プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

作品が生まれる、時

詩の種が降り注ぎ宿ります。こころの受精です。
五感、感受性、思考が揺り動かされわきあがる、感動、強い印象、想いは、心象スケッチとして、ラフで粗い姿でも、こぼさないよう、その時できる限り集中して生まれあがる言葉で、書きとめます。
メモ帳やツイートで。

少し時間をおいて、時間をかけて、作品として創ります。推敲を繰り返し、誤りをなおし、拡がり深まりさ迷う言葉を注ぎ、水をやり日光と陰、朝と昼と夜の息をさせて、育ってくれるよう、できる限りの努力をし、見守ります。種が芽吹き、のびてゆきます。どんな姿になるか、わかりません。

作品によって必要な時間はまったくちがいますが、やがて、その時がきてくれたなら、つぼみがほぐれ、詩の花がほほえんでくれます。

初期の頃は、詩集はお産だと思っていました。一年半くらいの周期と期間、産後の休養が必要だと。
第5詩集「さようなら」、まではそう思っていました。

必要な時が経ち、

詩集「こころうた こころ絵ぼん」、詩集「銀河、ふりしきる」、そして今は、創作についてのその想いが変わったと思います。

作品一輪いちりんが、種から育ち、咲く花だといまは思います。

咲くためにかかる時間も、咲く季節も姿も、みんなちがいますが、種から芽吹き、伸びて、つぼみとなり、開く野の花です。ですから、どの季節も、どの日も、種が受精し宿り、育ち咲いてくれる可能性をひめた時だと思います。
心象スケッチを書きとめられるか、作品として創作し完成させられるかは、
人としての、感受性と、感性と、こころしだいだと思います。

詩の花は、痛いこころにも、悲しいこころにも、苦しいこころにも、さびしいこころにも、うれしいこころにも、楽しいこころにも、死にたいこころにも、生きたいこころにも、そのこころだけの表情で、愛(かな)しく咲いてくれます。
美しく、優しく、静かに。

想えば、この星は、野の花でいっぱいです。
こころをみつめると、眠っている時にさえ、詩の花はいちめんに咲いています。

みあげれば、宇宙空間にも。
生きているときも、死んでも。




☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ、出版社イーフェニックス、税込540円。
393作品収録。 カバー・章扉絵・渡邉裕美。

高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館リクエスト
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス






関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 高畑耕治 詩想

<< 新しい詩「こねこマリアのレット・イット・ビー」「秋の瞳」をホームページに公開しました。 | ホーム | 新しい詩「鷺草」「秋雨の音 ふたしずく」「すがた」をホームページに公開しました。 >>


 ホーム