プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

詩誌「たぶの木」24号(終刊号)をホームページに公開しました。

詩誌「たぶの木」24号(漉林書房、2016年10月15日発行)を、私のホームページ「愛のうたの絵ほん」に公開しました。
  
詩誌 「たぶの木」 24号(終刊号)   (詩誌名をクリックしてお読み頂けます。)

 執筆者は、田川紀久雄、坂井のぶこ、山下佳恵、高畑耕治です。

 (表紙・目次)



バックナンバーはこちらです。 
詩誌「たぶの木」

お読み頂けますとうれしいです。


☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス(地方小出版流通センター扱い)

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : たぶの木

散る文。

散らしたツイートの落穂拾いです。

  *

資質というものがあり。喜びと悲しみの天秤の偏りが人にはあり。ノウテンキであらせられるかメランコリックであらせられるかはイカントモシガタイものもあり。
正常と病の連続線の不確かな境界のどのあたりをさまよえるかは意思をこえた運命らしきものもあるかと嘆き望みつつふらつけるのは人だからか。

  *

酔っぱらってもお天気すぎても、あまりにしらふでも、おろかさとおかしみとかなしみ、ぬぎすてられないのがひとなのでしょうか。
厭世的であるまいなるまいと吐きだす毒は、生まれた姿とりもどそうともがきあがき脱皮し、おぼろな夢に、なつかしい希望に。ほらあんなに美しく、たかくとおくてふてふと。

  *

懐疑的、相対的、不定的な思索は、自らの考えの基軸をさえ疑ってしまうので、ふにゃふにゃなおなお頼りないけれども。
自らを正しいと断言し独断し切る正気は、ほとんど狂気と変わらなかったこと、人類の歴史がうんざりするほど克明に刻みつづけてる。
それが事実でないなら人類史なんてすべて夢幻(ユメマボロシ)。

  *

曇り空、雨降りばかりですが。
共感できることだけ共感し、すこしでもましになればと、意思をもち自分の足で立つことで、気持も雨に負けずにいられると。
<強行採決から1年 戦争法廃止!9.19国会正門前行動 9月19日(月・休)15時30分~@国会議事堂正門前>

  *

晴れた秋空を歩けたらいいなと。まあ、雨も恵みだ。原発はいらなし、戦争は狂気でしかないから。いらないよと、思うままに歩けばこころ晴れる。
<さようなら原発さようなら戦争9.22大集会@代々木公園B地区・けやき並木 9月22日(木・休)12時開始※15時~デモ>

  *

どんなにひどくてもいまの政権与党よりはまし、
すこしでもよりましな世を選ぼうと、がまんし。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

新しい詩「こねこマリアのレット・イット・ビー」「秋の瞳」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、
詩の花が二りん咲きました。

(下の詩のタイトルから作品をお読み頂けます)。

 「こねこマリアのレット・イット・ビー」

 「秋の瞳」


お読みくださるとうれしいです。



☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

作品が生まれる、時

詩の種が降り注ぎ宿ります。こころの受精です。
五感、感受性、思考が揺り動かされわきあがる、感動、強い印象、想いは、心象スケッチとして、ラフで粗い姿でも、こぼさないよう、その時できる限り集中して生まれあがる言葉で、書きとめます。
メモ帳やツイートで。

少し時間をおいて、時間をかけて、作品として創ります。推敲を繰り返し、誤りをなおし、拡がり深まりさ迷う言葉を注ぎ、水をやり日光と陰、朝と昼と夜の息をさせて、育ってくれるよう、できる限りの努力をし、見守ります。種が芽吹き、のびてゆきます。どんな姿になるか、わかりません。

