プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

詩想(一〇七) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

あの国会議事堂のなか、異常な違憲の行いが、進められている。
ここに集まった誰ひとり、許してはいない。

 ☆

賛成議員は落選させよう。
違憲に平気なんて、議員として、正気か?
どうぞアベもろとも落選、没落しておくれ。

 ☆

いま、国会議事堂前。
公明党は恥を知れ。落選して、早くなくなれ。
宗教の名も辱しめ続けている集団。

 ☆

あの国会議事堂のなかの、ふんぞり返った、
ふさわしくない、恥ずべき、
賛成議員を落選させよう。

 ☆

違憲訴訟で、選挙で。
違憲の戦争法を白紙とし主権者を無視して賛成した愚かな議員追い出すための意思表示は、いろんな工夫をこれまで以上にしていきましょう。
【憲法第98条】
この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

 ☆

よりましな社会に。目の前の仲間内の私欲を肥やすことばかりしか頭にないろくでなしたちのやりたい放題にはさせないこと。そのために政党も政治家もセクトもグループも英雄も障壁も作らず壊して日本各地のなんとかしたい市民の願いを大切にして排除せず潰しあわず結ぶこと。主人公は生活者一人一人。

 ☆


大切に守らなければならないのは、人権。
弱い立場の人を、いじめる者、集団に対しては、だめだと言い、やめさせる。
戦争はいやだ、してはだめだ。
そう思える、願える人なら、それ以外の障壁は越えられる。越えることで、社会をよりましにできる。

 ☆

政治家の演説や知名人のスピーチより。
ふだんできなかった、出会い会話する機会もない、世代性別生活環境のぜんぜん違う一人一人の、戦争を厭い平和を願う言葉を聞き、声と姿と表情に出会えることが、一人の生活者として意思表示するデモに参加する私にとって、何より大切で励まされていること。

 ☆

違憲の戦争法案の、賛成議員を落選させよう。
議員の名前をいちいち覚えるのが苦手な、私のような人は。
参政権はけして放棄せず投票する。よりましな候補にと割りきる。
たとえどんなことがあっても自民党と公明党に関わる候補だけには投票しない。
主権者黙殺集団を消滅させよう。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「秋、悲しみのうた」「秋、デモ日和」「親子雲の話」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。


虹 新しい詩 中篇組詩、中篇詩(51行~100行)

 「秋、悲しみのうた」(・どんぐり ・まんじゅしゃげ ・そよ風 ・アルバム ・天の川)

 「秋、デモ日和」(・あわいあおに ・人魚のようにあなたは)

 「親子雲の話 ―二〇一五年秋、国会議事堂上空の」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 愛のうたの絵ほん

詩想(一〇六) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました

 ☆

自分を励ますことも大切だから。
違憲の戦争法案を廃案にし、アベを退陣させて、
とことんしたいこと。
眠くなくなるまで眠る。
創作しつづける。
海に会いにゆく。

 ☆

傲り良識を失った与党の政治屋はたった数百人。
違憲の法案に反対し抗議している人は数千人から一億人。
彼らは既に政治家資質、政治家生命を、短命に終わらせた。
傲り、他の人を軽んじられる輩は、必ず没落する。
違憲は違憲だ、意思表示続けること。

 ☆

解釈改憲なんて、狂気のクーデターだ。
解釈改憲なんて、政権は憲法破壊をしてるんだ。
デモを意思表示を続ける。
国会議員の誇りのみじんでもあるのなら、若い女の子や女性やお年寄りに、雨のなかこんな遅くまで、こんなことさせるな。

 ☆

違憲はあくまで違憲。
廃案が、まとも。
まともであることが、とても大切。
見失うと、独裁、盲従、狂気の社会。
廃案に。

 ☆

人間には良識というものがあり他の人の言葉に耳を傾け対話する。社会の基盤だ。
議員でもそれをなくせば資格喪失。

 ☆

アベは聞こえないまま、聞くことできないまま、政治家生命終わりだ。
アベは辞めろ。
この声がどれほど広く深く、
取り巻いてきたか、
取り巻いているか、
取り巻き続けるか。
辞めずにいられなくなって驚くほどの、
政治家不適任者だった。
もうアベは過去形に変わった。

 ☆

国会。私の感想を正直に書くと、アベと追従者は、既に真っ黒で、適法らしく見せて黒い違法をいくらでも重ねてきたし、重ねると思っています。少しも驚きではない、だから、アベ政治を許さない。アベは辞めろ。

