を三りん、咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 中篇詩(51~100行)

 「もみじ、降りしきる日 (・さよならもみじ ・ゆきもみじ、さくらゆき)」


虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「落葉、セピア色」

 「涙つぶ、西方へ」

お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん

詩想(四九) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

驕りの醜さに幼く怒るわたしの醜さを、流れ星どうか、ゆるしてください。
あなたが好き、人が好きな想いは、だれにも負けないから。

 ☆

わたしが二十歳だったころ、
ジャパンアズナンバーワンだと、
うかれさわぐ群れだらけだった。
その子どもたち、
日本日本とまたバブルに浮かれて。

人間を社会をよく観察しよう。
今日は人間性が露に見える日。

好きな人たち変わらずいるから。
こころある人に、詩を創り捧げていこう。

 ☆

わたしが生まれる少し前に、この国は、戦争賛美し、人を殺し、人が殺されてた
わたしが生まれてから、この国はまだ、戦争の愚かさを覚えていた

覚えている、伝えている、人たちは、
かわらす、今もいる
いつもいる

戦争は愚か
伝えないものを、政治家と信認なんて
しない。

 ☆

駄目な国、駄目な社会、駄目な大人
見棄ててもいい
そんなもののために
自分を
大切な人を
見棄てないためなら

見棄てたくても
できない人たちがいるから
わたしはがまんして
見棄てないけど

 ☆

定数是正を怠り、二人に一人投票せず、議席減らして、どうして信認されたなんて、とらえられる?
ご都合よく解釈できる?
それが政治屋の資質の低さ、
とてもよくさらしてる。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 詩想

ちいさなうたの花、詩「冬だから」、詩「息を」、詩「クリスマスツリー」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩、ちいさなうたの花を三りん咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「冬だから」

 「息を」

 「クリスマスツリー」

お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

新しい詩「ゆびの爪」、詩「童謡」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)
 「ゆびの爪」

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)
 「童謡」

お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩想(四八) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

明日は朝、戦争で原爆で空襲で殺されたひとたちが与えてくれた普通選挙権を放棄したくないから、投票にいこう。
そのあとは、生きていくために、愛するひとと生き物と海と星と宇宙おもい、詩を書こう

 ☆

今日は何の日
ふたご座流星群、この星を訪れ、つつんでくれる日。
選挙に行ったから、好きなことをしよう。
星空、みあげたい。

 ☆

沖縄を首都にできる日めざしたい。

 ☆

選挙の日
今ある限られた選択は逃げずにでも
国家も国境もないほうがいいなと
痛感して
星の未来
星の子どもたち想い
がんばろうと言い聞かせなおす日

 ☆

一票は主権者の意思。
信任しもしない愚者の勘違い、不勉強、鈍感、傲慢、に、
そんなあなたを信任なんてしなかったと、
言い続け、
これから変えていく、
意思。

 ☆

心の貧しい
目先の損得勘定だけの
日本だけど
子どもたちだけは
自ら意思表示できるときまで
愚かな早く生まれ老いる世代から
守らないと

 ☆

1対1 谷川俊太郎
原稿料は勝手だけど
これが詩?
原稿料のための言葉
載せた人も載せる会社も
そのまえに、詩、という言葉
もう少し大切に想ってください。

 ☆

人が生き命をつないだ歴史を通じて、
尊敬する詩人は為政者の人、でなし、を、
見過ごせなかった、
人だから。
詩人こそ、今だけの商売、損得勘にとらわれず、
それだけををすべてとしない、
人間愛する人間だとわたしはまだ、
思ってる。
自分だけ大切な輩どうして詩人?