作品によって必要な時間はまったくちがいますが、やがて、その時がきてくれたなら、つぼみがほぐれ、詩の花がほほえんでくれます。

初期の頃は、詩集はお産だと思っていました。一年半くらいの周期と期間、産後の休養が必要だと。
第5詩集「さようなら」、まではそう思っていました。

必要な時が経ち、

詩集「こころうた こころ絵ぼん」、詩集「銀河、ふりしきる」、そして今は、創作についてのその想いが変わったと思います。

作品一輪いちりんが、種から育ち、咲く花だといまは思います。

咲くためにかかる時間も、咲く季節も姿も、みんなちがいますが、種から芽吹き、伸びて、つぼみとなり、開く野の花です。ですから、どの季節も、どの日も、種が受精し宿り、育ち咲いてくれる可能性をひめた時だと思います。
心象スケッチを書きとめられるか、作品として創作し完成させられるかは、
人としての、感受性と、感性と、こころしだいだと思います。

詩の花は、痛いこころにも、悲しいこころにも、苦しいこころにも、さびしいこころにも、うれしいこころにも、楽しいこころにも、死にたいこころにも、生きたいこころにも、そのこころだけの表情で、愛(かな)しく咲いてくれます。
美しく、優しく、静かに。

想えば、この星は、野の花でいっぱいです。
こころをみつめると、眠っている時にさえ、詩の花はいちめんに咲いています。

みあげれば、宇宙空間にも。
生きているときも、死んでも。




☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス






関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩想

新しい詩「鷺草」「秋雨の音 ふたしずく」「すがた」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、
詩の花が三りん咲きました。

(下の詩のタイトルから作品をお読み頂けます)。

 「鷺草」

 「秋雨の音 ふたしずく」

 「すがた」


お読みくださるとうれしいです。



☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

新しい詩「静楽器」をホームページに公開しました。

ホームページ「愛のうたの絵ほん」の「虹 新しい詩」に、
詩の花が咲きました。
(次の詩のタイトルからお読み頂けます)。

 「静楽器」


お読みくださるとうれしいです。


☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス



関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治

落穂拾い。散る文。

その国ではいつのまにか「政治家」は、
あらゆる分野の専門家の提言を小バカに見くだす、
全知全能で、耳だけ失った、バカ殿になられたそうです。

あらゆる判断をくだし命じることだけがお好きなお方々、

「良心」という単語は、
読めなくなった、
読まなくなった、
そうです。

「責任」ってなんだったっけ?
もう、
知らないそうです。

「未来」なんて、
見ない、
そうです。

  *

政治的な効果・結果だけがすべてではないと私は思います。
生活するひとりとして、その行動を選ぶことがよりよい、選ばないよりましだと思えるなら、まず自分自身のために選べばよいから、時間がとれたらひとり参加人数をふやしたいと思っています。
<お知らせ>
戦争をさせない1000人委員会 @committeeof1000
強行採決から1年 戦争法廃止!9.19国会正門前行動
9月19日(月・休)15時30分~@国会議事堂正門前
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

  *

時間がとれたら、戦争はいやだ、原発はいらないと、歩くことで示す人を、わたしひとり分ふやしたいと思っています。
なによりまず創作を作品をと絶えず思い行いつつ。
<お知らせ>
さようなら原発 さようなら戦争 9.22大集会@代々木公園B地区・けやき並木
9月22日(木・休)12時開始※15時~デモ

  *

安保法制違憲訴訟が今日9月2日、東京地方裁判所で始まりました。
代理人弁護士、5名の原告の方が陳述され、東京大空襲、長崎の被爆、戦争体験、訴えに深く考えさせられました。代理人弁護士1000人、原告2700人、全国で訴訟が続きます。
わたしも初めてでしたが、傍聴で関心を示すことも市民としてできる大切な意思表示なのだと学びました。

原告のさまざまな思いと論点をまとめた陳述に対し、被告である国の答弁書は無味乾燥したまるでロボットによる事務処理のようです。
<報告>
安保法制違憲訴訟の会 ‏@anpoiken_jp
東京地裁国家賠償請求 第1回口頭弁論のご報告
原告の陳述及び、被告答弁書をUPしました。
  *

国は「すだれ」を壁と書く。
<参照>
「クローズアップ2016:福島原発事故5年半 汚染水対策、足踏み - 毎日新聞」
地盤力学が専門の浅岡顕・名古屋大名誉教授は「凍土壁は『壁』ではなく、すき間のある『すだれ』のようなものでしかない」と指摘。

