プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

詩想 ― 建礼門院右京大夫集(二)

ツイートした詩想の、落穂拾いです。

  *

「建礼門院右京大夫集(けんれいもんいんうきょうのだいぶしゅう)」(糸賀きみ江全訳注、講談社学術文庫)を読みおえました。
こころに響きました。いちばん強く感じたのは彼女がなんどもなんども「かなしい」という言葉でうたっていることです。わたしもにています。

  *

建礼門院右京大夫集。
かく思ひしこととて、思ひ出づべき人もなきが、たへがたくかなしくて、しくしくと泣くよりほかのことぞなき。
糸賀きみ江訳。
このようにわたしが思っていたことだからといって、あの方の命日を思い出してくれそうな人もいないのが、こらえようもなく悲しくて、しくしく泣くばかりでした。

  *

建礼門院右京大夫集。
なげきわび わがなからなましと 思ふまでの 身ぞわれながら かなしかりける
悲しい、死にたいと、しくしく泣くばかりの彼女が、出家もできず、それでも生きた姿、伝えてくれた静かなうたに、深くこころをうたれます。

  *

異常悲哀反応、という言葉にこだわりがあります。彼女をこの言葉で診断することはできるかもしれません。けれど、アウシュビッツや広島や長崎や福島につうじる過酷な、平家の恋人の死に向き合うとき、異常悲哀反応は、人間らしいこころのあらわれではないか?とも、わたしは思います。
沖縄やベトナムやシリアや南スーダン、いたるところ。
異常悲哀反応を失わず、生きたいと願います。



☆ 新しい詩集です。

詩集 『銀河、ふりしきる』  高畑耕治
A5判、400ページ。393作品収録。カバー・章扉絵・渡邉裕美。発売イーフェニックス、税込540円。


高畑耕治詩集「銀河、ふりしきる」 絵・渡邉裕美

☆ アマゾン
詩集・銀河、ふりしきる 

☆ 書店、図書館
書名 「銀河、ふりしきる」 高畑耕治
ISBN 978-4-908112-17-1
出版社 イーフェニックス


関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩想 詩歌 高畑耕治

<< 新しい詩「しらさぎ梅」「文学」「ポエム」をホームページに公開しました。 | ホーム | 新しい詩「氷」「闘病」「分裂」をホームページに公開しました。 >>


 ホーム