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 詩想

詩想(四七) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

不調で、やりたいことができない日にも。官邸前に行けなくても。
より長く生きてきた者が、まだこれから生きていく、若者の、幼い者の、未来に障害を積み上げるな、とだけは、自分にも、感じず知らぬふりする他者にも、言い続けようと思う。

 ☆

選挙カーの、バーゲンのような候補者の連呼も、政治的な熱狂も嫌いだし、よりよい人間らしさとは思わないけど。
選挙には行く。
よりましな社会への意思がひとりひとりあることを確かめ示すために。大勢が、多数が、少数を、ひとりを、弱者を、耳を、心を傾けるに値する声を、見失ったらもう猿山に劣る。

 ☆

調子がわるかったけれど。大切なことをする。作品を、できるペースで、ていねいに創ることを考え、しようと思っています。

 ☆

選挙についてのリツイートをする自分をあまり好きじゃなくても。よりましな、社会になってほしいから、してしまう。
戦争の惨さと人権感覚に無感覚な鈍い者に、代議士の資格を与えることは、社会を酷く貧しく不幸にしてしまう、と思います。

 ☆

もうひとつ、とても大切なこと。
震災の、原発事故の、悲しみと困難にまだ置かれている人たち、子どもたちのこと、思えない人は、好きじゃない。
黙殺して、踏みにじる候補者は、認めない。

 ☆

大洋出版の丸山あつしさんの、ライフワーク「詩画集大成」の最終校正が届きました。詩誌「たぶの木」の田川紀久雄さんが企画に誘ってくださり、坂井のぶこさん、山下佳恵さんも参加されています。
詩と美術家作品のコラボで私は小原義也さんの絵と木魂します。
詩は「母」。3文字のとても大切な詩です。

 ☆

童話『泣いた赤鬼』が、子どもの頃からずっと好き。
心に残って消えません。
詩「泣いた、赤い月」のタイトルに、この童話への敬意を込めました。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「泣いた、赤い月」、詩「雨を吸う」、詩「わたし、さまよい」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 中篇詩(51~100行)
 「泣いた、赤い月(・空に ・地に)」

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)
 「雨を吸う」
 「わたし、さまよい」

お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩想(四六) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

言葉がみつからないときには、ただ
ああ
と。
喜怒哀楽、すべて包み込み、解き放ちつづけてくれる、大切な、日本語、
言葉だから。
あわれ。
ああ。

明日目覚めたら、気持ちのまま、文学愛し、愛するひと愛し、
元気に立ち向かおう、
厭わしい不正にも、今は。

 ☆


人と人結ぶ道かき消し
人殺すために最大限の知恵絞り
この国

 ☆

生きものみんな同じように懸命に、生活すること生きていくことはたいへんでも、疲れても。
欲望しかしらない腹黒い政治家と迎合するお取り巻きがタムロするのは、時代、民族とわずあった、あること。
でも、生きるのは自分だ。大切なもの、美しいもの、ほんとうのこと、求める人はいたし、いつもいる。

 ☆

わたしが選挙でいちばん心痛めるのは、純真な、若いひとの、未来への希望と、今への抗議が、結果に反映されず、想いが強過ぎて折れてしまうこと。まじめに。
わたしは、意思示すために投票してきたけど、失望ばかり。でも、意思を示し言い続ける。こんな愚かな有害な人の心のない首相には投票していない。

 ☆

より少しでもましな社会、環境を願っての投票。普通選挙権すらなくて戦場へ追いやられ、無差別爆撃で殺された人たちの犠牲のうえに、今あるものだから。
棄権せず、白票で意思を放棄委任しないのは、とても大切なことだと思います。結果はどうであろうと。投票で示した自分の未来への意思は変わらない。

 ☆

政治屋にけして委ねられられなんかしないことが、ひとりひとりにとっての、生きること、自分にとっての、なにより、大切なことだと、思います。
そのことにすら、傲慢に踏み込もうとする輩は、政治家ではないし、人間をおろそかにする馬鹿だから、どんなことがあっても、わたしはその行為を認めない。

 ☆

素直な表現。いま、個人的には、驕り尽くして庶民、市民を馬鹿にしあざける、自公民の絶滅を、強く願っています。
願うけれども、選挙結果なんかに、大切なもの、脅かされてたまるか。どうであろうと、その後は、大切なもの、生み、育て、守り、愛し、生きるために、したいこと、できることだけ考え、見つけていく。

 ☆

猿の惑星、猿の列島になってきた。
映画だけにしよう。
自己陶酔、俳優気取りの、政治屋はいらない。

 ☆

専門家が疑念を表明して廃止をもとめ、市民が不安と疑念をだいて廃止をもとめた法律。法律は主権者の人権を守るためのもの。法律は変えること、廃止することができるもの。悪法施行の日に。