 ☆

素直に。正直に。
世代を越えた男女が、いま意思表示しているから、
心と頭の腐った政治屋なんかに、
負けることは、けしてないと思う。
傲った政治屋に、未来は、
明日ももうないよ。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

詩想(一〇五) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました

 ☆

日本国憲法のもとで、戦争をしないさせない、立憲制民主主義を、戦後70年から100年200年未来へと手渡そうと願い意思表示する、一市民生活者として、違憲の法案を押し通そうとする政権の酷さを私も許すことができません。
文学詩文化のためにも現政権を退陣に。

 ☆

反対のことを平然と発言するとたん、国会議員としての適性は喪失する。
どうして、高村なんかを信頼できるか。

 ☆

わたしは福島もふくめ全国各地のいま起きているデモのうねりを現地に赴き放送しないNHKは視聴者に向き合わず、政権と会長への配慮が露骨で、公共放送の名に値しない偏向報道局に堕していると思っています。

 ☆

国民主権者に選ばれたという当たり前の自覚、良識ある政治家なら、世論調査結果を、政権は支持されていない、戦争法案は反対されていると、謙虚に受け止め、必要な軌道修正を図る。
給料もらう者の最低限遵守事項だ。
する能力のない政権、議員は有害。

 ☆

公約にも隠した、公約とは正反対の、世論を無視した政策を勝手に進め、違憲の法案まで押し通そうとする政権は、まともな社会に有害な、社会を壊す犯罪行為を重ねているのと変わらない。
アベ政治を許さない。アベは辞めろ。

 ☆

9月14日。国会議事堂前の車道に、車椅子の人たちが今日、最後までいた。
注ぎ込まれた時間と意思表示が、よりましな未来への、一歩となりますように。
気づけば鈴虫。

 ☆

昨日の国会議事堂前。
歩道に参加者を閉じ込めるよう命じられ、懸命の力で鉄柵を押し返していた、若い警察官たち。
正義感の強そうな彼らは、真っ先に前線に送られ肉弾とされるだろう。
戦時の特攻兵の姿が重なって見えた。
愚かな為政者に徴兵などさせない。
今できることをする。

 ☆

国会議事堂前へ移動中の郊外の駅でも、違憲の戦争法案に抗議する集まりにあった。
良識ある人間はいま、為政者に対して、本当に怒っている。

 ☆

戦争は、国家の仕組みを悪用した、一部の為政者による、強制された狂気。
国家のために、殺人、大虐殺、自害、玉砕を、強制する。
その行いは狂気だとあげられた声を、相互監視で押しつぶす。
この国はほんの70年前、狂気を庶民すべてに強制した国。アベ、日本会議の復古目指す狂気の国。

 ☆

嘘まみれ、威張るばかりで、一切責任を取ったためしのない、アベと、お取りまきの日本会議は、狂気を強制しようと画策する集団。
なんのために?  愚かな妄想のために。
未来への心ふくらむヴィジョンはなんにもない。
自集団の欲と、殺伐殺戮社会と闇の深さばかり。
必ず退陣させる。アベは辞めろ。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「秋の音」「こころの翼」「いろあいさまよい」をHP公開しました。

 私のホームページ「愛のうたの絵ほんの「虹 新しい」に、新しいの花を咲かせました。
(下記ののタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい 中篇・組(51行~100行)

 「秋の音」(・鈴 ・さえずり ・風いろ ・満天 ・あい)


虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「こころの翼」


虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)

 「いろあいさまよい」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 愛のうたの絵ほん

詩想(一〇四) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました

 ☆

犯罪を繰り返していると私は思います。東電と国が。
「毎日動画:福島第1原発:汚染雨水が流出 外洋に6度目」

 ☆

自由、民主
人間のらしい社会とするために絶えず気づき築き続けることが大切な価値。
その言葉と意味の真逆の、不自由国家強制、主権者無視独裁ばかりの、あんな組織、集団は、この国にはもういらない。
解体消滅歴史の汚点として滅びろ。
アベ政治を許さない。アベは辞めろ。

 ☆

違憲の法案を、ろくに審議せずに通そうとしても、違憲法案は憲法を定められた手続きで変えない限り、違憲のままだ。
愚かさの証明、歴史に愚かさを深くまた刻むだけだ。 
国会議事堂前での、抗議集会に参加しに向かっています。

