プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

新しい詩「愛するひと」、「天気図、こころと世の中の」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を二輪、咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「愛するひと」


虹 新しい詩 中篇詩(51~100行)

 「天気図、こころと世の中の (・こころ天気図 ・異常気象 ・季節予報)」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩想(五七) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

わたしの市民感覚では、いまこの国家の枠組みの社会で、ともに生活している他者に、一番迷惑をかけ、権利を侵害しているのは、首相という職についてしまっている、不適格な人物だと思います。

 ☆

喜怒哀楽のなかで、わたしは怒を好きではないけれど、いまのこの社会の為政者のでたらめさには「怒」を感じてしまうのが人間らしさだと思う。
人間らしさ、こころない、人間らしさないから動物は、遠ざけないと。
怒ばかりの息苦しい惨めな醜い未来。子どもたちに、ひどく、恥ずかしい。

 ☆

再び芽吹く、それは種、いのち
捨石
玉砕
押しつけ従わされた強制
なんかじゃけしてない
意思
生きること
こころ育むこと
ひとりひとりの
ひと愛すること

 ☆

歴代最悪の首相との汚名誉は歴史に深くもう刻まれ、害悪をありえないほどまき散らしたのだから、人の心残っているなら、もう隠遁しなさいと、どれほどの人間の心が想っているか。
王様の耳はロバの耳のたとえつかうと、ロバがあまりに可哀想。
裸の王様、ヒトラーまねて、ふんぞりかえって今日もエヘン。

 ☆

泥まみれが汚いなんて思わない
土と涙を噛んで生きるしかないひとは汚れていない

土にも触れず
雨にぬれもせず
泥をしらないない
根付くことない人は未熟

園児も幼児も少年も十代もみんな
泥まみれか涙まみれか悩みまみれ

もういちど学びなおそう


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 詩想

詩想(五六) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

政治家にふさわしい人間の資質は、多様な市民の声に耳を傾ける努力を重ねることと、嘘を言わず約束を守ること。
その資質を最も欠いている人物を、首相の職につかせているなんて、異常だと思っています。

 ☆


狂うこと喜ぶ下劣な社会で、自ら狂うこと自虐すること下降沈殿することも、鈍感しらんぷりも、力の幻想に酔う幼児の群れに迎合することでしかないから、素面で正気でいよう。
愚かさの渦は、人間らしくあることのまえで、あぶくでしかないこと、しつけ、わからせないと。

 ☆

甘やかされ、しつけられなかった、 わがまま金持ちおぽっちゃんの、 典型が首相だなんて、 ひどすぎる、見るきもしない へぼ害悪ドラマ、 チャンネル変えたい。

 ☆

補足。社会で人として生活し生きてゆくための、最低限の約束事を、しつけられなかった、おぼっちゃん政治屋に、わからせないと。社会、タチワルイ漫画になる。

 ☆

小銭の枚数を数えたこともない者を、
政治家なんかにしたらだめだと思う。

 ☆

ほんの、七〇年前に、アウシュビツ収容所はあり、世界各地は殺し合いの場、この列島も空襲と原爆の、悪夢だった。人間が生活していたのに。
ゲームじゃない。その悲惨を体験した人の声、語り継ぐ人の声に、頭を謙虚に垂れて耳を傾けない者に政治を語る資格はない。日常を悪夢に変えさせてはいけない。

 ☆

福島で悪夢がいま続いていて、そこに人間がいることにも、鈍感すぎる者に、政治を委ねてはいけないと思う。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「かなしみ」、「とうふめんたる」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を二輪、咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)

 「かなしみ」


虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「とうふめんたる」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩誌 『たぶの木』 15号をHP公開しました。

 手作りの詩誌『たぶの木』15号(漉林書房、2015年2月15日発行)を、私のホームページ『愛のうたの絵ほん』に公開しました。
  
   詩誌 『たぶの木』 15号   (詩誌名をクリックしてお読み頂けます。)