 ☆

悪法を強硬採決したのは誰か、丁寧な説明をすると、平然と嘘ついたのはだれか。
おもねり、同調したのは誰か。
市民の声を黙殺する傲慢な集団には反対の意思を。

 ☆

生活するために働いた夕暮れには、優しい愛する歌をうたいます。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

詩想(四五) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

大切なことを、作品を、今日は、ほんの少しだけでも、育てられたこと、うれしくおもいました。
ひとりひとりが、大切なことに向き合える、大切な人との時間を、生きられる社会でありますように。

 ☆

懸命に作品を創作しつづけたなら、いつだか今日だかわからなくても、未完成、残るのはたぶん、しかたない。
食べ生き延びずには、書けないと言い聞かせ、眠らずにはもたない、眠り目覚める、生き物。まだ目覚められると信じて。まだ会える、愛しあえると信じて。

 ☆

一瞬一瞬を、闘病している人、
しつづけている人、
あかんぼを産み出す瞬間に命がけの人、
想う気持ち、
損得勘定計算する選挙宣伝には
欠落して、ほとんどない。

選挙なんてパフォーマンス、
場当たり演技は気にせず、
人の大切な生きる姿、
想い続けるこころが、詩、文学。

 ☆

自分の考え、感じ方、利得、欲望に、一致しない、人のゆたかな姿、可能性には、目をそらし、耳を傾けず、罵倒し排除しようとする、例えば今、首相と呼ばれてしまったような狭すぎてなんにも見えない人は、無人島でひとり自己愛に溺れてくれたらどんなに、ましな、社会、未来が、描けるか。

 ☆

月のひかりの美しい夜に。
特定秘密保護法、反対の声を黙殺して施行されそうな、ひどい社会。ひどい政治家。
反対の意思を、私は示し続けよう。月のひかりの美しい夜に、言い聞かせ。

 ☆

社会一般常識から外れものの文学の、さらに外れものの極北の詩に、社会的な存在意義があるとしたら。
生きてるうちの金銭争奪力ばかり考えてる輩をヨイショする現世で、感動と美とほんとのこと、感じ伝えあい生きたいと願う心、自分を潜って探し問い伝えようともがくこと。だけ、でも。

 ☆

そうせずにはいられない想い、願いこそ、なによりつよい。どんな悪状況でも。誰に、社会に、押しつけられても。
ひとつきりのいのち生きること、そのものなのだから。
好きだから、きれいだから、大切だから。
薄っぺらな損得勘定なんかに、けして負けない。死ぬまでも、死んでからも。

 ☆

純愛は、メランコリーに、
芽吹き、萌え、燃え、散る、
美しく。
とてもかなしい。

 ☆

詩は党派からいちばん遠いし、政治より経済より、ほんとの、よい、うつくしい、なにか、問い、求めてさまよう、心のあこがれ、ひとのこころ、想い、愛すること。
なにより大切な、生きることそのものである、自由なさまよいを、蝕もうとする政治だけには、どんなことがあっても、わたしは抗います。









関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

新しい詩「童話、月のひかりの」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
五つのちいさな歌の花びらを結んだ組詩、うたの花です。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 中篇詩(51~100行)
 「童話、月のひかりの (・ひとひら ・ちょうちょ ・ふとん ・レモン ・うさぎさん)」


お読み頂けましたら、とても嬉しく思います。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩想(四四) 詩と文学。心の足跡。

個人的な感覚。武器をつくり、武器を輸出し、その武器で傷つく人、おおくは子どもや女性のことすら思えず、儲けりゃいいんだとしか思えない物たち、厭う。
未来をひどく蝕ばんでる。
お国のための殉死なんて虚構をまき散らすなら、自分がまずしろ、するわけない扇動者ほど醜悪な物はない。

 ☆

芸能好きでも、ヤクザ好きでもないけど。戦争のむごさに鈍感なのに戦い武力あおる為政者のおぞましさにたてつく、菅原文太は好きだった。
老人が死ぬまでがんばった。後は、まだ死んでない者のがんばりだ。
鬼畜の焦土に美しい星をしたくないなら。

