プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

新しい詩「星の音(ね)」、「いちばん星」をHP公開しました。

詩想(六四) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

創作する自分と生まれようとする作品を励ますための。長篇になりそうな作品に今日も取り組んでいます。
まだ、やわらかいので、砕け散るかもしれません。ゆっくりでいいので、どうか生まれてくれますように。

 ☆

好きな歌。

大海の磯もとどろに寄する波破れて砕けて裂けて散るかも

おおうみのいそもとどろによするなみわれてくだけてさけてちるかも
源実朝『金槐和歌集』樋口芳麻呂・校注、新潮日本古典集成

 ☆

胎動が聞こえたので、生まれたいときに生まれてくれると、信じます。

 ☆

企業家にも起業家にも会社役員にも科学者にも大学教授にもなるために必要ないけど、もしかしたら画家も音楽家もなくても美しい作品創れるかもしれなくても、小学校の先生とほんものの文学者には、なければ決してなれないのは、ヒューマニズム、人間愛する、子どもが好きな、こころだと思う。

 ☆

子どもが自然のまま笑えず泣き叫ぶしかできない、家庭学校社会世界であることに甘んじるのは、子どもだったから、どんなことより、嫌だ。

 ☆

今日は気力がたりませんでした。雪が黙って、触れてくれたことだけ、嬉しかった。

 ☆

今日は朝から、向かう方向から真逆に遠ざかる乗り物に乗ってのんびり、ふりだしで気づけあわてた、とてもわたしらしい、よい日でした。

 ☆

つかれることもたぶんたいせつなこと

 ☆

毎日生みたいのだけれど、死ぬまで毎日と思うのだけれど、できないひとだから、宿り生まれてくれるときに生まれてくださいと、毎日ひたすら思いつづける、できなくなる日まで。

 ☆

人間らしさ辱しめるおこないに、怒ることは好きでなくても、怒らずにいられないのは、人間。

 ☆

法律の網の目をかいくぐる悪い者たちは、腐るぼどいるけど、法律自体を平然とねじ曲げ壊す腐りきった者たちが与党だと。この国。

 ☆

国は腐っても、生まれ育ててくれた島国の、緑と海と生き物たちと、若者、少年少女、幼児、赤ん坊、胎児だけは、どんなことがあっても、放射能から、酷く無惨な、悪党与党から、守らないと。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

新しい詩「ゆうひゆらら」をHP公開しました。

詩想(六三) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

創作しています。10日ほどまえから長篇をと思いあがいていましたが、今日、細々に砕け散りました。なら、ちいさなゆきのようなうたをちらちらと咲かせられたらと思います。
いまのわたしのこころのありようが、はかなさにひかれてしまうからかもしれません。
ただうつくしくという願いだけは変わらず。

 ☆

赤ちゃん、いたいけな幼子、若やかな女性。悲しみ痛みを知ってひとに優しい心。
生まれたことで、ただありのままあることで、ほんとうの 美しさはある。
詩はそうあれない人間の憧れ、あがき。
とどかずとも、美しいものに近づきたいと。

 ☆

民意が選んだ知事に会わないのは、首相職、官房長官職の、職務怠慢だから、どのような仕事においても行われているように、職務放棄の酷さに相応の処罰をすべき。辞めさせるのが一番いいけれど。

 ☆

大手マスコミは首相職の者のごちそうを受けおもねり、あたりまえのことを書かなくなりつつある。
日刊紙や週刊誌のたぶんフリーのライターや編集者だけはまだ暴政は暴政と市民感覚の批判をしている。
二極化を感じることが多くなった日々。

 ☆

わたしは言葉を大切にしたいと思っている人間ですので、「テロに屈しない」という茫漠としたスローガンを盾に、誤った行いの反省と謝罪を行わず、やる必要があることを丁寧に考え伝えようともせず、中身のまるでない、薄っぺらな嘘ばかりまき散らす人物が、心底、厭わしい。

 ☆

見たくもないその姿、聞きたくもないその虚言が、連日ばらまかれていることで、敵ばかりふえて社会が、毎日の生活が、どんなに暗くされてしまっていることか。首相だそうだ。

 ☆

人を無差別に殺す、武器を売るのは、人間として、とても恥ずかしいことだ。
日本国憲法は、そんなこと許していない。
日本語が読める人なら誰でもそう読む。
なのに、恥じるべきことを、法を捻じまげる者を、許したら、もう法治国家じゃない。
資格ないもの立ち去れ。
首相、副首相。お取り巻き。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

詩想(六二) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

ごめんなさい。悲しみと怒りと疲れを昇華まだできずにこぼし。わたしのやりたいことは、そこから、結晶を、こころ込めた作品を、できれば、美しいと感じていただける願い込めて、咲かせること。咲きたい咲かせたい。

 ☆

詩作は、こころの鉱脈に探り当てた原石を、手のひらで磨きあげる、光るまで磨きあげる、息しはじめ肌のぬくもりおびるまで手のてらでなでつづけずにいられない、偏愛のようにも、思えた。

 ☆

素直に。首相らしいひと。ありのまま動物なんだな。そのままが楽しいんだな。猿山のボスにはふさわしいな。でもここは、猿山でも、妖怪世界でもなく、しらふの人間が日々けんめいに生きてる社会だ。自己顕示の酔っ払いは、猿山に行け。
罵倒はよくない。私も猿、猿同士のけんかと、すみません、ゆるしてください。人は罵りあうと猿になる、みじめ、愛しあいたい。なぜできないのか。お猿さん、好きなのに、劣悪なたとえで、ごめんなさい。