 ☆

暗愚政権、主権者をおろそかにする、自民も公民も、自ら考え行動できない、愚か者に媚びへつらうばかりのろくでなしの議員の群れはもういらないよ。
アベ政治を許さない。アベは辞めろ。

 ☆

新聞11日の記事、福島原発の汚染水を外洋にまた溢れ出させてしまったとの、東電発表を載せていた。
探さないと記事がない。麻痺してる。
責任者は完全にコントロールしてると言ったあの無責任者ではないのか?
海を汚し続ける犯罪を放置するな。

 ☆

安保法案は違憲。
「一見極めて明白に違憲無効」
憲法守れ。アベは辞めろ。

 ☆

違憲の戦争法案に対する、国会議事堂前での抗議集会。
今日も高校生やママ、世代を越えて心に響くスピーチ、意思表示を聞けた。
注がれた時間、労力が、よりましな未来の方向への一歩になりますように。
疲れたら、休み、続けよう。
愚かな少数の政治屋の違法行為に負けることなどけしてないから。

 ☆

強行採決は、平日の明るい時間に。不測の事態に備えて。酷くて呆れる。
丁寧に説明すると嘘ついたのは誰だっけ?
自民党、この人たちは誰にえらばれた? 誰に給料もらって、誰のために働いてるのか?

 ☆

内閣支持、最低。誰が、嘘つきを、支持するか? たぶん、もう、嘘つきだけだ。
アベ政治を許さない。アベは辞めろ。

 ☆

今日は休養日と思っていましたが、がんばって、辺野古の、国会議事堂前抗議に参加し、声を聞き、意思表示します。
国会議事堂周辺は、沖縄の辺野古へ新基地をつくろうとする政権へ、抗議する人たちが集まり、いま意思表示を続けています。

 ☆

とてもいい、共感する言葉です。私もいま思っています。
「デモが全て…とはいわないけども、デモを含めた考えうる全てをやる」。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

新しい詩「季節の楽章」「よわね」「愛しい空へ」「しずかないかり」をHP公開しました。

 私のホームページ「愛のうたの絵ほんの「虹 新しい」に、新しいの花を咲かせました。
(下記ののタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 新しい 掌篇・組(51行~100行)

 「季節の楽章」(・予感 ・初心)


虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「よわね」


虹 新しい詩 掌篇詩(26行~50行)

 「愛しい空へ」

虹 野の花・ちいさなうた 短詩(1~25行)

 「しずかないかり」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 愛のうたの絵ほん

詩想(一〇三) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました

 ☆

15時から新宿歩行者天国伊勢丹前での、違憲の戦争法案に対する若者、学生、学者主催の抗議集会に向かっています。
声を聞き、意思表示します。
アベ政治、政権、自民公民が国会でやってる横暴、めちゃくちゃ、社会の良識を捨て去ろうする言動、振る舞いは無惨。
違憲法案は廃案に。アベは辞めろ。

 ☆

高村は最低の政治家の本性を露に。
彼の「国民」には与党の政治家は含まれていない。
国民の一人、国民に選ばれた者との意識、責任感は欠落、高みから見下し命じる自惚れだけ。

安保法案:高村氏「国民の理解が得られなくても成立」 - 毎日新聞

 ☆

国民に選ばれた一人の責任ある国民だと言うまともな意識があるなら、「国民の理解が得られなくても」法案を通すなんて、意味不明な言葉は言えるわけがない。
「国民の一人である私の理解が得られなくても」と言ってるようなもの。
議員資質もとよりなく、完全に喪失。
さっさと辞めろ。

 ☆

アベも酷いけれど、高村も、過去の答弁を翻した虚偽答弁だけでも、議員の資格はとっくにない。
アベ政治を許さない。アベは辞めろ。
高村は辞めろ。

 ☆

文人だから創作は当たり前だけど文人なのにこのところ通院とデモで読書ができず恥じているので、立ち寄った書店で、いつでもどこでも読める文庫を仕入れました。
小林一茶と種田山頭火と尾崎放哉です。
通じるものは、反骨。
社会権力権威に迎合しない批評精神、個の深みからの芸術性を尊敬しています。

 ☆

小林一茶、種田山頭火、尾崎放哉の、生きざま、句については、ブログ「愛(かな)しい詩歌」 に、エッセイを書いています。
俳人名でそれぞれ検索できますので、お読み頂けましたら嬉しいです。
彼らの句は私には生きようとする力になります。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