 参加詩人は、田川紀久雄、坂井のぶこ、山下佳恵、高畑耕治です。


お読み頂けますと嬉しいです。
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : たぶの木 詩誌 詩人 田川紀久雄 坂井のぶこ 山下佳恵 高畑耕治

新しい詩「小鳥と折り鶴の空」、「落ちこぼれ」をHP公開しました。

詩想(五五) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

数粒の、ちいさなうたの花の種を咲かせたいと、推敲しています。
どうか優しい詩心や美しい笑顔の花が素直に咲ける、社会、世界でありますようにと、いつもと変わらず想いながら。

 ☆

なにか勘違いしている自称詩人が多いので。当たり前のことを。
詩はポエムです。

 ☆

短歌も俳句も、ポエムです。
ポエムが、好きです。

 ☆

人類史がはじまってから今まで、天職の歌人、詩人はいても、詩は生活手段、職業ではあり得ないので、ポエムを書いている人が詩人だと、わたしは思っています。

 ☆

マスコミは勘違いしていますが、大学教授だから詩人なのではありません。

 ☆

読者に、難しいと、第一印象で拒まれるのは、拒まれることの自己満足に浸るのは、表現努力不足だし、芸術とひとを愛するこころを大切にしていないので、詩を感じません。
現代詩と呼ばれてきた、読んで虚しく寂しくなる、難解さを喜ぶみじめな表現。

 ☆

新しい詩をホームページに公開する準備が完了したので、その次の作品群に取り組み始めています。
食べ生活維持するための拘束から解放された時間、書いてばかりいます。読書も停滞ぎみです。
詩を書くことしかできない能なしであることだけがわたしの誇りと思いつつ。

 ☆

ビートルズのジョン・レノンは、売れない詩人が夢だった、と語り、その言葉に憧れたわたしは、いま夢を生きています。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 詩想

詩想(五四) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

優れた近代詩にあり、現代詩に欠落しているもの。
① 抒情性、心。
② 音楽性の美。
③ 読者との、人間と人間の心の対話。

 ☆

優れた表現、芸術も自己顕示欲を必ず含むけれど、受け手との対話、交わり、共感をこそ謙虚に模索し祈念する。
現代詩は自己顕示欲の傲慢な塊で読者を見下し対話を拒み人間性に欠け醜い。

 ☆

人間の心、日本語の詩、芸術の美が、大好きだから、いわゆる現代詩の人間らしくない欠点を謙虚にみつめることが、詩を書くときに大切だと思っています。
人間らしい心、言葉の美しさ感じて伝えあうことが、詩を愛すること、ほんとの意味で詩を好きな人だと、私は思っています。

 ☆

なぜ創作するのか? 
文学も絵も音楽も創作活動は、孤独に徹することで、他の人の孤独への愛の告白、対話への渇望、交わりへの祈念そのものに純化する。
愛の、対話の、交わりの美として、作品に昇華し宿り花と咲き、愛を、対話を、交わりの、創造物・象徴として、人と人を結ぶ。
人間だからできること。

 ☆

もっと素直に。
書かずにはいられないから書く、好きだから書く、それだけだ。
心に届きますようにと、あらんかぎりのちからで、
願い、祈り、人を想いながら。

 ☆

産声、聞こえた。
こんなにかかると思わなかったので、
とても疲れました、嬉しく。

 ☆

ありのままを願うわたしがこの数年いちばん口にした言葉は、統計的に「疲れた」。
青春期からの累計では統計的に上回る「悲しい」、「虚しい」。
生まれてからの累計では、第2位が「きらい」。
意外にも第1位は「好き」。
だから今まだ、生きてる。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

新しい詩「投げやりそれでも、ふぁいとのうた ☆ぴろろん星人さんに」をHP公開しました。

新しい詩「あなたの名前を」、「さようならの顔」、「夕陽ゆううつ」、「満月おさんぽ」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩、ちいさなうたの花を四輪、咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「あなたの名前を」

 「さようならの顔」

 「夕陽ゆううつ」

 「満月おさんぽ」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩歌 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