  *

「責任」ってなんだったっけ?
もう、
知らないそうです。

「未来」なんて、
見ない、
そうです。




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩想

詩想。落穂拾い

高畑耕治は童話作家、童謡作家(に過ぎない)と、現代詩を書かれる方の(言外、無意識、あからさまな)高みからの見下しをたびたびわたしは浴びてきましたけれど、まじめな話わたしはその言葉、最大のほめ言葉と思っております。尊敬しておりますのは、アンデルセンや金子みすゞ、こころある詩人です。



『イスラーム神学』(松山洋平著、作品社)を読み終えました。単純には括れない多様な考えが時代・地域に広がっていると教えられます。共感できること、できないこと、混在しているのはあたりまえだけれど、理解しようとして初めて互いの差異を認めたうえで繋がる何かが見つけられるのではと考えます。



自分の考えだけが正しいと主張し押しつけようとする者を私は疑います。発言しているのは人間。謙虚さを失うほど理性も薄れると思います。宗教においても、哲学においても、政治的な立ち位置の相対的な右左の自己主張、権威づけなど関係なく。



原始仏教、日本神話、ギリシャの懐疑主義哲学の本を少しずつ読もうと思っています。共感しつつ、反発しつつ、なぜこのように伝えようとされたのか、理解しようとしつつ。芸術、文学は愛真善美を探さずにはいられない人間のさまよいでしかなく正しさの主張でも押しつけでもないから好なのだと思いつつ。



いちばん好きな詩はずっと抒情詩です。恋と愛の。だからポエムはいいと感じます。心象と象徴の遥かな憧憬の美も好きです。子規や茂吉の叙景の絶対化は独断的だと思います。削ぎ落とすことで表せる表現があることも学びつつ、枯れた老境に逃げ込まず、抒情を、と思います。



なぜ生きてるのか問いつづけても、こたえは見つからず、それでも探し問いつづけてることが、なんだか生きていることであるように。ただ、愛(かな)しい、とばかり感じてしまうこころに咲くことばが、わたしにとっては詩であるようです。詩はこころが咲く花、いろんな花にであえればいいと思います。




☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス




関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩想

散る文。詩にならない

ひとりの生活する市民の、詩にならない散文です。

  *

最後の終戦記念日としつづけることが、できますように。
祈念し、
できる行いを、ひとつひとつ、積み重ねていきたい。

あふれた嘆き悲しみ
二度といらない

八月十五日



原始仏教、日本神話、並行して読み、考えています。
シリアでの子どもたちへの残虐な空爆や戦闘がやめさせられるように、願ってやみません。



最古層の原始仏典、南方仏教に伝わった「慈しみの経」や、アショーカ王の碑文の言葉は、時を越えて、胸をうちます。



古事記、日本書紀は、美しい歌謡だけが青年期から好きでしたが、短絡的な批評に陥らないよう、神話についても読みなおしたうえで、考え、言葉にしたいと思います。



一方的な通知で片付け騒音を撒き散らす国に対して、街で生活する市民が苦痛を感じていると抗議し意思表示することは、今とても大切です。



責任を知る政治家なら、汚染水は完全にアンダーコントロールされていると嘘をついたこと、凍土壁による対策は破綻し、代替策の見通しすらまだ立てられていないことを詫び、対処することに勤めるだろうに。
失笑、冷笑、批判の眼差しを、称賛、喝采、注目されたと勘違いできるなんて。この国の首相職にはこんな人ですらつけて、しつこくいすわれるんだそうだ。世界でも指折りの、報道の不自由度の、飛び抜けた民主国ですと。
そのうち、我らが首相様万歳の斉唱義務化を、閣議決定やらかしそうな。



虹が好き

ココロキタナイモノは嫌い



安保法制違憲訴訟が今日9月2日、東京地方裁判所で始まりました。
代理人弁護士、名の原告の方が陳述され、東京大空襲、長崎の被爆、戦争体験、訴えに深く考えさせられました。代理人弁護士1000人、原告2700人、全国で訴訟が続きます。


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩想

| ホーム |


 ホーム