詩想(一〇二) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました

 ☆

30日の抗議行動の疲れが出た私も一人だけれど、言っておきたいこと。
非を一切認めずあくまで誤解と上から目線で決めつけ主権者の声をまったく聞かない政権はいらない。アベ政権はさっさと辞めろ。
嘘つき政治家には無言のレッドカード。大阪の恥。橋下ひとりの恥でやめとけ。さっさと辞めろ。

 ☆

産経はジャーナリズムなんてとても言えない。
現場を体感して書かない者は記者じゃない。
ただの御用聞き政権広報であるにしても、レベルが低すぎて新聞を自称してるのが、国内外に対して恥ずかしくなる。
ホラ吹き詐欺確信犯アベ様の代弁屋。

 ☆

違憲の戦争法案を廃案にして、海を感じに行きたい、秋の海辺でぼおっとしたいと、願っています。

 ☆
法に対する良識と謙虚さを失なった人間は、社会からゴロツキ、無法者、社会破壊勢力と、日本語では一般的に呼ばれる。
最近の具体例は、アベ、閣僚、自民、公明。クーデターの首謀者はアベ。
アベは辞めろ。

 ☆

違憲の戦争法案。憲法学者も、弁護士も、元内閣法制局長官も、元最高裁長官も、市民、主権者も、違憲だと。
この国の政権は、米国、米軍、防衛省の奴隷化し、空には軍用機わがもの顔に飛びかいだしてる。
国会議事堂前の抗議集会に参加しに向かっています。

 ☆

違憲の戦争法案は必ず廃案にする。
アベ政治を、自公民政権の主権者無視の傲慢な独裁を許さない。
防衛省の横暴、暴走を止める。
酷すぎて政治なんて言えない。
アベは辞めろ。

 ☆

国会議事堂、官邸に、近づとやはり、怒りが高まってしまう。
違憲の戦争法案への、抗議の意思表示に、今から集中します。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想

詩想(一〇一) 詩と文学。心の足跡。

違憲戦争法案に対する国会議事堂包囲の、抗議行動に向かっています。
やまない雨はない。必ずやむ。
アベ政治を許さない。
アベは辞めろ。
がんばり、いまできることをしましょう。

 ☆

違憲戦争法案に対して抗議する意思表示を、猛暑を乗り越え示し続けてきたのだから、小雨なんて天の恵みかな。がんばれる。
違憲法案は必ず廃案に。
アベ政治を許さない。
アベは辞めろ。

 ☆

詩を心注いで創れるよう。

今日は全身全心を、抗議意思の塊にする。

 ☆

国会議事堂前、抗議の人が溢れかえっています。
車道も埋め尽くしました。
アベ、政権、与党への、怒りの声がやみません。溢れています。声を聞けないものに議員の資格なんてない。

 ☆

アベは辞めろ。声はやみません。
憲法守れ。アベは辞めろ。
国民なめんな。アベは辞めろ。

 ☆

今日注ぎ込まれた一人一人の想いと願いと労力と時間が、よりましな未来への、確かな一歩となりますように。

くたびれきったときにこそ、テスト前ふいにマンガや小説を読みふけらずにはいられなかったように、創作少しでもしようと自らを励ます。

 ☆

詩はマンガにも小説にもなにものにも代えられず私には大切。

 ☆

「戦争させない」デモが国会包囲 参加者12万人と主催者 - スマホ版 - 47NEWS(よんななニュース)

この記事、写真に目を反らし、耳を傾けようとしない者なんかに、国会議員の資格なんてないと思う。

 ☆

国会議事堂包囲の、抗議行動にいた者として、あれこれ理屈をあげつらう批評屋や、目も耳も頭も心もない与党の政治失格者に、一言。
あの場にいたのは、お年寄りや子どもや若者や多くの女性、雨にぬれて、押され、ぎゅうぎゅうのなかで、立ち尽くし数時間がんばった、一人一人なんだ。

 ☆

人の、声、肉声を、聞きもせず、汗だくの表情を、知りもしないものが、語る言葉なんか、聞くに値しない。
批評屋は、黙れ。
政治に志ある人間なら、人間を見ろ。
できもしないなら、さっさと辞めろ。
アベと追従者はいますぐ辞めろ。
国会前、全国の町で、人間がいま、言ってるんだ。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩想 違憲 戦争法案 抗議

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