 ☆

穏やかな人が好きだけど、不正に対しては厳しい人が好き。

 ☆

抒情を感じる心も詩も、誰もの心にいちめんにあるけれど、詩界向きの詩の書き手は、見失い鈍感になっているだけだと思います。
抒情に繋がらない心に詩の花は咲けません。

 ☆

詩ぼど組織や群れ、党派から、遠いものはないので、現代詩壇もそうですが、グループで標榜する主張を、私は疑います。流行りに過ぎません。
抒情詩は、詩歌の誕生のときから流れ続けていますので、軽んじられるとしたら、詩を知らないだけです。

 ☆

詩は、頭じゃなく、こころから生まれることば。
詩は、ことばじゃなく、こころのあらわれ。

 ☆

説明も解釈も理由づけもできない、宇宙、世界、社会に投げ出されていても、
「大切」、「好き」、「ああ」、「いいな」。
想いほんとなら、
詩の花、咲いて、
美しい。
こころ、めざめ、
こだま、響きあう。

 ☆

頂いた本を読み続けようやくめどがたったので。作品を、詩を、完成させて、公開していきたいと、気持ちだけは強く思っています。
政治に一喜一憂させられず踊らされず、いつも、自分にとって大切なものを、人を、心から大切に。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

詩想(四三) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

今日も送ってくださった、詩界では、著名な方、詩界のボス?の、詩集を読んだ。震災の、地震篇は自動記述、津波篇は夢日記、原発篇はアレゴリーだと後書きに。
悲しみの欠片もないな。政治屋レベルだ。
東北の小学生の詩のほうが、こころに痛く響く。
返礼やめた。これが現代詩なら滅びろ。

 ☆

自虐はわたしもよくするし、生き延びる大切な手段だけど、太宰にも節度はあった、わたしにもある。
ほんとに大切なものだけは、文学だけは、おとしめない。文学をさえおとしめるのは、作者の驕り、虚栄心。
現代詩はお尻から出るうどんだと。そうだね。ボスの酷さに汚された。不快な言葉、すみません。

 ☆

隠喩やアレゴリーの技量に欠けるので。ボスという揶揄も嫌いなので。
詩と思想の、編集長の、一色真理さんの、今回の詩集は、私の大切なにおもう、詩を汚してるから、きらいだ。さようなら。

 ☆

狭い仲間内世界の権威者に、よくないと、率直なわたしは、詩界の周辺からも追放、黙殺されて立ち入り禁止かな。
望むところだ、敬愛する、西行に、芭蕉に、放哉に、山頭火に、近づけるよう、一人で、ほんとうに、いいと、おもえ、感じる、作品書くだけだ。とても、あたりまえのこと。

 ☆

西行のように放浪できずに、世俗に縛られながら、権力者に、詩と美については、へつらわずに嫌われても、自分だけじゃない更級日記や文学を、伝えた、藤原定家は、好き。
彼も文学愛し、こころ愛するものに放浪したひと。

 ☆

頂いた本を読み続けています。速水晃(はやみあきら)詩集『島のいろ ここは戦場だった』(コールサック社)は、石垣島など八重山諸島で、太平洋戦争敗戦前後に生きていたひとたちの、苦しみ、悲しみ、戦争の惨状を、多くの資料と人の声に基づき作品として丁寧に創り伝えていて心に強く響きました。

 ☆

頂いた『暁のシリウス 北嶋節子小説集』(コールサック社)を読みました。
小学校の子どもたちと先生たちとの心のふれあい。君が代の強制や日中戦争での強制連行や従軍慰安婦の負の歴史にも向き合いながら、あくまで子どもと生きる姿、卒業式をめぐる場面では涙が流れました。

 ☆

頂いた詩集『記憶の螺旋 小野ちとせ詩集』(土曜美術社出版販売)には美しい抒情詩がゆれ、共感しました。知的な組立模型現代詩が永らく騒がしくても、ほんとの詩は心に響き沁みひろがり透きとおる水紋の静かな美しさです。想い、感動、願い、祈りが、音色とかたちと意味とイメージに織り込められた。





関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

| ホーム |


 ホーム