プロフィール

高畑耕治

Author:高畑耕治
愛のうたの絵ほんは、高畑耕治の詩と詩集の海です。
Profile 高畑耕治 たかばたけ こうじ
1963年生まれ大阪府四條畷市出身、早稲田大学政経学部中退。東京都多摩市在住。
詩集『銀河、ふりしきる』(2016年5月イーフェニックス)
詩集『こころうた こころ絵ほん』(2012年同上)
詩集『さようなら』(1995年土曜美術社出版販売・21世紀詩人叢書25)
詩集『愛のうたの絵ほん』(1994年同上)
詩集『愛(かな)』(1993年同上)
詩集『海にゆれる』(1991年土曜美術社)
詩集『死と生の交わり』(1988年批評社)
雑誌「エヴァ」に扉の詩(1996~1997サンマーク出版)を連載。
リンクのホームページ
でも作品を発表しています。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

アベは辞めろ(二)

ツイートの、落穂拾いです。


 「アベは辞めろ」


限りなく黒に近い灰色がある。
列島の色塗りマップを眺めれば。
灰色汚染の発生源の真ん中に、
真っ黒な汚濁点。

腐臭をこらえつまみあげれば、
名札はなんと、
内閣総理大臣。

幼稚園、小学校。
楽しい、人間の、感情の、
学びの場を、
腐りきることを好む寄生虫に、
穢させてたまるか。

見惚れずにおれない、
勇ましい雄弁の、
かげ。
コソコソ
ゴソゴソ
薄汚い暗がり、
這い回っておられたのですね。

鼓舞したあげく、
不始末押しつけ見殺し。
シドロモドロ
どろどろ

日本国の、
首相


  *

東京も大阪も国家も腐敗疑惑にまみれているのは、行政責任者がでたらめな悪どい不正、不法投棄、責任放棄を積み重ね傲慢に居直ってきた成果だと思うけど。
汚濁の標本箱にもう封印しないと。
人間も猫もわんこも臭くて息ができない。
生き物はすめない。
若もの子どもたちの行く手に廃墟はいらない。

  *

大臣にも首相にもふさわしくない、ただ恥ずかしいひとたちだと思う。

  *

まともでない政権のまともでない行いに対しては、認めないと、意思をできる仕方で示すことが、いまとても大切だと思います。

関連記事

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 詩想 高畑耕治

<< 新しい詩「小鳥のこころ」、「詩は堕天使の祈り」、「読みたいのは」をホームページに公開しました。 | ホーム | 新しい詩「愛しい絵本」、「川の朝」、「ママと」をホームページに公開しました。 >>


 ホーム