プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

新しい詩「しおん」「水玉」「かわらなでしこ」「星あかりの羽根」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、
詩の四つ葉がひらきました。

(下の詩のタイトルからお読み頂けます)。

 「しおん」

 「水玉」

 「かわらなでしこ」

 「星あかりの羽根」


お読みくださるとうれしいです。


☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス (地方小出版流通センター扱い)

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

新しい詩「望みの、朔」、「瞳」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、
ちいさな詩の花が二りん咲きました。

(下の詩のタイトルからお読み頂けます)。

 「望みの、朔」

 「瞳」

お読みくださるとうれしいです。


☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス(地方小出版流通センター扱い)

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

新しい詩「天の川」、「夏」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、
ちいさな詩の花が二りん咲きました。

(下の詩のタイトルからお読み頂けます)。

 「天の川」

 「夏」

お読みくださるとうれしいです。


☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス(地方小出版流通センター扱い)

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

落穂拾い。信仰の自由について。

詩想の落穂拾いです。

   *

「日本宗教史」(末木文美士著、岩波新書)を読み、考えています。
参議院選の当選議員で、日本神話の登場人物の実在を信仰告白した人がいました。宗教は人間の生き方、心深い主題だから他者がとやかく言えはしません。
だからこそ政治と宗教は切り離し、憲法で信仰は自由は守られることが今、大切です。

   *

個人の信仰、価値観を、他者に押しつけようとするとき、宗教心、信仰心は薄れ、政治的イデオロギー、戦争の大義に変じてしまい、もうそれは信仰ではなく、狂信、強権でしかありません。
社会、世界、人間の心を壊します。歪めた信仰を真理だと強制する者、集団に政治を委ねてはいけないと私は考えます。

   *

国家神道を日蓮宗を信仰するのも、神社に参り創価学会に集うのも個人の自由です。
日本国憲法が、人権、信仰の自由を守るべきものとしているからです。
日本会議、与党は政教分離を守らず国家神道を強制しようとします。狂信神国、他宗教弾圧時代への回帰です。
信仰の自由の破壊を許してはいけません。

   *

わたしは宗教心を抱く人が好きです。
地球のいろんな地域、時代に生まれ、語り継がれた神話が好きです。芸術の源泉です。
仏教にもジャイナ教にもユダヤ教にもキリスト教にもイスラム教にも日本の民間習俗にも神道にも、学ぶべき人間の洞察があります。

   *

人間の心を深め豊かにしてくれる多様な文化と歴史、宗教を、政治イデオロギーの道具、強権支配の手段、殺し合い、侵略、戦争のでたらめな大義などに、貶めてはならないと考えます。
日本に生きてきた人の心には多様な宗教、信仰心が、美しく地層をなしていることにこそ、敬意を感じ学びたいと思います。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

落穂拾い 「瞳」

   


まどろむ想いの種子に
おどろき
ときめき
感動の
雨とひかりの精
ふりそそぐとき
詩はやどる

おもいつきだけ
ならべた文字は
まぶたとじたまま
みつめようとしても
ねむくなるだけ

肩書き撒き散らしても
乾いて土はかちこち
干からびるばかり

はじけるひかり
ふるえる雨粒のしめりに

芽吹きしずかにせつなげに
詩はそっと

瞳ひらく

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 うた

ひとりの市民として。2016年7月 (3)

ひとりの市民としての、発言、意思表示です。

選挙権の歴史 横浜市HP
かつてはごく一部の人にしか選挙権がありませんでした。財産や性別などで差別されることなく、みんなが投票できるようになるまでには、大変な努力と長い歴史があった。第二次世界大戦後、はじめて男女平等の完全普通選挙。

   *

選挙権の歴史 東京都選挙管理委員会HP
「性別に関係なく、20歳以上の日本人は投票できるようになったのは昭和21年から」
完全普通選挙は1946年、まだ数十年前のこと。
ごく一部の富裕な男性にしか選挙権はありませんでした。

   *

選挙権を放棄することは、時代を逆行し、限られた多くは富裕な政治家に、全権白紙委任してしまうこと。
選挙権を求めてかなわず、戦死し、1945年敗戦し、いまの日本国憲法に基づき初めて得た参政権を、生かさないこと。
社会人とは、歴史を自覚し考え行動する人に対しての呼称だと私は思います。

   *

この人も選びたいけれど、今回はこの人をと、選んで、投票しました。投票しないのは、いちばんよい選択肢ではなく、自分を害すと思います。  

   *

沖縄、福島、北海道、東北での、選挙結果に、主権者が現在をまともに見つめ意思を示したときの結果があらわれていて、明日からがある、とわたしは思います。
おかしい政治に対する異議が、各地にあたりまえにあることを、示していきたいと思います。

   *

わたし個人は、闘いのない平和を望むので、闘い、という言葉を使うのは好きではありません。が、市民庶民として生活するひとりとして、小異としています。
政権与党の傲慢狂信社会的不正に対して、人間らしくあるために、共感できる発言と不可欠な行動だと考えます。

   *

黙ったまま、結果的に、不正に荷担させられることに甘んじる人たち、それ以前になにも感じれず考えない人たちより、闘うと言わずにいられない人たちのほうが、わたしは好きです。

  
関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

ひとりの市民として。2016年7月 (2)

