プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

新しい詩「恋うた、潮騒」「海に、生きる」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 長篇・組詩(101行~)

 「恋うた、潮騒」 (・麦わら少女 ・潮騒と ・潮風に ・水平線に ・恋うた)


虹 新しい詩 中篇・組詩(51~100行)

 「海に、生きる」 (・ゆりかもめ ・トンビ ・海鵜 ・おさかな)


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん 詩歌

詩想(七六) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

海の二作品が、生まれようと、ほんの少しだけ、育ってくれた、一日でした。
生まれるまで、そのために労働し疲れ食べ生命を維持し、目覚めるだろうと思い眠り、また育てます。

 ☆

作品と呼ぶのをためらわせない、手足が生えるいのちがやどったので。仮題です。
「好き。眠りたいシジュウカラのうた」。
(姿も題も変容します)。
いつもながら、変なの。
それでも、深く愛してる。
どうか育ち、こんな親でも、生まれてくれますように。

 ☆

大阪育ちの一人として。
橋下を引退させる時だと思う。

 ☆

主権者が望みもしないオスプレイを説明もなく基地に押しつける酷さに比べたらましだから。
お追従軍隊好きのいる官邸上空限定で昼夜問わず24時間警備旋回させたら自己陶酔するだろうに。
空を汚すな。

 ☆

憲法のある国で、憲法を歪め、戦争支援を、平和などと偽る者の群れが、閣議決定だって。
悪名を刻んだら、立ち去れ。

 ☆

主権者の声に耳傾け理解しようとする努力を怠り続けている確信犯が、「国民に理解を求める」だと。
なんて上から目線剥き出しの独善欺瞞者。

 ☆

安倍や金正恩やプーチンの人間と呼べない獣本能そのままの賢しらな低劣さが褒めたたえられズームアップされTVづけの脳ミソ洗脳する社会にさえ未来や希望を妄想する生き物は、もう人間なんて呼ぶ気しない。
子ども若者は、まだ人間。
これから生き方選ぶのだから悪穢れに媚びる世代から守らなきゃ。

 ☆

人類が絶えるまで、人間の心もつひとは少数になってもけして、絶えることはありえないから。
人でなしは、人間にとって、いつまでも人でなしでしかないよ、浅はかな自己陶酔の、愚か者、呼ぶのも嫌だけど、安倍。と、権力者への醜悪な、おとりまき。

 ☆

美しい列島。ハレンチサファリパーク、プロレス反則リング、狂乱カジノ、目指す海賊のさばる、奴隷船みたいになってきたけど。
罪のない、子ども、若者だけは、イカレタ自称仲間うち詐欺船長から、いのちかけて、守らなきゃ。

 ☆

反省。
国や世代、どうにも選択できない生まれおち環境で、人間を良い悪いなんて決めつけられる(神様?のほかの)人間なんていない。
国や世代の愚かな行いに対して、愚かだと、間違っていると意思表示したひと、想い願い祈っているひと、人間の心あるひと、必ずいる。
だからこそ、人間のいのちは切実に、受け継がれてきた。
権力者に、隠されがちだけど、いることを、忘れず、想うことはとても大切。





関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 詩想

詩誌 『たぶの木』 17号をHP公開しました。

 手作りの詩誌『たぶの木』17号(漉林書房、2015年6月15日発行)を、私のホームページ『愛のうたの絵ほん』に公開しました。
  
   詩誌 『たぶの木』 17号   (詩誌名をクリックしてお読み頂けます。)

 参加詩人は、田川紀久雄、坂井のぶこ、山下佳恵、高畑耕治です。

 表紙・目次はこちらです。

詩誌「たぶの木」17号表紙・目次

お読み頂けますと、とても嬉しいです。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 田川紀久雄 坂井のぶこ 山下佳恵 高畑耕治 詩誌

新しい詩「歩いて、風を受けとりにゆく」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。


虹 新しい詩 中篇詩(51~100行)

 「歩いて、風を受けとりにゆく」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩想(七五) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

若いころからずっと

という言葉を
生という言葉よりたぶん
たくさん書いてきたので。

好き
この言葉を誰よりも世界中でいちばんたくさん書いて
死にたいと願っています。

 ☆

「源氏物語」を読み返す前にと、紫式部も好きだったから影響を受けた、唐代の詩人・白楽天(白居居)の詩を読んでいます。
ヒューマニズムが根底にあり美を言葉で伝えようとしたこと(長恨歌)、社会悪への批評精神があったこと(新楽府)、平易な言葉で、物語性も活かしたことなど、とても共感します。

 ☆

白楽天から『源氏物語』へと思っていた読書が、よくあることなのですが漢詩の、より遡る源流『詩経』と、高校で読みたいと感じた屈原の『楚辞』をまずと気持ちが逸れて向かい、読みはじめています。
『詩経』、民謡歌の、万葉集との響きあい。戦争、徴兵、貧困、恋、思慕、愛。詩は時代を越えて、人間の心だと。

 ☆

紀元前の詩歌集『詩経』を少しずつ読んでいます。
素直に感じるままにいうと、民謡集でもあり、人間のいつの時代も変わらぬ生活と心が歌われています。
ただ労苦や嘆きが多くて重く悲しい気持ちにもなります。
漢詩の古代の詩形についても感じ考えています。
次の『楚辞』も学ぶことあると思い楽しみです。

 ☆

私が時代を越えて敬愛する詩人たちは、生前に有名無名関係なく、大企業に媚を売り広告塔になったり、まして為政者にへつらったり迎合したりなんて、死んでもしない反骨、斜視の詩精神、批評精神と、真偽善悪美醜への敏感と固執、感性、感受性、心だけから人間に響く言葉を生んでくれた。
今詩人いるか?

