プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

詩誌「たぶの木」20号をHP公開しました。

新しい詩「美ら海(ちゅらうみ)のうた」「落ち葉に」「夜空に」をHP公開しました。

詩想(一一〇) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

ベートーヴェンやゴッホの、狂おしさがずっと好き。
芸術は恋とおなじ、理屈には抑えられない、もの狂おしさだと、思います。

 ☆

さかしらで打算的で狡猾な現代社会で、小説、散文は、そこにどっぷりに染まることを逆用できる、して生き延びようとしているのかもしれないけれど。
散文。詩ではない。
ものぐるおしい情念に根をのばし、いのちを吸いあげていない言葉は、形は詩らしくても、詩ではない、散文だと思います。

 ☆

詩は恋文、ラブレターだから。ガチガチに頭で拵えあげた現代詩にはもうなくても、ポエムにはいまも詩が息しているとわたしは感じます。

 ☆

とてもあたりまえのことだけれど。いつも初心で。
伝えずにはいられない想いと情熱の強さが表現活動の、いのち。
そのために修練を重ねつづけて、ただひとつの個性の花、なのに誰もがなぜか美しいと感じてしまう、花を咲かせるのが芸術に生きること。願い、夢。

 ☆

芸術はこころのあらゆるかぎりのひろがりとふかみと光と闇をいききして感じつくそうとしてこそ息するから。
ある特定の時代の、社会規範、政治体制、モラル、科学の枠組に合わせはめこむと衰弱するものだから。
病、叫びの境界をさ迷うものとして、白眼視されたりするけれど。
正義も正気も人が人に断定的に、押しつけられるものではないということに対してだけは、生きるということに、とても、謙虚だと、思います。

 ☆

訂正。文意をより正確に。
芸術、文学、詩は、病、叫びの境界をさ迷うものとして、社会から、断罪されたりしがちだけれど。
断罪できると信じ込める群れのなかにあっても、より人間的だと、思います。

 ☆

芸術、文学、詩は、科学的世界観、時代思潮が愚かにも過去の遺物のように軽んじがちな、宗教、哲学、美。
人間が人間であるかぎり、なくなりようがない、これらなにより人間的な、ゆたかなものと、交わりあうことで、生み出さすことが初めてできる、人間のいのちのあかしなんだと、わたしは思います。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩人 詩歌 愛のうたの絵ほん

新しい詩「海、宇宙色」「印象、海ウ」「記憶の海辺で」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。


虹 新しい詩 短編詩(26行~50行)タイトル3行含む

 「海、宇宙色」

 「印象、海ウ」


虹 新しい詩 掌編詩(15行~25行)タイトル3行含む

 「記憶の海辺で」



お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩人 詩歌 愛のうたの絵ほん

詩想(一〇九) 詩と文学。心の足跡。

私の詩想を、ツイートからひろいあつめました。

 ☆

あまりに自衛隊機がやかましくわがもの顔に空に騒音をまき散らしているのを睨んでいたら、自転車で縁石に正面衝突しました。
犬も歩けば棒にあたる。
猿も木から落ちる。
ソクラテスも穴に落ちる。
わたしも友に似ているので、騒音を消せる日まで、気をつけようと思いました。

 ☆

詩の読者は、楽譜を前にしたビアニストなんだ。
創作者の音楽世界を、じぶんの個性のままに解釈し。
自由に旅し創作する。

 ☆

奇抜さ、新奇さを売りにした作品は、二度目にするとありきたりの平凡さが鼻につき、三度読む気にならない。
異端で個性の塊の斬新な作品は、初めての出会いはふしぎさと驚きばかりだけれど、二度目、三度目と、出会いが重なるたびに、輝きと感動が深まる。

 ☆

創作者に喜びがあるとしたら、自分にとってさえ、そのように未知で斬新な作品が生まれでてくる不思議さと神秘を知る一人目の読者となることで、二人、三人と、感動が伝わる人が必ずいてくれると、しずかに、確かに、知りえることだと思う。
そんな創作者でありたい。と、ショパンに想う。

 ☆

Wikipediaでみた。ショパンの生涯39年。演奏会の数は30回くらいと少なかった。
演じることより、作品をこそ創りたかった、創らずにはいられなかったのだと思う。
短かったか、長かったか、疲れきったか、本人のみが知る。
病弱だった彼のいのちと情熱はいまも狂おしく美しく作品に燃える。

 ☆

わたしのゆがんだ斜視に、ショパンと重なり映る詩人は、和泉式部、紫式部、式子内親王、西行、芭蕉、一茶、中也、賢治、放哉、山頭火、太宰。
夭逝、放浪、世捨人、それは肉体と同じ移ろう見た目の姿、仮の宿で、彼らがいまも生きているのは、いのち燃えつづける作品にだと、わたしは思っています。



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩人 詩歌 愛のうたの絵ほん

新しい詩「銀河、恋うた」「金と銀の変奏曲― 宮沢賢治「青い柳の葉」の主題による」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。


虹 新しい詩 短編詩(26行~50行)タイトル3行含む

 「銀河、恋うた」


虹 新しい詩 掌編詩(15行~25行)タイトル3行含む

 「金と銀の変奏曲― 宮沢賢治「青い柳の葉」の主題による」



お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 詩歌 愛のうたの絵ほん

新しい詩「別れ。晩秋の」をHP公開しました。

新しい詩「柿のスケッチ」「虹紅葉」「無言」「ふゆう」をHP公開しました。

 私の詩のホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、新しい詩の花を咲かせました。
(下記の詩のタイトルをクリックするとHPをお読み頂けます)。

虹 虹 新しい詩 掌編詩(15~25行)

 「柿のスケッチ」

虹 新しい詩 短詩(4~14行)

 「虹紅葉」

 「無言」

 「ふゆう」


お読み頂けましたら、とても嬉しいです。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩人 高畑耕治 愛のうたの絵ほん 詩歌

新しい詩「あたらしい誕生日」をHP公開しました。

| ホーム |


 ホーム