ひとりの市民としての、発言の記録、意思表示です。

年齢に関わらず、選挙権を活かさず投票をサボり棄てる白紙委任は、幼稚で自分を貶める行為だと思います。投票した一票は記録されます。活かされない場合にも示した意思表示をいい続けることができます。白紙委任は、選挙権のない他の人の人権や尊厳まで弱め危険にさらすから、わたしは必ず投票します。

   *

嘘をつかない、約束を守る、間違ったら謝る、謙虚であろうとする、他の人や生きもののことを思う、被災者の方を忘れない、誠実であろうとする、人に投票しよりひとりでも、選びたいと思います。投票の権利を放棄せず、ひとりひとりのあたりまえの生活が、けしてないがしろにされてしまわないよう。

   *

自民党が、日本国憲法の「戦争の放棄」を放棄する(=戦争することを為政者にゆるす)、改正(=主権者にとっての改悪)をすすめようとしていることが、よくわかります。

   *

日本国憲法に記されている主権者の権利を、自民党が乱暴に削りとろうとしていることが、比較すると、はっきり見えます。内容を説明しない「改正」という言葉は、為政者(限られた政治家と利益集団)にとってだけで大多数の主権者には危険な改悪です。

   *

徴兵を語る政治家が、責任と規範を示すべく、率先してまず戦場へ行き殺し合いの最前線に立て。自らの命をかけないもしないものが、徴兵なんて、若者の命のつぶしあいを、軽々しく口にするな、とわたしは憲法改悪論者、集団に怒りを覚えます。

   *

与党と、同調するする集団の、軽々しい言動に、騙されてはいけない。
他のひとを思う、優しい若者の命を、徴兵なんかで奪ってはいけない、
ひとりひとりが自ら生き方を意思で選択する主権を軽んじさせてはいけないと、
私は思います。

   *

選挙権を活かし、よりましになりうる選択をすることが、とても大切だと思います。約束違反を重ねた自民、公明、維新、日本のこころだけは選ばずに、投票をする。主権者として、選ぶ権利がいま一人一人にあります。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

ひとりの市民として。2016年7月。

ひとりの市民としての、発言の記録、意思表示です。

毎日の仕事にくたびれはてた平民市民として。わたしは参院選に政治なんてと思いがちな人が一人でも多く選挙権を棄ててしまわず生かして、全国32の一人区と、複数人区すべてで、安保法制に賛成した与党自民党・公明党・他応援隠れ勢力をみんな落選させることを、強く望む者です。

   *

未来に兵と原発でなく、希望を。

   *

アベ政治を許さない候補者に、
一人の主権者として投票し、
意思表示しようと思います。

   *

「神々の明治維新‐神仏分離と廃仏毀釈」安丸良夫著、岩波新書を読みました。維新政権の国家イデオロギー国家神道の強制、仏教、民間信仰、キリスト教の排斥運動は酷く、現政権が回帰を謀る靖国崇拝の源流です。国家が強権で信仰の自由と人権を奪い極小化する与党議員は落選させよう、と強く思います。

   *

わたしは文学が好きな人間なので、芸術と哲学と宗教。そこにあらわれる人間の感受性と心と思考と魂をなにより大切に思います。
偏ったイデオロギーだけを押しつけようとする集団の強権政治ほど文化と人間を蝕み貧しくしてしまう、宗教からほど遠いものはない、与党、公明党は落選させたい、と思います。

   *

自民党、公明党という集団の力で議員になろうとしている人は、いま憲法でまもられている人権と日常生活の平和を狭め危機にさらし奪おうとするイデオロギー、総理職周辺勢力に従うだろうから信頼できません。参院選で、落選させたい。だから選挙権を放棄せず、心ある他の候補者に投票しようと思います。

   *

公約を守らなかった、ごまかした、公言した責任を果たさずにいる党派の議員は落選させるのが、最低限の社会ルールを守るために必要だとわたしは思います。
選挙の後になにをするかわからない、約束を反故にする実績を積み重ねる集団組織には投票しない、他の人を選ぶことがいま必要ではないでしょうか?

   *

選挙情勢のマスコミ報道は、日中固定電話に応答できる有権者が限られる調査方法に偏りがあり何のために報道するのかわからないから選挙日の備忘のお知らせとだけ受け止め、酷い候補者でなくよりよい人を選ぶ努力を惜しまないのが社会を劣化させないための選挙権ある人の責任ある行為だと私は思います。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

新しい詩「晩餐。ねこと紫陽花とおさかなと。」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、
ちいさな詩の花が咲きました。

(下の詩のタイトルからお読み頂けます)。

 「晩餐。ねこと紫陽花とおさかなと。」



☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス(地方小出版流通センター扱い)

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

毎日書道展近代詩文書部。南川さん受賞作品展示のお知らせ

大阪・四條畷高校の同窓の、南川和子さんが、第68回毎日書道展の近代詩文書部で
わたしの詩をとりあげてくださり、秀作賞を受賞されました。

受賞作は、私の組詩『海に、水平線に』の中の「夕暮れ」の
第2段落の冒頭部分

遮るものも境界もなく
見渡せば色彩無限の
グラデーション

頭の中に浮かんだ、キラキラ輝く雄大な海の情景をイメージして書いてくださったとのことです。

東京展の前期展7月6日〜18日(祝)国立新美術館で展示中です。
(この期間ルノワール展も開催中のようです)。
私も行ってきます。

関西展は、8月3日〜7日京都市美術館で展示されます。

美しい書の世界を、ご覧いただけましたら、と思います。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 毎日書道展 近代詩文書部

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