 ☆

秘密にして救助すべき立場にあったものが、より良い手段をつかめず最悪の結果を招いた後に、心から詫びもせず、助けようと命なくした方に対して、勇気うんぬんとのたまう下劣さが、政権の醜悪さを見事にさらけ出してる? あなたは人間か?心まだあるか?
高村政治家以前。人の最低限の品位なし。

 ☆

威張り命じ隠れ逃げて安全な場所で、他者を、若者を、殺し見捨てて、平気な集団。みんな特定秘密にして不都合な自国民の死さえ隠すと考えておくこと。
自国ないでさえ、東北、福島の被災者を放置し声を聞かない輩であるのを、忘れないこと。

 ☆

最高法規の憲法から逸脱した行為を繰り返す、首相という職に最もふさわしくない人物は、平和を語る資格などない。

 ☆

平和憲法により厳しく制限してきた、武器の禁輸をなし崩しに率先してセールスする輩は戦闘を仕掛けてる、戦争を吹っ掛けてる悪徳商人がなんと首相。

 ☆

この国、社会がいま失いかけている一番大切なものはヒューマニズム。人間らしさ。ともに生きる他者を大切に感じる人らしい心。それが欠けたら獣でしかないのに、他者を罵倒し蔑む輩が、官邸あたりたむろしてる。
人間らしい社会を。ヒューマニズムだけは、鈍感で感じられなくなった獣にけして譲らない。

 ☆

私思うに外務省こそ外遊の必要性時期判断を愚かにも首相と共に誤ったこと主権者に謝罪すべき。

 ☆

時には真面目に。私は思春期、青春期、大人は、生き延びられるような者は、みんな偽善者だと、呪いました。偽善者になるなら死のうと思いました。
彼から見たら今の私は偽善者だけど。善を偽り平気な者と、善を願いつつできずに偽りに置かれて苦しむ者は、ちがうと思い、後者でありたいとまだ生きます。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

新しい詩「いのち」、「いつか」、「星、照らされて」、「冬夜空」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を四りん咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「いのち」

 「いつか」

 「星、照らされて」

 「冬夜空」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

新しい詩「もうやすもう」、「目覚めたら」、「おぼろ満月」をHP公開しました。

詩想(六一) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

就任いらい、近隣はじめ遠く世界中に、敵を生み出し続ける、愚か者が、なんと首相。
金ばかり撒き散らかし。国内の貧しさには目を閉ざし、お友だち以外の声に耳閉ざし。

 ☆

積み上げたのは、威勢と見た目ばかりいい、嘘の山ばかり。

 ☆

責任者だと偉ぶり、生活者をいじめ、切り捨て、見殺しにして、責任感じずとらずに、また嘘を吠えて。
幼稚園から真面目に学びなおしてほしいひと。
なんと、首相。

 ☆

憎しみの連鎖を断ち切ること。
憎しみの連鎖を断ち切ること。

 ☆

殺しあいの連鎖を断ち切ること。
殺しあいの連鎖を断ち切ること。

 ☆

母親の願いを力づけるのが、役割立場にふさわしいひと。とてもその器ではない。

 ☆

強きに媚びて、弱きをくじく。恥ずかしい。

 ☆

「強きに媚びて」、「母親の願いを」他一連のツイートは、主語「いま首相の職にあるもの」と「現政権」への批判の言葉です。誤解を生まないように捕足します。

 ☆

ホラ吹き狼少年と裸の王様のお話が、現実社会で上演されている、悪夢。
役者は、なんと首相。

 ☆

酷い悲しみは、怒りと憎しみの炎になるけど、怒りと憎しみは、焼き壊すだけで、美しい大切な愛するもの、なにも生まない。

 ☆

犯罪者を裁くといい放つ者も、犯罪者かもしれない。
ゆっくり、よくみて、犯罪者にならないよう、騙されず、いいくるめられず、こびず、考えること。
ひとらしくありたい願いを守ること。

 ☆

国なんてなくなればいいけれど、まだなくせないいま、外交には友愛と厳しさが不可欠。
わがままお坊ちゃんが、実務者の熟慮に耳貸さすやりたい放題なら、敵だらけになって当たり前。
人の心が生きている社会を、わがまま坊主の劇画に貶めるな。

 ☆

人、個人は、誰も弱いのだから、人を罵倒してはいけない。たぶん歪んでるのは、家系第一、世襲第一、金持ち第一の、日本社会だ。
けれど、馬鹿殿は、ひどく生活する一人一人にひどく有害。
無理は自他ともを貶めるから、首相、やめろ。
現代、代わりの見つからない、職務などない。

 ☆

だから、代わりなんてありえない、女と男、女と女、男と男、ひととひと、いったいいちで、向き合い交わりあい傷つけあい、命かけて、愛しあうんだ。
その邪魔する愚劣な政治だけは許せない。

 ☆

ひとのこころをふみにじるぼどはずかしいことはないと、このしまぐにはつたえてきたのではなかったか?





関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「宇宙感覚」、「白い朝」、「かりそめの」をHP公開しました。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