 ☆

自分に言い聞かせ、自分がそのように、生きづらく生きればいいだけのこと、と思った。
前言は消さないけど。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

新しい詩「恋うた、単純な」、「空のあなたに」、「おぼろうた」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「恋うた、単純な」

 「空のあなたに」

 「おぼろうた」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

詩想(七四) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

どんな国家もななくなる星であえばいいと、
願っているけど。
星にとって、星に生きてる生きようとする未来の
平和にとって最低の群れになりつつあるな。
最低のオカルト政権ゆるしてしまうこの国

 ☆

いまの与党はあの日のオウム真理教に似ていて、
(従順な創価学会信者も)とても危ない。

 ☆

信仰は組織にはないと思っています。
創価学会、統一教会のお上にすりよる与党は、
するより宗教団体は、信じる心、欺き、穢してる。

 ☆

オスプレイを買い潜水艦を売ろうとする政権。
零戦を戦艦大和を作った富国強兵、時代錯誤の幻想に溺れ。人殺しの兵器に税金濫費し。
憲法と戦後70年の無戦の努力を踏みにじり。
主権者との声に耳傾けることもなく。職権濫用、逸脱、もう喪失してる。

 ☆

憲法に基づく首相職、副首相職を筆頭とした面々は圧力に負けずと威張り顔で競って靖国参拝するけれど。
国家に尽くした者としてずっと奉られたい誇大妄想があるにしてもあなたたちはもう、立憲主義国家の政治家として最低の日本国民にとってのA級戦犯にこそなりたいようなので靖国に隠遁してください。

 ☆

私の会えなかった祖父は南方で戦死させられ、骨すらないのに靖国の英霊に無理やりされて奉られているから。あなたたち自身を靖国に祀らせるまえに、英霊という、でたらめな、侮辱の看板は必ず、下ろさせたい。
誰が戦死し心無い者、市民へのA級戦犯者なんかに利用され祀られたいか。

 ☆

立憲主義の日本国憲法にきちんと条文がある国家にいるのだから。
市民は政治家にもう言わないとだめだと思う。
戦争するなら、まずあなたが前線でが死んでください。
戦争せず、国民ひとりも殺すことをゆるさない職務をこそ、政治家の高給取りならやっておくれ。
できないならやめなさい。

 ☆

わたしの感覚では。いまの首相職にいる愚か者、(および、お取り巻き)は、やりたいやらずにすむ戦争を起こして、結果はどうであろうが、一億人弱死のうが、自分の身内さえ生き延びられたら、平然と、戦争に勝った、神国の聖戦だったという妄想頭脳しか首のうえにないな。

 ☆

震災被災のかた、原発事故被災者のかた、沖縄でこころ日々いためるかたへの、鈍感、無視。
どうでもよいのに都度パフォーマンスだけ。
カジノ誘致に血眼。
愚かしい姿、世界に日々晒して惨め。
これで与党、政権だと。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「花の精」、「声、幻の」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)

 「花の精」

 「声、幻の」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

新しい詩「お空、水彩絵の具の」、「五月、空に」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)

 「お空、水彩絵の具の」


虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「五月、空に」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 うた 絵ほん

詩想(七三) 5月3日。憲法記念日に。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

5月3日。今日は、憲法記念日
憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果。

 ☆

最後まで身内は死なないと思ってる傲慢な内閣、与党、議員の
戦争仮想論議、事前準備を心底厭う。
若者に殺し合えと命ずる資格なんてどんな選挙で選ばれようが議員になんてない。
独裁者にもないのと違いはない。
生死を選ぶ資格があるのは自分だけ。
平和への対話に命かけて給料分の職務果たせ。

 ☆

「日本が武力攻撃受けてなくても防衛出動。」
自民党、公明党、報じるTVは、
日本語を読み書き話し、
日本語で理解しあおうとする心ある動物であることもう、
やめましたと。
いちばん日本語粗末にする輩が、
皇国奉り、
おぞましい。
その群れが選挙で与党だと。
ここは日本語はなせる国か?

 ☆

はじめての川柳、のような。

国の汚点晴れがましげに誇らしげに安倍
自らの独りよがりな愚劣さ世界に
晒し記録し得意厚顔渡米演説

お坊ちゃん首相、勉強さぼりすぎた。
日本語の意味を伝えられない。
嘘とほんとの区別がつけられない。
演技ひどすぎて恥ずかしい。

 ☆

日本国憲法
第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

「日本が武力攻撃受けてなくても防衛出動。」
憲法と、こんな歪められた日本語と。

 ☆

日本国憲法
第十章 最高法規
第九十七条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第九十八条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。


「日本が武力攻撃受けてなくても防衛出動。」
国の最高法規の条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、
その効力を有しない。

 ☆

「憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果」。「これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。」
「永久の権利を」侵そうとする者を「首相」「与党」などと認めてはいけない。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 憲法記念日 日本国憲法 第九条 戦争の放棄 基本的人権

新しい詩「恋、つつじに」、「再会、菜の花に」、「思慕、山吹の」、「息吹き、つつじに」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「恋、つつじに」

 「再会、菜の花に」

 「思慕、山吹の」

 「息吹き、つつじに」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 うた 絵ほん

| ホーム |


 ホーム